サクラサク、春が舞台のアニメベスト3

2555view

寒い冬を抜けて心も暖かくなる春。 進学、就職、出会い、別れ…それらが描かれたアニメも数多くあります。 今回はそんな季節にぴったりな春アニメを3本紹介します。

1
CLANNAD

CLANNAD

春アニメといえばコレ以外にない!という方もいるのではないでしょうか?
「人生」とまで言われる「CLANNAD」は四季を通して描かれますが、春アニメとしても印象的な作品です。
素行不良の高校3年生、主人公岡崎朋也とヒロイン古河渚、その他多くのキャラクターとの交流が描かれています。
出会いと別れの季節である春が物語の中でも重要な季節になっています。
人生を考えさせられるアニメとも言える作品でしょう。

この作品の口コミpickup

学園もの、恋愛PCゲームということで、ジャンル的に苦手意識をもつ方もいると思いますが、騙されたと思ってこれはぜひ見て欲しいです。私も最小は眼中にありませんでしたが、あまりにも人気なので見てみたら、ボロボロ泣いてしまいました。不思議な世界観でわかりにくい部分もありますが、魅力的なキャラクターばかりで惹きつけられます。この作品を見たら人生変わります。涙もろくもなります笑。涙ばかりでなく、ギャグ担当もいますしテンポも良く、とても見やすいです。おすすめします。

2
D.C. ダ・カーポ

D.C. ダ・カーポ

こちらも根強人気を誇る春アニメ、「D,C ~ダ・カーポ~」。
原作はPCゲームですが続編が次々とアニメ化し、今では「D.C.III ~ダ・カーポIII~」までアニメ化しています。
1年中枯れない桜が咲く初音島の風見学園。そこに通う主人公である朝倉純一と同居中の義理の妹、朝倉音夢。
初音島での生活や登場する多くのヒロインとの関わりを中心に話は展開しますが、ダ・カーポシリーズの根幹とも言える枯れない桜は物語の中心と言ってもいい存在感を放っています。
OPテーマ、EDテーマ共に「桜」をテーマにしている歌なので、より春のアニメとして印象に残ります。
原作であるPCゲームと比べ設定の違いなどありますがどちらを選んでも楽しめる作品です。

3
ラブひな

ラブひな

人気声優林原めぐみさんの「サクラサク」ではじまるOPテーマが印象的な「ラブひな」
原作漫画が週刊少年マガジンで連載していたために、オタクでなかった人をオタクにした作品としても罪深い(?)作品として名高いです。
アニメ放送時は夜10時台という珍しい時間帯に放送していたために、偶然観た事がきっかけでアニメが好きになった、なんて人もいるのではないでしょうか?
東京大学を目指す受験生浦島景太郎がひなた荘という女の子しか住居人がいない女子寮に引っ越し、そこで起きる日常を描いたラブコメです。
主人公景太郎は大学に合格することができるのか?またどの女の子とくっつくのか?
大学受験を控えた方も、もう受験を終えた方も、社会人である方も、みんな楽しめる作品です。

春らしくどれも心が暖かくなるようなアニメを集めてみましたがいかがでしょうか? 「桜」というキーワードも春アニメを彩るファクターの1つでしょう。 美少女が登場するアニメばかりなので目の保養にも、心の安息にもオススメな春が舞台のアニメでした。

サクラサク、春が舞台のアニメベスト3に関連する記事

エムキャス