1990年代、夕方アニメ黄金時代のアニメベスト3

2840view

夕方に放送されたアニメが非常に多く、それ故に裏番組となってしまい観たことない、なんて作品も多く存在するんじゃないでしょうか。 1990年代はテレビ東京の時代、そんな印象を持つ方もいるくらいにこの時代のテレビ東京のアニメにヒット作は多かったです。 また1990年代末からアニメが従来のセル画からCGへと変わりつつあったのもポイントの1つ。 変わりゆく時代の中から選ぶのがとても難しい1990年代から3つのアニメを今回はピックアップしました。

1
新世紀エヴァンゲリオン

新世紀エヴァンゲリオン

1990年代を代表すると言えばこのアニメ、「新世紀エヴァンゲリオン」
社会現象となる大ヒットを記録したエヴァは今も新劇場版としてリメイクされています。

セカンド・インパクトと呼ばれる大災害が原因で人類の人口が半分になった世界。そんな世界を生きる14歳の少年、碇シンジは父の命令で汎用人型決戦兵器、人造人間エヴァンゲリオン初号機に乗る事になり、使徒と呼ばれる謎の生物との戦いを迫られる、そんな内容となっています。

夕方アニメとは思えない描写や内容が話題となりそれが今に続く人気となるワケですが、先がどうなるかわからない展開に期待半分不安半分で目が離せません。

また、綾波レイ、惣流・アスカ・ラングレーと言った美少女キャラクターも人気を支えた要因。
友達と「お前レイ派?アスカ派?」といった会話をしたことある人もいるんじゃないでしょうか。

この作品の口コミpickup

これも登場人物の個性がはっきり分かれていて、シンジの心のようすがよく伝わってきてとても好きです。音楽もとてもいいですね。あのタイトルの出し方もエヴァならでひきつけられました。登場人物の一人一人が主役を名乗れるような感じで、青春まっさかりのちょうど男女を意識しはじめる中学生と大人の恋愛も描かれていてとてもいいです。戦闘シーンも一筋なわにはいかない、敵の攻撃パターンも毎回違うと毎回どうなるんだろうという気持ちにさせられました。思春期のういういしさがまたいいです。

2
COWBOY BEBOP

COWBOY BEBOP

お洒落に軽快にかっこ良く、菅野よう子氏の音楽が光る「COWBOY BEBOP」。

2071年という近未来が舞台、主人公は増えすぎた犯罪者を取り締まるために制定されたカウボーイ制度によりカウボーイとして活躍するスパイク・スピーゲル。そしてその仲間たちの活躍を描いた物語です。
基本的に1話完結で軽快なアクションがウリの気軽に観れるアニメですが、物語はスパイクの過去に迫るにつれシリアスな雰囲気を呈していきます。

個性あふれるキャラクターと菅野よう子氏が紡ぐメロディに引き込まれ、全26話をあっという間に最後まで観てしまう、そんな作品です。

系列としてはルパン三世やシティハンターのような位置づけにある作品と言えるでしょう。

この作品の口コミpickup

SFアニメです。賞金稼ぎのスパイクとジェットが、古い宇宙船『ビバップ号』で宇宙を巡りつつ旅をしています。そこに、過去から冷凍されて仮死状態でタイムスリップ(のような感じになった)したフェイという女性と、天才ハッカーのエドという少女が、なし崩し的に乗り込み、つかず離れずな感じで珍道中を繰り広げて行きます。 主となるストーリーはあるのですが、全然関係のないエピソードばかりの一話完結型のアニメなので、途中から見ても楽しめます。私は特に、天才ハッカーのエドと犬のアインが好きでした。 キャラクター達の台詞の言い回しや映像、雰囲気や音楽が結構独特で、そういうところも普通のアニメにはないところで好きです。 最後はみんな別れ別れになってしまうのですが、それぞれのキャラクター達がその後どうなったのかを想像するのも、このアニメを見る上での楽しみ方だと思っています。

3
ふしぎの海のナディア

ふしぎの海のナディア

1990年代はテレビ東京の時代と冒頭で書きましたが、NHKアニメだって負けていません。

名作を数多く送り出したNHKアニメの中でも特にこの「ふしぎの海のナディア」は名作として名高い作品です。
ジュール・ベルヌの海底2万マイルを原作にした本作は冒険心溢れるファンタジーな内容となっています。

舞台は西暦1889年、発明好きのフランス人少年ジャンが褐色の少女ナディアと出会い、彼女の持つブルーウォーターと呼ばれる宝石とナディア自身の秘密を追って話は展開します。

ボーイミーツガールの典型として「ふしぎの海のナディア」を挙げる方は多いかもしれませんね。

この作品の口コミpickup

子供の頃からお姫様の物語が大好きで本を良く読んでいました。アニメもその流れでいくつか見ていたのですが、ナディアは私にとって特別でした。異国の女の子で、ルックスも可愛く服装も可愛い。その見た目とは、裏腹にとっても我が侭。その上、実はお姫様。主人公の女の子と言えば、ステレオタイプのような良い子が多い中で、ナディアのキャラクターは魅力的に感じました。ストーリーも、ナディアのブルーウォーターというペンダントを狙った悪党から逃げ、様々な冒険をしていく物だったため続きがいつも楽しみで、一週間が待ち遠しかった記憶があります。あのブルーウォーターをいつか欲しいなと夢見ながら、このアニメを楽しんでいました。

とにかく名作と呼ばれる作品がたくさん登場した90年代アニメ。 地上波放送だけでなくOVAや衛星放送や映画などアニメはあらゆる方面で成功を収め社会に影響を及ぼす存在となりました。 子ども向け、大人向け、オタク向けとアニメも細分化していった時代と言えるかもしれません。

1990年代、夕方アニメ黄金時代のアニメベスト3に関連する記事

エムキャス