宇宙が舞台なアニメ達!スペース規模の大活躍が面白い

1454view

宇宙が舞台のアニメってなんだかワクワクしますよね。 それはやっぱり未知の世界へと進む姿がカッコイイと思うからかもしれません。 そこで今回は宇宙を股にかける主人公たちがいるアニメをご紹介します。

1
銀河鉄道999

銀河鉄道999

宇宙が舞台といってまっさきに思い浮かぶのがこの銀河鉄道999じゃないかと思います。

アンドロメダ星雲へと、機械の身体を求めて旅をする星野鉄郎とメーテル。
メーテルの神秘的な姿に魅了をされた男性ファンも多いのではないかと思います。

また、星野鉄郎のダンディズムも存分に味わうことができるのも良いですね。顔は良くないですが行動がイケメンです。

放送回によってメーテルの演出が変化していくのも、回を担当した人の個性が出ていて楽しいです。

2
スペースコブラ

スペースコブラ

宇宙を股にかける活躍というと思い浮かぶのはスペースコブラですね。

左腕のサイコガンを武器に凶悪な海賊たちに挑みます。

原作とアニメではこのサイコガンが出てくる演出が異なっていたりしますが、そこも見どころの一つと言えるかもしれません。

宇宙規模で活躍をするダンディな主人公といえばこのスペースコブラが筆頭なのではないでしょうか。

この作品の口コミpickup

スペースコブラはしぶいです。何度かアニメの作品になっていますが、昭和の時代に作られたのが一番かっこよくって、演出もしぶいです。 主人公でコブラのやる気のなさ、かったるさがとてもいいです。しかしやる時はやる男なのでそのギャップに惚れてしまう人もいるかも知れません。 そして主人公コブラを支えるレディはまるでコブラの母親のようであり、恋人の様でもあるところがあっていいです。 あと魅力ある大人のセクシーな女性がたくさん登場していきますので、年上の女性が好きな人にはおすすめできます。

3
スペース☆ダンディ

スペース☆ダンディ

こちらも宇宙を旅するアニメですが、ちょっとギャグ臭が強め。

未知の宇宙人を見つけてお金にするスペースハンターが職業なんですが、どうにもオッチョコチョイなところが目立つ主人公が特徴的です。

腕が悪いコブラと言えばいいんでしょうか。

こちらも回によって全く作風が異なっていくといったアニメで、スペース☆ダンディという箱の中で演出家が自由に作品を作っているといった雰囲気がします。

この作品の口コミpickup

ボンズ制作と言う事もあり放送を楽しみにしていたアニメです。まずはオープニングテーマが大好きになりました、岡村靖幸さんの歌で一気に盛り上がります。これからアニメを見るってワクワク感があるオープニングテーマで良かったです。宇宙人ハンターが毎回新種の宇宙人を捜し出すと言う設定もなかなか良いです、新しいのになんとなく懐かしいアニメを見ているような気分にさせてくれます。各回ごとに抑揚がありテンポよく話しが進むのも楽しかったです。

4
宇宙ショーへようこそ

宇宙ショーへようこそ

こちらは他の作品と雰囲気が違いますが、宇宙を舞台にしています。

地球で普通に暮らしていた小学生の中に犬の形をした宇宙人が現れ、少女たちを宇宙へと連れてってくれます。

テレビシリーズではなく映画として上映されたのですが、かなりの人気を誇りベルリン国際映画祭のジェネレーション部門ノミネートされるなどしています。

どれも宇宙が舞台となっていることもあり、少しSFチックな部分があります。 そうしたSF的なものが好きであればきっとこれらの作品ハマるのではないでしょうか。

宇宙が舞台なアニメ達!スペース規模の大活躍が面白いに関連する記事

エムキャス