ジャズが渋くてクールに物語を彩るアニメベスト3

1734view

どことなく大人な雰囲気を漂わせ、物語に深みを与えてくれる音楽、それがジャズ。 ここではジャズを題材にしたアニメや劇中に使われるジャズが印象的なアニメを特集します。

1
COWBOY BEBOP

COWBOY BEBOP

音楽が本当にカッコイイ!ベストオブジャズアニメ、「COWBOY BEBOP」。

2071年という近未来が舞台、宇宙に蔓延する犯罪者を取り締まるために制定されたカウボーイ制度によりカウボーイとして活躍するスパイク・スピーゲル。

そしてその仲間たちの活躍を描いた爽快アクションアニメです。

基本的に1話完結で気軽に観れるアニメですが、物語はスパイクの過去に迫るにつれシリアスな雰囲気を呈していきます。

個性あふれるキャラクターと菅野よう子氏が紡ぐジャズテイストなメロディに引き込まれ、全26話をあっという間に最後まで観てしまう、そんな作品です。

コメディテイストな時は明るく、真面目な時は渋く光る音楽が堪らない、「COWBOY BEBOP」、オススメです。

この作品の口コミpickup

COWBOY BEBOP は、火星生まれの賞金稼ぎ、スパイク・スピーゲルが主人公のSFアニメ。 近未来の宇宙を舞台にした、笑あり涙ありの傑作です。 登場人物の出身は、地球や火星だけではなく、木星の衛星のひとつのガニメデまでと広く、 これだけでも天体好きな人間にはたまりません。 ストーリーも本筋はシリアスでクールでありながらも、 基本的には一話完結で、時折コメディ回も挟まれるので、最終話まで全く見飽きません。 声優陣も豪華で、音楽も美麗です。オープニングに使われている「Tank!」は、 昨今のバラエティ番組でもよくBGMに使われている名曲です。 ストーリー、登場人物、声優、音楽、どこを取っても最高のアニメです。

2
坂道のアポロン

坂道のアポロン

フジテレビの人気放送枠、ノイタミナで放送されたアニメ「坂道のアポロン」

原作は少女漫画であり、ジャズを知らない方にも魅力が伝わる、まさにこのランキングのためにあるようなアニメです。

舞台は1966年の九州。高校1年生の西見薫が不良、川渕千太郎と出会いジャズに目覚め友情を育んでいく物語となっています。

やはり音楽をテーマに扱った作品はアニメだとより一層表現力が豊かになるので楽しめます。

音楽担当は天才、菅野よう子。手がけた音楽が丁寧に描かれた演奏シーンとマッチして絶妙のハーモニーを奏でます。

特に学園祭での演奏は必見、是非ご覧ください。

この作品の口コミpickup

昭和の雰囲気も方言も良くて全体的に上質で安定した作品。音楽を通してできた友情。最終回はちょっと駆け足な感じでしたが、セッションは本当に素晴らしかったです。再会して何も言葉を交わすことなくセッションし、完璧に息のあった演奏で鳥肌が立ちました。普段ジャズはあまり聞いたことがないですが、この作品をみたらジャズが聞きたくなります!普段あまりアニメを見ない人にもおすすめです。できればいい音響で見てほしいです。

3
LUPIN the Third 峰不二子という女

LUPIN the Third 峰不二子という女

人気作品、ルパン三世シリーズのスピンオフ作品である「LUPIN the Third ~峰不二子という女~」

ルパンシリーズのヒロインであり世間の男性が憧れる謎の美女、峰不二子の過去に迫るなど、ルパンファン必見の物語です。

タイトルの通り主人公は峰不二子ですが、ルパンファミリーも勿論出演。シリアスな雰囲気と妖艶な不二子の姿にドキドキさせられます。

絵のタッチは評価が別れる所ですが作品を盛り上げる音楽は秀逸、サウンドトラックだけでも非常に評価が高いです。

この作品の口コミpickup

小さいときから見ている「ルパン三世」とは一味もふた味も違ったアニメでした。 タイトルの通り、峰不二子が主人公なのですが、いつも気高く、セクシーで男性を手玉に取る彼女の 秘められた過去を紐解きながら展開していくストーリーに、ドキドキしっぱなしでした。 個人的には、同じ女性として峰不二子って、やっぱり憧れの女性だなと思えるラストがお気に入りです。 シリアスなストーリーはもちろん、アニメーションの大人っぽいビジュアルもお勧めの作品です。

このランキングに入っている作品、実は全てに渡辺信一郎監督が関わっています(「峰不二子という女」では音楽プロデューサーとして)。 音楽にこだわることで有名な渡辺監督の演出は本当に素晴らしいのでどのアニメもオススメ。 大人な雰囲気が光るジャズアニメでした。

ジャズが渋くてクールに物語を彩るアニメベスト3に関連する記事

エムキャス