5分アニメの最高峰って何よ?短いながら充実の5分間を堪能する

18198view

TVシリーズのアニメと言えばスタンダードな枠は30分。 そこからCMや主題歌を入れると賞味20分ちょっと。 しかし、5分と短いながら上手く纏めつつ内容はしっかりとしているアニメは本当に凄いです。 ここではそんな5分アニメを特集します。

1
増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和

増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和

同名の漫画をアニメ化した、「増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和」

1話完結、1話5分と短いながら毎回シュールでちょっとブラックな世界観が5分間のうちにこれでもかと詰め込まれています。

笑いの安定感は素晴らしく、中でもシリーズ化した「名探偵うさみちゃん」や「聖徳太子」の面白さは抜群です。
5分でサっと気分転換したい時は本当にオススメの作品と言えます。

次々と登場する個性あふれるキャラクターに病み付きになってしまうこと間違いなしのギャグアニメ「ギャグマンガ日和」でした。

この作品の口コミpickup

原作の世界観を忠実すぎるほど忠実にアニメーションで表現しています。 よくあの原作の勢いやテンポをそのままにアニメで表現できたなと関心するくらによくできてます。 作品のストーリの進むテンポが速いですし、それに比例してセリフもすごく速いので謎の疾走感すら感じました。 普通逆ですが、手を抜いているように見えるのにすごく手の込んでいる不思議な作品です。 アニメスタッフにもですが、声優さんにも恵まれた作品だと思います。

2
秘密結社 鷹の爪 カウントダウン

秘密結社 鷹の爪 カウントダウン

FLASHアニメ、5分アニメ、ギャグアニメ、その全ての点で高い評価を得たのが「秘密結社鷹の爪」

今やCMやキャラクターグッズ展開でも目にすることの多いFROGMANの代表作であります。

世界征服を企む秘密結社、鷹の爪団のメンバーが奮闘する姿をシュールに描いたギャグアニメであり、何と言っても凄いのが作者FROGMANが作画、脚本、監督…果ては声優のほとんどを1人でこなしたという点。

際立って作画が綺麗!というようなことは全くないんですが、その独特の世界観は見事と言えます。

個人的には正義の味方、デラックスファイターが凄いイヤなキャラクターであるにも関わらず家族のことでは割と苦労しており、悲哀を背負っているという設定が堪らなく好きです。

3
くるねこ

くるねこ

リアルな猫の日常を描いた猫アニメ「くるねこ」です。

リアルと書きましたが、それにも関わらず猫が喋ったりします。
それは飽くまで猫の心の声。基本的に人間と会話するような事はありませんが、その心の声がとても可愛いのです。

1話5分と短いながら登場する猫達が可愛くて可愛くて仕方ないためにあっという間に過ぎ去ってしまう至福の5分間。

私のお気に入りは黒猫のカラスぼんですが、登場する猫は非常に多いので観ればお気に入り猫がきっと見つかる、そんな作品です。

作者で本編の主人公でもあるくるねこ大和さんの猫愛が伝わってくる、ほのぼの笑えて癒やされる猫アニメと言えます。

4
てーきゅう

てーきゅう

かなり早口なセリフで有名なてーきゅう。
3期までは放送され、4期も放送が決定しています。

テニスが一応の題材なのですが、放送される内容はほとんど別のこと。とにかく早口で、2回見ないと何を言っているのかが分からないほど。

また宣伝パートがかなり長い点も特徴的ですが、これらをネタにすることによって人気を集めているところもかなり面白い作品です。

この作品の口コミpickup

 てーきゅう、つまりテニス部のアニメですがテニスはしません。2分間という尺の中に押し込まれて声優さんがとにかく早口でしゃべります。声優さんってすごいなあ。  多分普通のスピードでやったらたいしておもしろくない内容です。それが、息をもつかせぬスピードで展開されるとこんなにおもしろくなってしまうのかというまさに演出の妙。発想力によってつまらないものもおもしろくなってしまうんだなあ。  あまりにも速く進むのであまり内容はあたまに入ってきませんが、なんか勢いで笑わされてしまうんです。

5
あいまいみー

あいまいみー

スタートの最初がヒロインのゲロなどを吐くシーンから始まる衝撃的な作品です。

実際の内容もかなりブラックジョークが多く「FXで有り金全部溶かした人の顔を見たい」などかなりきわどいセリフや表現が満載です。

そうした常識はずれな内容がヒットし、2期も放送されており短い作品で目立つにはやはりインパクトが必要なのだと思わせるアニメです。

この作品の口コミpickup

短時間でとてもテンポがよく、上級者向けの独特な世界観をもつアニメ。 圧倒的に人を選ぶ世界観ですが、とてもぶっ飛んでいて、何も考えずに素直に見れるアニメではあります。 ただ受け付けない人には徹底的に受け付けない代物だと思います。 今夏、二期が始まるのですごく楽しみにしています。 とにかく、やりたい放題で面白いアニメなので多くの人に見てほしいと思います。 ただ、世界観があれなので子供には見えない方がいいかもしれません。

