エム・エス・シーが制作に携わっているアニメ3選

1624view

エム・エス・シーの作品についてご紹介します。 もともとはProduction I.Gの制作プロデューサーであった松井正一を代表として設立されたアニメーション制作会社です。 作品もProduction I.Gの流れをうけており、様々な作品のグロス請けを行っています。 今回はそんなエム・エス・シーから、4作品をご紹介したいと思います。

1
テニスの王子様

テニスの王子様

テニスの王子様もエム・エス・シーが手がけています。
エム・エス・シーは各話制作協力で携え割っていますが、新テニスの王子様では、Production I.Gとともに共同制作で携わっています。

テニスが物語の中心なのですが、そのテニス描写が原作同様、かなり異色です。笑
テニスというか、バトルになっています。特にアニメの方では、オリジナルな演出が増加し、物語後半にはいきなり異次元にワープしたり、瞬間移動したり、竜巻がおきたりと、テニスというか、バトルモノアニメの超能力合戦のようにもなっていました。それがテニスの王子様の良いところでもあるのですが。

アニメの方は終わってしまいましたが、未だミュージカルの人気も根強い、テニスの王子様でした。

この作品の口コミpickup

キャラクターそれぞれ色んな特技があり、テニスの得意技の名前もユニーク。 攻め専門、守備とダブルスではあり、シングルスではキャラクターの得意とする技が沢山見れて楽しい。 技とは言っても、戦う相手が悪いと全然通用しないこともある。 なぜ通用しなかったのかなど解説しているセリフもあるので、読んでる方もなるほどーと思ったり。 キャラクターの性格もみんな特徴があるので、セリフのやり取りを読んでるだけでも面白い。 笑いあり、涙あり、ただのテニスの試合ではない。

2
ハイキュー!!

ハイキュー!!

ハイキューは2014年制作の作品です。
こちらも元請けはProduction I.Gで、エム・エス・シーは各話制作協力として参加しました。

身長が小さい少年・日向翔陽が主人公のバレーアニメです。身長は小さいものの、非常に鋭い運動神経と跳躍力をもっています。中学の時はライバルに惨敗してしまいますが、そんなライバルを倒すために高校へ進学。そしたらなんとそのライバルも同じ学校に進学していて…
いろいろな技を編み出したり、全国大会に向けて成長していく姿がとても素敵なアニメですね。

この作品の口コミpickup

ハイキュー!!は元々好きだったのですが、アニメを見てより好きになりました!実際に映像でキャラが動いているのを見るとテンションが上がりました!原作に忠実なストーリーで見てて面白かったです!日曜の夕方なので、リアルタイムで見やすかったです。リアルタイムで見るとキャラの待ち受け画像がもらえるので、そこはすごく良かったです。9月で放送が終了してしまうのは非常に残念です。また続きをいつかやってほしいと思います。声優さんもなかなか良かったと思います。私にとっては及川さん役の浪川さんが最高でした。 アニメのストーリーの中で一番好きなのは伊達工戦です!特に試合前の練習の時の西谷さんのセリフ はとてもかっこいいと思います。試合も良かったです。その後の青葉城西戦もなかなか白熱した戦いでした。最終セットはデュースになり、かなりギリギリの戦いだったと思います。 ハイキュー??はとても面白いです。

3
サクラ大戦 桜華絢爛

サクラ大戦 桜華絢爛

まずはサクラ大戦です。
もともとセガのゲーム作品でしたが、それをアニメ化したのが本作です。テレビの方では、真宮寺さくらが帝国華撃団に加入するところからはじまり、黒之巣会との戦いまでを放送しています。アニメの方では大神一郎とヒロインとの恋愛には触れられていないのが特徴的です。

いかがでしたでしょうか?エム・エス・シーはこの他にも、最強銀河 究極ゼロ 〜バトルスピリッツ〜・黒子のバスケ(第2期)・ご姉弟物語・メイプルストーリーなど、いろいろなジャンルのアニメを制作されています。

エム・エス・シーが制作に携わっているアニメ3選に関連する記事

エムキャス