怖すぎるアニメ3つ!1人で観ちゃダメ、ゼッタイ

9949view

幽霊、狂気、人間、化け物…実写では描けないような凄惨な描写もアニメなら描けてしまいます。 幸か不幸か、そんなアニメが日本には割とあるので今回は背筋がゾッとするようなこわーいアニメを紹介します。

1
コープスパーティー Tortured Souls -暴虐された魂の呪叫-

コープスパーティー Tortured Souls -暴虐された魂の呪叫-

原作はゲーム、全4話のOVA作品「コープスパーティー Tortured Souls -暴虐された魂の呪叫-」

突如謎の廃校に飛ばされた少年たちが迫り来る恐怖に抗う様子を描いた作品です。

シナリオは凄惨の一言、描写はとんでもないグロのオンパレード、気持ちが沈んでいる時には絶対に観ちゃいけないアニメです。

これ以上はないってくらいの残酷描写は規制の緩いOVAでなければまず発売は不可能。

TV放送なんてもっての外、下手すれば18禁として売られてもおかしくないレベルの「コープスパーティー Tortured Souls -暴虐された魂の呪叫-」でした。

2
ひぐらしのなく頃に

ひぐらしのなく頃に

キャラクターは可愛いのに内容は泣くほど怖い、「ひぐらしのなく頃に」

田舎を舞台にした殺人事件が物語の根幹にあり、その雰囲気と田舎特有の空気感がは何とも恐ろしいのです。

最初は親しみやすく可愛らしいキャラクターなのにどんどんと豹変していく様子はドン引きです。

狂気じみた声優さんの演技ももちろん良いのですが、光の加減や何気ない音がその怖さをより一層引きたせます。

雰囲気とグロ描写を居ながらにして楽しめる(?)、「テレビの前の肝試し」として、夏の夜に観るのは…どうでしょう?

この作品の口コミpickup

たまたま見た雑誌に「タイトルで騙された!」と書いてあってので、どんなものかと思って見始めたのがキッカケでした。 アニメ第一話から、度肝を抜いた作品は、ひぐらしだけだと思います。 要所要所に、伏線が敷かれていて、最終話まで一気見でした。 オヤシロ様の祟りは、怖いですね…。 続編の「ひぐらしのなく頃に 解」で、全ての伏線が回収されるので、それまで見ないと分かりません。 ヒロインの中では、やはりレナが一押しです!

3
屍鬼

屍鬼

序盤は不気味で緊迫した雰囲気が怖く、終盤もそれとは全く別の意味で怖く悲しい、2つの怖さが内在するアニメ「屍鬼」

人口約1300人の外場村で発見されたの謎の死体。村に隠されたその恐るべき秘密とは…?

吸血鬼モノでは吸血鬼の怖さ、恐ろしさがクローズアップされがちで人間はただのエサとして描かれる事が多いですが、本作は血を吸わなければ生きていけない吸血鬼の悲哀を描いた作品ともなっています。

何より怖いのが、もし当事者としてその場に居合わせた時に自分が生きるために取る行動は?思わず考えさせられてしまう点。

人間が生きる事ってなんだろう、と根源的な問題を突きつけられるかのような展開はやはり怖いです。

深夜放送だったので余計に怖く感じた悲しい物語、「屍鬼」でした。

この作品の口コミpickup

ある山中の小さな村で次々と起こる、村人の死亡事故。 最初は、疫病かと疑う村の医者、尾崎はだんだんと真相に近づいていく。 それは、屍鬼と呼ばれる吸血鬼の仕業で、血を吸われた者は、起き上がり、屍鬼の仲間になって、村人を襲うようになるという真実でした。 最初は、村人に感情移入して、ただ屍鬼が恐ろしくてたまらないのですが、一端、正体がばれてしまうと、人間の方が、恨みで屍鬼を襲うようになってしまいます。 昼間は動けず、暗闇に隠れている屍鬼を火の元に引きずり出し、首を切る様は、衝撃的です。 いつの間にか、屍鬼の方に感情移入してしまいます。 衝撃的な作品です。

隣に誰かが居てホラー作品を観るって、ちょっと怖いですよね? 1人で観るのも怖いけど、複数人で観た時はもっと怖いかもしれない、そんなホラーな作品を今回は紹介しました。

怖すぎるアニメ3つ!1人で観ちゃダメ、ゼッタイに関連する記事

エムキャス