気づくとニヤニヤしてしまう恋愛アニメ8選!

14290view

恋愛は人生のエッセンス。 ふわふわほわほわした雰囲気を感じつつも、 そのアニメの背景やキャラクター達によりまったく違った味付けになりますよね。 今回はニヤニヤしてしまう恋愛アニメをご紹介します。

1
のだめカンタービレ

のだめカンタービレ

ニヤニヤしてしまう恋愛アニメの第一位は「のだめカンタービレ」。

クラシック音楽や色々と濃い多くのキャラクターが登場し、コメディもふんだんに盛り込まれていることで知られていますが、ここは角度を変えて変わった性格だけど、ピアニストとしての才能を持つ主人公ののだめと、天才指揮者としての将来を有望視されている千秋との恋愛を見てもらいたいのです。

恋する年頃の乙女がこんなんでいいのかと、視聴者の目を疑わせるようなのだめの生活。しかし、これがとても新鮮でこれだからこんな恋愛の仕方ができるんだと、視聴者を妙に納得させたその力強さ。

クラシック音楽がテーマでありながらも、徐々に進んでいく恋愛の過程をこれ程楽しめて見られるとは、視聴し始めた時に予想できた方は少なかったのではないでしょうか。

夢を叶えることに恋の力もそれを後押ししたところがこのアニメの魅力を引き出した要因のひとつかもしれません。

こうした状況を見ていると顔が思わずにこやかになってニヤニヤしてしまうものです。

この作品の口コミpickup

原作はずっと昔から読んでいましたがはっきり言って、アニメは千秋真一役が関智一だと聞いかたら観た(笑)これ以上の配役があっただろうか、いや、ない。私的にない。多分違う人だったら観なかった原作推奨派です。さすが・・・!!キレる男前役やらせたら世界一だと思いますよバッチリ!のだめちゃんの声は最初違和感があったんですがすぐに慣れました。話が原作に忠実でよかった。演奏シーンもCGを使ってて、適当にごまかしてなくてよかった。演奏会もほぼフルで曲使ってて感動した。絵も原作に忠実で安心して観れました。これを観て音楽を始める人が増えるといいなと心底思います。サラっと観れる楽しいアニメでした!!

2
会長はメイド様!

会長はメイド様!

成績優秀、品行方正何でも完璧にこなす頑張りやのヒロイン鮎沢美咲(生徒会長)の秘密を偶然に知ったことにより、秘密の関係になる、これまた眉目秀麗、成績優秀、武道にも秀でた性格に少し難あり気味の碓氷拓海。

碓氷の言動があまりにも大胆不敵過ぎて、いつも振り回されている会長。
とにかく、高校生にもかかわらず大人の男の色気をぷんぷん振りまいてきます。

こんな時にこんなことされたり、あんなこと言われたら腰がくだけてしまうという、シチュエーションが満載です。

ここに憧れていた学園生活の恋愛があったんだ!と思わず視聴者の顔の温度も一気にあがってしまうことでしょう。気がついたらニヤニヤしてしまってるような作品です。

エンディングのスチルも2度見してしまうので、2位にランクインさせました。

この作品の口コミpickup

漫画を先に読んでいると、だいたいイメージと違うのでアニメはすぐに見るのをやめてしまうことが多いのですが これは、割と漫画のイメージとの差異がなくて見やすかったです。 強いて言うなら間のとり方が、ちょっと急ぎすぎて落ち着いかない印象はありました。 最終回も急な展開で不自然に終わられると、ちょっと不愉快に思うこともあるのですが このアニメはそういうこともなく妥当なところで最終回を迎えていたので安心して見届けられたのが良かったです。

3
とらドラ!

とらドラ!

気が強いが小さくて可愛らしい(見た目の)ヒロインと、強面だが面倒見の良い同級生の成長ラブストーリー。

ひょんなことから、お互いの恋を応援する仲間になる2人。
しかし彼らの恋のベクトルははっきりとしていたにもかかわらず、
周りのはっきりしないベクトルが様々な変化をもたらします。