6
ポヨポヨ観察日記

ポヨポヨ観察日記

癒し枠としてポヨポヨ観察日記をご紹介します。

ポヨと呼ばれる丸っこい猫。
その猫と、飼い主の一家の日常を描いた作品です。

丸っこくて可愛いポヨと、厳格だけれど猫には優しい父や高校生の弟など個性的なキャラクターたちが織りなすほっこりとした劇場は5分と短いながらも一週間の疲れをとる作品として話題になりました。

放送も全52回と5分アニメとしてはかなり長い放送期間を誇ります。

7
となりの関くん

となりの関くん

誰もがやっていた、授業中の内職。
これを超高校級にやってしまう作品が「となりの関くん」です。

普通ここまでやらないだろ、というレベルで内職をする関くんを横井さんが見守り心のなかでツッコむという内容ですが毎回毎回のアイディアが面白くついつい見てしまうような5分アニメです。

こんな男子が横にいたら楽しい学生生活を送れただろうなと思わせる雰囲気を持っています。

この作品の口コミpickup

題名を見て、最初ダジャレか??と思い、くだらないアニメなのかな?と思いつつも見ていました。このアニメはとなりの席の関くんが、授業中に遊んでいるお話なのですが、その内容が面白い。関くんの独特の感性と、それを見ている主人公の女の子の心の声とのやりとり(?)が見事です。見るほどに引き込まれる関くんワールド。自分が中学生や高校生の頃を思い出しました。関くんみたいな同級生はいなかったですけど。笑いあり、涙あり、怒りありのお話です。1話が短いので、さらっと見られるアニメだと思います。ゲラゲラ笑うというよりは、クスッと笑う。思わず笑みがこぼれるアニメ。思わずアニメを見た後、マンガを買いに行きました。

8
あいうら

あいうら

OPでは本編と全く関係がない「カニ推し」をすることで話題となったあいうら。

中身は女子高生たちによる日常を描いた作品で、良い意味で何も考えずに見ることができる5分アニメです。

ほのぼのとした雰囲気を漂わせており、リアルな女子高生の太ももの太さなど癒されることを目的に見ていた男性も多かったのではないでしょうか。

この作品の口コミpickup

ニコニコ静画で連載が開始されて、アニメ化された作品です。原作ではあまり背景が描かれていなくて白いんですが、アニメでは背景作画がものすごくこだわられていて、水彩タッチの美しい背景になっています。日常系なので、特別に何か大きな出来事が起こるわけではありません。ほんわかとした空気を楽しみたい方にはおすすめなのではないかと思います。残念なのはメインキャラクター達の演技です。特にツッコミは勢いがないと面白さが半減してしまうのではないかと感じました。

9
マンガ家さんとアシスタントさんと

マンガ家さんとアシスタントさんと

エッチなマンガ家とそのアシスタントや編集者などとの交流を描いた作品。

編集者が何故か背の低いかなり可愛い女性だったり、アシスタントも黒髪の純粋な女性だったりとかなり理想的な環境で仕事をしている姿に憧れます。

こんな環境で働くことができたら良いなと思わせる雰囲気は見事です。

この作品の口コミpickup

アシスタントの足須さん、編集者のみはりちゃん、スーパーアシスタントのせなちゃんなど登場する女の子達がみんなそれぞれ違った個性を持っていて楽しいアニメです。主人公の漫画家・愛徒勇気を演じる松岡禎丞さんの演技もとても合っていて毎回笑わせてもらっています。15分アニメなので気軽に見られるところも良いと思います。また、漫画制作の現場を舞台にしているので、漫画家に関する知識も得ることができるのではないかと思います。

10
血液型くん!

血液型くん!

ある1つのテーマに各種血液型の人はどのような行動をとるかを紹介したアニメです。

血液型には意味がある、ないなどの議論はありますがそれらを置いといても作品として面白く仕上がっています。

思わず「こういう人いる」と言ってしまうような行動ばかりで、あながち血液型占いも間違っていないのではないかと思ってしまうような気分になります。

この作品の口コミpickup

5分間という非常に短いアニメなのですが、そこがぎゃくに他のあにめのように30分間時間がないとみれないというわけではなく、少しあいた時間にみれいい息抜きになります。 血液性格診断のような内容なのであるあると共感しなら見れ、家族などで笑いながら見ていました。 普段はアニメを見ない母親まで毎週見ていたのでアニメがあまり好きではないという人にもお勧めできます。 声優陣も豪華なため最初はただ声優目当てに見ていたのですが今では、漫画そのものの虜です。

5分と短いからこそ制作側はどのような脚本にすべきか悩むと思いますが、今回消化したアニメは5分で過不足なくまとまった良作です。 サクッと見れてしっかり楽しめる、そんな5分アニメでした。 また5分と限られているからこそ、濃密なインパクトの内容になっています。 また放送する側としても通常のアニメ作品と比較すると低予算で作ることができることから、やりやすいという点もあるのでしょうね。

5分アニメの最高峰って何よ?短いながら充実の5分間を堪能するに関連する記事

エムキャス