ワオワールドが制作に携わっているアニメ3選

925view

このランキングでは、ワオワールドに関するランキングをご紹介します。 ワオワールドでは、映像コンテンツの制作のほか、人材派遣も行っています。

1
大人女子のアニメタイム「川面を滑る風」

大人女子のアニメタイム「川面を滑る風」

まず最初にご紹介したいのは、「大人女子のアニメタイム」です。2011年と2013年に放送されている、日本のTVアニメシリーズです。NHKで放送された珍しいアニメですが、ワオワールドはこのアニメの制作に携わっています。

作品のアプローチもユニークで、ターゲットは30代〜40代の女性。アニメは直木賞を受賞している女性作家の短編小説をアニメ化したものです。各回、主人公の女性役には、有名な女優が声優とし適用されています。

2011年と2013年に放送され、2011年の時には川面を滑る風が、2013年には夕駒、人生ベストテン、どこかではないここ、が放送されています。
ワオワールドはこのうち、どこかではないここにアニメーション制作として参加しました。

2
祝福のカンパネラ

祝福のカンパネラ

祝福のカンパネラは、2010年に制作されたアニメで、ワオワールドは各話の制作協力で携わっています。制作の元請けはAICです。
もともとは2009年に制作、発売されたアダルトゲームがオリジナルです。

ファンタジーだけど、ハーレム要素の強い作品です。
萌え要素が強いし、そういうキャラもいっぱいでるので、コメディっぽく見えるのですが、終盤はシリアスなバトルになります。ただ、基本的バトルはあっけなく終わります。

ファンタジー×ハーレムな作品を求めている人にはうってつけの作品なのではないでしょうか?

3
イタズラなKiss

イタズラなKiss

イタズラなKissは、2008年に制作され、ワオワールドは各話の制作協力で携わっています。

落ちこぼれな女子高生・相原琴子と、頭脳明晰な入江直樹との恋愛物語です。
相原琴子はずっと入江直樹が好きだけど、それが言えないまま、2年間の気持ちを託して、3年生の時に告白をします。ただ、入江直樹はそれを、「頭の悪い女の子はいや」という理由で断ってしまいます。

もう入江直樹のことは諦めようとしていた相原琴子ですが、そんな矢先に自身で家が倒壊し、父親の友人の家に居候することになります。

そこはなんと、入江直樹の家だったのでした。

この作品の口コミpickup

イタズラなKissの漫画が好きで、アニメを見ました! 漫画よりもスピーディで、細かい話はほとんどカットされています。 それでも、充分大満足のアニメですよ☆ 漫画では、作者が亡くなってしまって連載が打ち切りになっているのですが、 アニメだとしっかりその続きを放送してくれているのです!! これには感動しました! 漫画で、「えーー!続きがめっちゃ気になるー!!」て思ってたのがスッキリ! 大好きな琴子と入江くん幸せな続きが見れて、大大大満足です?

いかがでしたでしょうか? ワオワールドは他にも、おもいっきり科学アドベンチャー そーなんだ! ・ロザリオとバンパイア CAPU2・俺の妹がこんなに可愛いわけがないといった作品の制作に携わっています。

ワオワールドが制作に携わっているアニメ3選に関連する記事

エムキャス