よくある学園ラブコメディーかと思って見始めたら、
キャラクターの内面に引きずられて、あっという間に恋のときめきを一緒に感じているかもしれません。

思春期の恋のひとつの形だけでなく、幾つかの恋物語も同時に楽しめニヤニヤの加速度が止まらないアニメ。ということで3位にランクイン。

この作品の口コミpickup

大河がすきです。あの小ささと髪の毛のふわふわ感、気が強そうなのにかなりドジで生活力がまるでない。庇護欲を駆り立てられます。りゅうじもすきです。手料理が食べたいです。掃除もすきだしお弁当も毎日作れるし。あんなお婿さんが来てくれたらどれだけ楽なことか…と思わず思ってしまいます。この2人があんなことやこんなことを乗り越えて仲良くなっていく様を見ていると、とてもほんわかした気持ちになってきます。幸せです。ちょっと満たされない時に見るとそれはもう満たされます。自分はこれでいいのかな…とか思いますが、考えなかったことにします。けどやっぱりインコちゃんが一番好きです。一言で言うとブサイク。ブサイクすぎる。なんだあのブサイクな鳥。飛べなさそう。でもインコちゃんも含めて高須一家ですし、きっと一番自由に生きてます。素晴らしい。彼(彼女?)への愛は尽きません。

4
それでも世界は美しい

それでも世界は美しい

年上のお妃様(16~18と予想)と年下の王様(11)の恋愛を含めた、王国を巻き込んだ波乱万丈のストーリー。

まず注目して頂きたいのが恋愛アニメの鉄板のうちの「年の差カップル」と「ヒロインが年上」が一度に堪能できるところです。
しかもこの王様は若くしてその才覚を発揮した太陽王。半端無く頼りがいがあります。年上のお妃も充分に受け入れる器の大きい男の子です。

さまざまな苦難を乗り越え、気持ちが通じ合って夫婦となっていく二人がとにかく可愛くて、それこそ気がつくとニヤニヤしてしまう恋愛アニメです。

アニメは1期のみでしたが、きれいにまとまり二人の幸福を祈りたくなる気持ちになる作品です。恋愛もメインストーリーに必要不可欠なので、4位にランクイン。

この作品の口コミpickup

友人から面白いと聞いて途中から観はじめたアニメですが、世界観が好みのアニメでした。アメフラシの国の次女ニケが太陽の国へ政略結婚をするために嫁ぐのですが、少女マンガらしく太陽王リビとの恋愛が全面に出ていて一人でにやにやしながら観たいアニメになっていました。第6話から観はじめたのですが、第12話で終わっていまい、あまりの早さに衝撃をうけました。漫画が出ているのでまだまだ続いていると思うのですが、アニメで初めて知ったのでもし続きがあるのであれば続編を観たいなと思います。

5
狼と香辛料

狼と香辛料

物語の舞台は中世ヨーロッパを彷彿とさせる架空の世界。

コアなファンにはたまらない、獣耳と尻尾を持った人型の狼娘ホロと、行商人ロレンスの行商の旅。このホロの存在がストーリーにも深く関わってくるのですが、それよりも気になるのがこの二人の関係です。

旅先の宿では同じ部屋に宿泊し、いつも行動を共にするのに二人の仲はなかなか進展しません。表面上はそうありつつも、時にはお互いの好意が見てとれるような言動があったりと、つかず離れずの関係に見ている方はヤキモキします。

ただ、その微妙なお互いの立ち居地が余計にこのストーリーのスパイスとなり、視聴者を惹きつけているのかもしれません。

基本的には「剣も魔法も出てこない商業ファンタジー」なので、今回は5位でご紹介。

この作品の口コミpickup

中世ヨーロッパのような架空の世界が舞台のお話です。 旅の行商人ロレンスが、“狼”・ホロに出会ったところからお話は始まります。 世界観もテーマソングも絵柄も、とてもほっこりした暖かい雰囲気で、女性でも見やすいかなと思います。むろん終盤は、少々シリアスな展開へとなってゆきますが…。 行商人が主人公ということもあり、題材も経済を扱っています。とはいえ、堅苦しく構えることはありません。肩の力を抜いて、ゆるゆる楽しむことができる作品です。 普段アニメをあまり見ない人でも楽しめるのではないかなと思います。

6
夏雪ランデブー

夏雪ランデブー

2人の男に1人の女。

男がどうしても1人だけ余ってしまいますよね。
3人のお互いの気持ちが痛いほど伝わってきて、時には涙してしまうかもしれませんが、人にはそれぞれの愛の形があるんだとこのアニメを通して感じました。

ストーリーに人の死も含まれているので、全編をニヤニヤしながら見ることはできませんが、恋する気持ち、愛の形を伝えたい。その方法がいじらしくて思わず頬が緩む見せ場も充分にあります。

