ループものアニメ3選!過去に何度も戻り昔をやり直す

10450view

軽い気持ちで見始めたアニメのストーリーが、どんどん予想を覆す展開になっていって、いつの間にかストーリーの時系列を追いかけることに必死になっているアニメはありませんか? 今回は自分もそのループに巻き込まれてしまう、うっかりとは見れないループものアニメをご紹介します。 中にはループものということを最初に隠していることがあるため、もしネタバレをしたくない場合はご注意下さい。

1
Steins;Gate

Steins;Gate

まずは1位でご紹介したいのは「STINEINS GATE」。

近年のループものの傑作と言えるでしょう。

自称狂気のマッドサイエンティスト鳳凰院 凶真こと岡部 倫太郎が主人公。自己紹介だけでもかなりの重症な厨二病だと読み取れますが、科学者としての才能と人間性は確かだったとストーリーが進むに連れて明かされていきます。

時系列の矛盾やそのトリックを暴き、自分の不甲斐なさや愛する人たちを救いたい気持ちの一身で、全ての痛みを自分が受け乗り越えていきます。
物語の終盤に向かえば向かうほど、彼への共感度がぐいぐいと上がり、切なさで胸がいっぱいになるアニメです。

原作のゲームもかなり秀逸な出来となっているので、アニメを見てからゲームをしてもきっと楽しめることでしょう。

この作品の口コミpickup

これは、いわゆるタイムパラドックスのSFものです。 ある日、偶然、過去にメールを送られる携帯電話を発見した大学生、岡部倫太郎が過去に干渉し、いつの間にか、平凡な日常が恐ろしい悲劇へと変わっていき、それをどうにか修復しようと奔放するものです。 私は、このアニメに人の思いを深く描いた作品だと思います。 まず、過去が変わって、幼馴染のまゆりという少女が死ぬ事になってしまうのですが、岡部はそれを防ぐ為に、色々な努力をしますが、どうしても叶いません。 その時、救いの手を差し伸べたのが、ヒロインの牧瀬紅莉栖です。 彼女は、岡部の心情を察し、協力します。 そして、元の世界線に戻る為に、干渉した事柄をただして行く事になるのですが、その為に、多くの友人の思いを否定する事になります。 色々な人が傷つきます。 が、まゆりを救う為に敢えて、受け入れます。 そして、牧瀬紅莉栖もその一人です。 彼女の場合は、自分の死でした。 それをも受け入れていきます。 私は、色々な人の思いを考えると涙が止まりません。 素晴らしいアニメです。

2
魔法少女まどか☆マギカ

魔法少女まどか☆マギカ

2位のご紹介。

少女たちが魔法を武器に戦う戦闘アニメと思い視聴した方も少なくはなかったはずです。

主人公のまどかはキュウべえに魔法少女になるための契約を持ちかけられます。しかし「魔法少女になってはいけない」と忠告するほむらの言葉を聞かず、契約を交わしてしまいそこからまた新たなループに引き込まれていきます。

友達を助けたいという少女たちの気持ちが非常な結果を迎える、救われないストーリーです。
彼女たちの思う正義とこの物語の世界の在り方が重なり合わないその矛盾こそが、このアニメの最大の魅力かもしれません。

最初は明るい魔法少女アニメなので、ループものだとは知らない方も多いのではないでしょうか。

この作品の口コミpickup

この作品はあまりにも有名になりすぎてあらすじを語るまでもないだろう。 アニメとしての面白さはさておき、このアニメの特筆すべき点は、現代の魔法少女像を作り上げたことにあると思う。 これまでの魔法少女は、ふわふわしてかわいくあって正義というひどく正しいもののかたまりだった。だけどどうだろう? このアニメに出てくる魔法少女は等身大に苦悩していた。こんなに苦しむ魔法少女は過去には少なかった。昔の魔法少女はもっとキラキラしていてあこがれの対象だった。 苦しむ過程が一人ひとり丁寧に描かれていたからこその評価だと思う。 見たことないひとも一度見た人ももう一度見てみると新たな発見があるかもしれない。

3
時をかける少女 (2010)

時をかける少女 (2010)

ループものアニメの3位には「時をかける」をご紹介です。

主人公の紺野真琴は踏み切り事故をきっかけに、過去に戻る力を手に入れます。

偶然にもその力を知ることになった真琴は、失敗した過去を成功に変えるためタイムリープを繰り返します。
自分だけに与えられた力を使うところは、彼女の性格にもよるところがありますがあることをきっかけにその力を人のために使うことになります。

ささいな過去変換さえも、他人にとっては大問題になるかもしれない。他の人のことも考えるという当たり前のことで彼女は精神的に少し成長するのですが、視聴者は最終的には青春の甘酸っぱさを感じずにはいられないに違いありません。

何度も何度も過去に帰っていく姿は笑える点ですが、それによって引き起こした現実の苦悩が評判を高くしている理由かもしれません。

この作品の口コミpickup

原作知らなくていきなりでも見れます!内容はもちろんですが、とにかく動画がすごかった。ちょっとした仕草や細かい芝居をさらっと入れてて、決してリアルな絵柄じゃないのに生々しい、というか。友達だと思っていた男友達との微妙な気持ちの変化にパニックになったりだとか、タイムリープの能力をすごくショーモない事(プリン食べたり)に使ったりだとかする主人公がかわいくてかわいくて。最初のころはほのぼの系なんだけど、後半の展開が観ていて息切れしてくるくらいキョーレツで、しかもラストは泣きました。

「ループもののアニメ」で言えるのは、時間を操れるから必ず幸せな結果が得られるわけではないということです。過ぎた時間こそが大切だと物語っています。 しかし、もし今の時間を巻き戻せたらと私たちが想像する以上、このテーマのアニメが色あせることはないかもしれません。

ループものアニメ3選!過去に何度も戻り昔をやり直すに関連する記事

エムキャス