SF恋愛アニメの傑作3選

4246view

ここではSF要素と恋愛要素の2つを味わえるアニメを紹介していきます。 日常とは一風変わった不思議な世界観で繰り広げられるドキドキの展開に目が離せない作品ばかりです!

1
時をかける少女 (アニメ映画)

時をかける少女 (アニメ映画)

どこにでもいる女子高生の紺野真琴がある日時間を跳躍できる「タイムリープ」能力を身に付けた事で始まる物語、「時をかける少女」。

タイムスリップという王道的なSF要素と女子高生らしい甘酸っぱい青春描写が奇跡的に噛み合い、とても心地良い作品となっています。

爽やかで懐かしさを感じるような、そんな物語を盛り上げる奥華子さんが歌った主題歌の「ガーネット」も名曲として有名です。

まさにSF恋愛アニメと言える本作は、特に大人になった後に観ると感動を味わえる作品ではないでしょうか。

2
マクロスFRONTIER

マクロスFRONTIER

SFと言えば宇宙で繰り広げられる戦い!男女の三角関係と歌を基本コンセプトに置いたロボットアニメ、「マクロスフロンティア」。

襲い来るバジュラと呼ばれる怪物との戦いが中心にあるロボットアニメではあるのですが、恋愛要素もかなり強い本作は主人公でパイロットの早乙女アルトとランカ・リー、シェリル・ノームの三角関係も見どころの1つです。

彼ら以外にも男女間の絡みは非常に多く、登場キャラクターの多くが学校に通う学生でもあるので学園アニメとしても楽しむ事ができます。

基本的な作品コンセプトに加えて美麗な映像と美しい音楽と挿入歌は「マクロス」シリーズらしく健在。ビジュアル面でも満足間違いなしの1作です。

この作品の口コミpickup

アニメのOPに起用されていた坂本真綾さんの歌う「トライアングラー」とシェリルとランカ、二人のヒロインの「ライオン」を聴いてからアニメに興味を持ち視聴し始めました。ロボットアニメはあまり好きではなかったのですが、バルキリーかっこいい・・・!それに歌とキャラクター同士の中で生まれる恋愛要素がキーになっていて、私と同じようにロボットなんかに興味のない女性でもすんなり受け入れられるんじゃないかと思いました。ヒロイン達の恋模様がもどかしくて少女漫画を読んでいるか女子会をしているような気分になります。

3
天空のエスカフローネ

天空のエスカフローネ

前記した「マクロス」シリーズのようにロボットモノではありますが、こちらの方がさらにファンタジックな世界観で展開するアニメ「天空のエスカフローネ」。

主人公の女子高生、神崎ひとみが突如異世界であるガイアに飛ばされてしまい…。どちらかと言うとロボットアニメと言うよりは、ロボット要素のあるファンタジックな少女漫画と言えるかもしれません。

90年代に流行した「女性主人公が異世界で活躍する」作品の中の1つであり、中でも本作は恋愛面が強く出ているアニメと言えます。

キャラクターのデザインはちょっと独特ですが作中の音楽や作画はとても美しく、少女であるひとみの揺れ動く心情を丁寧に表現しているので男性よりは女性の方が楽しめる内容かもしれませんね。

この作品の口コミpickup

 私はかつてアニメを見る時は、演技がかなりひどい場合を除いて声優に関しては特に思うところはなかったのだが、このアニメに出てる「ディランドゥ・アルバタウ」というキャラクターを演じた高山みなみさんについては、初めての例外だった。  ディランドゥは、主人公サイドと敵対するキャラクターで、殺しを楽しんで行う残忍なキャラクターなのだが、まずそこで強く印象に残る。劇中の一挙手一投足のエキセントリックさは、主人公のひとみとバァンの間にあったロマンスよりも気になるものだった。  そして、ディランドゥは人体実験のために体や性格を改変されてしまったということがわかるシーンでは、少女の姿で出てくるのだが、この時の声がとてもかわいく同一人物とは思えないほどだった。  本来の姿を取り戻し、彼女の兄と顔を合わせるシーンがあるのだが、キレイな声をした美しい女性になっておりここも印象的だった。  私は、このアニメを見終わったときに思わず「一粒で三度おいしい高山みなみだった!」と言ってしまったことは未だに覚えている。

内容はそれぞれ全く違うものの、どの作品も男性女性問わず楽しめるSF恋愛アニメとなっています。 日常的な世界を楽しむのなら「時をかける少女」、近未来的な宇宙空間での話を求めるのなら「マクロスフロンティア」、これぞ異世界!って感じの作品なら「天空のエスカフローネ」で決まりでしょう。

SF恋愛アニメの傑作3選に関連する記事

エムキャス