妖怪でも怖くない!妖怪アニメベスト3!

3838view

妖怪といえば怖いモノ、というイメージがありますが意外とアニメではホラー系はそれほど多くはないです。 妖怪を退治する作品、共存する作品、どちらかと言うと気軽に観れるモノが多いのも妖怪アニメの特徴かもしれません。 ここではそんな妖怪アニメを5作紹介します。

1
夏目友人帳

夏目友人帳

妖怪を見ることができる少年、夏目貴志と招き猫の姿をした妖怪ニャンコ先生と出会い、その絆や日常を描くアニメ「夏目友人帳」

妖怪、と書きましたが劇中では妖(あやかし)と呼ばれております。

少年が出会う様々な妖、そして明らかになるそれぞれの妖の過去。心の触れ合いや成長する少年の姿に目頭が熱くなる、優しくほのぼのとした作品です。

可愛らしいニャンコ先生にも注目の1作でしょう。

この作品の口コミpickup

主人公、夏目貴志とニャンコ先生が祖母の遺品の友人帳によって様々な妖(あやかし)と出会い、別れのとても不思議で心温まる物語です。 もちろん妖なので怖いものもいたりしますが、妖の姿の夏目に困ってると言い助けを求めたり騙したり、人を大事に好きな妖もいたりと本当様々な妖がいて面白いです。 そして、人も様々な考えのキャラクターが出てきて夏目の周りにも怖い人間、優しい人間と集まってきて読んでいて考えさせられる時も多いのでとてもお勧めのアニメです。

2
幽☆遊☆白書

幽☆遊☆白書

少年ジャンプで大ヒットしたバトル漫画をアニメ化した「幽☆遊☆白書」

中学生で主人公の浦飯幽助とその仲間が妖怪と闘いつつ成長する物語となっています。

女性ファンを大量に獲得した事で知られる本作はイケメンがたくさん。特に妖怪側には美形キャラがたくさん登場します。

原作に比べて改変されている点は多いですが、その変更がむしろプラスに働いた傑作アニメです。

この作品の口コミpickup

幽助、桑原、蔵馬、飛影、皆強くて魅力があり、4人の絆が好きでした。また、敵・味方共に、どのキャラクターも個性的で魅力があります。 ストーリーでは、暗黒武術会を1戦1戦勝ち進んでいく様子が、毎回ハラハラしながらも引き込まれ、幽助たちが勝った時の爽快感がたまりません。 また、アニメならではの良さで言うと、キャラクターと声優のイメージが合っていたということと、オープニング・エンディングの曲がどれも素晴らしく印象に残っているということです。

3
喰霊 零

喰霊 零

悪霊が原因で起きる災害対策のエキスパート達が戦う姿を描いた「喰霊-零-」

原作漫画である「喰霊」の前日譚である少し珍しいアニメです。

今回紹介するアニメの中でかなり怖い部類に入るこのアニメ。その怖さ、残酷さはかなりのモノ。

前半は割明るく展開しますが徐々に暗く陰鬱な雰囲気となっていき迎えるその結末は…。

この作品の口コミpickup

アニメはだいたい1クールか2クール、 1クールあたり、12話か13話で構成されています。 その内の1話をこんな使い方をするなんて、 1話を見て、続けて2話を見ると驚愕します。 ストーリー構成も、上げて上げて上げて見事に絶望のどん底に引き落とされる。 私もヒロインと同じように喜怒哀楽しました。 あとは、やはりあおきえい監督の映像表現。 スタイリッシュな戦闘シーンから、 美しい撮影技術まで、 さすがという出来栄えです。 アクションだけでも楽しめる。 感情移入まですると泣いてしまう作品です。

4
地獄先生ぬ~べ~

地獄先生ぬ~べ~

こちらも少年ジャンプで大ヒットした漫画をアニメ化した「地獄先生ぬ~べ~」

小学生教師で霊能力者である鵺野鳴介が生徒に仇をなす妖怪退治、何気ない学校生活から妖怪とのバトルを楽しめるアニメです。

原作はホラー調で非常に怖い回も多いですがアニメでもかなりマイルドになったとは言えその傾向はあります。
子どもたちがどんなピンチに陥っても必ず助けてくれるぬ~べ~が頼もしい、安心して観れる作品です。

雪女、ゆきめは本当に可愛いのでそのためだけに観るのもまた良いでしょう(笑)

この作品の口コミpickup

古い作品ですが、面白くて大好きでした。漫画が原作のアニメには当たり外れがあるかと思いますが、これは当たりだと思います。漫画では絵が上手な分結構ホラー要素が強くて、子供心にページを捲るのにドキドキしていましたが、アニメの方が幾分ホラー要素が控えられ、見やすくなっています。ちょっとしたエッチな要素も、アニメの方が和らいでいますよ。どのキャラクターも個性があって魅力的ですが、やっぱりぬ〜べ〜が一番かっこいいです。主題歌やエンディング曲も、かなりいいものが使われていて、そちらも毎回聞くのが楽しみでした。

5
朝霧の巫女

朝霧の巫女

ふんわりほのぼのとした和風テイスアニメトですが妖怪退治には大マジ、「朝霧の巫女」です。

15分アニメと珍しい作品であり、なんだかわからないうちに出て来る妖怪が女子高生巫女にあっという間に倒される、という点ではある意味笑える作品。

個人的には最終回で流れるエンディングテーマである声優、林原めぐみさんの「朝未き・夜渡り」が全てを持って行ってしまったアニメです。

どちらかと言うと人間側が一方的に妖怪を叩きのめす作品が多め、そんな感じもする妖怪アニメ。 そんな中で1位の「夏目友人帳」はちょっと珍しい作品と言えるかもしれません。 これだけ多くの妖怪が虐げられているのは逆にそれだけ人間が恐れているから?そう勘ぐってしまいたくなるような妖怪アニメベスト5でした。

妖怪でも怖くない!妖怪アニメベスト3!に関連する記事

エムキャス