知的なキャラクターが出てくるアニメ3選!クールで賢い人物がいると作品が締まる

6487view

知的なキャラクターって、敵だと圧倒的な存在ですが、 味方だとものすごく心強いですよね。 今回はできるだけ色々は角度から見た、知的な人物が出てくるアニメをご紹介します。

1
DEATH NOTE

DEATH NOTE

知的な人物が出るアニメで1位でご紹介したいのが「DEATH NOTE」。

主人公のキラこと夜神月は自分の知的能力に絶対的自信があるからこそ、「DEATH NOTE」を利用し、理想とする社会に君臨しようとします。社会的には悪の立ち居地でありながらも、自分の正義を理由に出し惜しみをしないその知力と行動力。

その力に対抗するLもまたその知力を思う存分発揮します。知力戦の攻防に目を離せなかった視聴者も多かったはずです。

どちらがお互いを出し抜くのか、その駆け引きも魅力ですが人間が神の領域に踏み込むことへのダークサイドを見事に描いたアニメです。

見ている方は誰が犯人か分かっているため、どこまでその謎にL達が迫ることが出来るのかをドキドキしながら見ることができるのが面白いところです。

この作品の口コミpickup

アニメDEATH NOTEのストーリーはほぼ原作に忠実で、作画や音楽も素晴らしく、とてもいい作品になっていると思います。 アニメの第25話「沈黙」は、Lが死ぬ回とだけあって、アニメオリジナルのシーンが多数追加されていますが、その演出がまた素晴らしいものとなっており、この回がより印象に残るものになっています。 この回のアニメオリジナルの雨のシーンがとても印象的で、切なくもありました。 この作品にとってLはとても大きな存在でした。

2
ルパン三世 1stシリーズ

ルパン三世 1stシリーズ

飄々としていて抜け目のない天下の大泥棒「ルパン三世」を2位でご紹介します。

なかなか知的なイメージは持たれにくいかもしれませんが、彼の泥棒としての才能を見るだけでもその知的さは証明されています。そしてお宝を盗む時の用意周到さ。時には失敗する人間臭さも彼の魅力です。

また、常に世の中の最先端の技術を駆使し続けるその頭脳。TVシリーズを始め、映画や長編アニメで今でも視聴者を楽しませてくれますが、どんな苦境もルパンがいれば何とか上手くやってくれるという信頼も長年の歴史のなせる業です。

原作よりも少しカジュアルなイメージになっているアニメ作品ですが、それでもルパン三世の知的な部分は垣間見ることができます。

この作品の口コミpickup

もう物心ついたときから放映されてるアニメですね。一番多く観たのは山田康雄さんの声のものだと思います。正直ルパンというキャラクターはそんなに好きではなかったです。泥棒ですし、体もほそっちいし。舞台が海外、ヨーロッパ風だからでしょうか。ただなんというかちょっとした気配り、やさしさがあるようですね。個人的には石川五右衛門が好みです。ただジブリの映画を観たことでルパンの世界の価値観も理解できるようになってきたかなと思います。

3
名探偵コナン

名探偵コナン

さて今回は3位でご紹介します「名探偵コナン」。

見た目は子供頭脳は大人の名探偵。
とにかくどんな事件も迷宮入りにしない、その観察力と洞察力。そして事件の起こった現場ではかなりの想像力も発揮されます。しかも、英語も堪能であることから語学力もずば抜けていると予想されます。

また運動能力にも長けていて、プロサッカー選手顔負けの正確なボールさばき。事件の際にはその力が遺憾なく発揮されます。

こんな男の子が幼馴染ならいいのにと、夢を見た少女も多かったかもしれません。
いつみても明確な答を導き出すその頭脳は知的と呼ぶにふさわしいのではないでしょうか。

探偵もののアニメということで、こうした知的な人物が沢山出てくるところも魅力的ですね。

この作品の口コミpickup

子供が小さい時に見ていて一緒に見ていたことから、このアニメにハマってしまいました。コナンは、大人の人にも好まれるような内容だと思います。また、殺人等の話が多いですが、子供がみることを配慮して、血の色を変えたり等、あまり怖くないように配慮してあるらしいです。親子揃って楽しめるアニメで、我が家では子供が成長した今でも、このドラマは好きで親子共通して見れるアニメとなっています。私の子供は「大人になった今、子供時代より楽しんで見れる」と話しています。

いくつかの知的な人物が出てくるアニメをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。 ここまで見事に頭のキレる知的な人物にはなかなか出会えないので、身近な存在で出会えるアニメは素敵です。 女性の中でもこうした知的な人物に憧れを持つ方も多いのではないでしょうか。

知的なキャラクターが出てくるアニメ3選!クールで賢い人物がいると作品が締まるに関連する記事

エムキャス