緊張感を和らげてくれるシーンも盛りだくさんなのですが、やはりメインストーリーの悲しい部分が大部分なので、今回は6位にランクイン。

この作品の口コミpickup

花屋の店長で未亡人六花ちゃんに恋するバイト葉月君と病死した夫(亡霊)島尾君の三角関係アニメです。 今も亡き夫一筋の六花ちゃんの思い出から、病弱だった島尾の、苦悩が垣間見えて切ないです。 三角関係と言えば、ドロドロのイメージですが、島尾君の変な走り方等、コミカルな場面もたくさんあります。 亡霊の見える葉月君に島尾君が憑依(身体乗っ取り?)した辺りから、ドラマティックに展開していくので目が離せません。 結局、葉月君の体は本人に戻り、めでたく六花ちゃんは葉月君と再婚したわけですが、二人の間にできた娘は果たしてどっちの子なのか…。謎が残ります。 もし、続きがあるのなら見て見たくなるアニメです。

7
坂道のアポロン

坂道のアポロン

昭和のノスタルジックな時代を背景に、繰り出される若者たちの青春の日々。子供じゃないけど、大人でもない。
登場人物たちの身体と心のアンバランスさと、恋の行方に歯がゆさを感じつつも共感が持てます。

主人公の薫と初恋の相手の律子との、あいまいな心と身体の距離感が甘酸っぱくてたまりません。

他の登場人物の恋模様も若さゆえの勢いがうまく表現されていて、心にぐっときます。
恋には続きがあって、人は人生を生きていくんだと改めて気付かされた作品です。

たまに面白い描写があってそれを見ているとニヤニヤしてしまいます。

本編は恋模様だけではなく、複雑な背景も含んでいるので今回は7位。

この作品の口コミpickup

少女漫画原作。昭和41年の長崎県佐世保市を舞台とし、ジャズ中心に回る高校生たち+大人の複雑な人間模様を描いた青春物語です。 とはいっても単に終始キラキラと物語が動いているわけでは無く、それぞれの人間が自分の抱えている決して小さくないものに悩み、抗い、前に進もうとする過程をジャズという音楽を含め進行していきます。 正直に言うと見る前は、ジャズを題材にした話という事に何の魅力も感じず、決して美人ではないレトロな雰囲気を持つそばかす女子がヒロインということで、特に何の興味も抱きませんでした。 けれど見始めてみるとりっちゃん(そばかす女子)が本当に可愛い! ジャズも好きになり、今では毎日の様に聞いています。 原作を見たことが無い人も、アニメに興味が無い人でも楽しめると思う作品です。

8
彼氏彼女の事情

彼氏彼女の事情

ヒロイン宮沢雪野と彼氏の有馬総一郎、その友人達が学園生活を通して精神的に成長していくというストーリー。

何と言っても、出会った頃はライバル視むき出しで大嫌いだった総一郎を少しずつ意識し始め、そして恋を意識していく雪野の心理的変化が見所です。

最終話に近づくにつれ、作画だけでなく内容も適当になってしまうのが残念なのですが、初めての恋を大事にしつつも、若さゆえのストーリーも織り交ぜられるシーンが直球じゃないだけに、余計想像力を掻き立てられてしまいます。

結構ニヤニヤしてしまうシーンがあるのですが、ストーリーがまとまりきれていないので、今回は8位でご紹介。

この作品の口コミpickup

新世紀エヴァンゲリオンの庵野監督が手がけた作品ということで見ました。 原作が少女漫画ということで最初は抵抗感がありましたが、魅力的な登場人物と、それぞれが抱える悩みやトラウマ、そしてその束縛から解放されるまでの過程が丁寧に描かれており、その繊細な内容に完全にはまりました。 話自体は大きな事件があるわけでもなく、恋愛、将来への悩み、イジメ、文化祭、家族、受験等々、どこにでもある日常生活での話題が、時系列に淡々と描かれているだけです。 しかしながら、それらの身近な話題に対して、それぞれの登場人物がどのように感じ、思い、行動していくのか、という話を見ていくうちに、どんどん感情移入していきます。 当時、このアニメを見ながら、自身の過去の学園生活を思い出し、なんてつまらない学園生活だったんだろう、 自分の周りにもこんな友人がいたら、こんな学園生活をおくれていたら、どんなに充実していただろう、、、と妄想を膨らましたものです。 あまりにもはまってしまい、原作の漫画本まで読んでしまいました。

どれも恋愛だけに標準を当てたわけではなく、人として、恋人同士として成長をする人間模様に共感できる魅力がふんだんに盛り込まれているところに焦点を当ててご紹介しました。 何はともあれ、恋愛アニメにニヤニヤは不可欠かもしれませんね。 ニヤニヤし終わった後にはこうした恋をしたいなと思う方も多いかもしれません。

気づくとニヤニヤしてしまう恋愛アニメ8選!に関連する記事

エムキャス