妖怪のでるファンタジーアニメといえばこれ!定番TOP3

1828view

妖怪の出るアニメはいろいろありますが、今回はそのなかでもファンタジー要素の強いものを集めてみました。 みなさんも一度はみたことのある(?)妖怪。子供の頃の方が印象が強いかもしれません。 新しいアニメから古いアニメまで、今回は3作品をご紹介します。

1
ゲゲゲの鬼太郎(1971)

ゲゲゲの鬼太郎(1971)

ゲゲゲの鬼太郎は名作中の名作、そんな妖怪ファンタジーアニメですよね。
主人公の鬼太郎のその父親である目玉の親父。
有名なオープニングテーマでは、妖怪の世界は気楽で住みやすくていいもんだよみたいなことを言っていますが、鬼太郎も毎回いろいろな妖怪と対決します。笑

あのオープニングテーマのせいで、僕は何度も学校に行きたくない、というか人間やめたい、妖怪になりたいと思いました。笑 でも僕だけの話じゃないと思います。

2
夏目友人帳

夏目友人帳

夏目友人帳は、もともと少女漫画で連載されていた異色の妖怪ファンタジーアニメ。
このご時世に、妖怪のアニメを少女漫画で、しかもしっかりしたお話で発表していたので、個人的にはとても目立っていたように思えます。笑

内容は1話完結型の物語なので、とても取っ付きやすいです。
主人公の夏目が毎回様々な妖怪に名前をかえし、成仏させます。
妖怪たちが夏目のもとを尋ねる理由や、そのものがたりがとても魅力できて、毎回見るたびにひっこりとした気分にさせられます。寝るときにとりあえず、1話と決めると、毎晩満たされた気持ちで寝ることが出来ます。笑

しかも夏目友人帳は長く続いた作品だったので、いっぱいほっこりすることができます。

彼の周りにいる妖怪、にゃんこ先生の可愛さでも人気になった夏目友人帳でした。

この作品の口コミpickup

夏目友人帳は、妖怪が見える主人公夏目と、妖怪たちの関わりを描いたアニメです。出て来るキャラクターは、おどろおどろしいものもありますが、絵がとてもきれいなので、怖いけれど、美しいものを見ている感じがあります。主人公は穏やかながらとても謎めいた存在なので、とても先が気になります。主人公のことが、妖怪との関わりで少しずつあかされていくのが、とてもほっこりしたエピソードで描かれ、見ていてとても温かい気持ちになります。

3
地獄先生ぬ~べ~

地獄先生ぬ~べ~

地獄先生ぬ~べ~も、当時人気になった妖怪ファンタジーアニメの1つですね。
「鬼の手」と世なれる左手をもつ主人公であり教師、鵺野鳴介が、その手を駆使して妖怪や悪霊を退治します。

一見するとバトルものの妖怪ファンタジーアニメですが、実際にはお色気要素も強い作品でした。それはジャンプの漫画であるころからそうなのですが、同じ内容をしっかりアニメでも放送していて、、、いや、いい時代だったなぁと思います。笑

この作品の口コミpickup

殆どが一話完結なので気軽に見やすいです。小さい子供向けだと思うのですが、大人が見ても結構怖い回が沢山あって、どきっとしてしまいます。基本的には鬼の手を持つ強い先生が助けてくれるのですが、子供が見ると夜思い出してトイレに行きづらくなることもありそうです。でも、怖いだけではなく、幽霊たちも色々な事情があり、先生は自分の生徒と同じように愛をもって接していると思いました。生徒は小学生なのですが、女の子は特にませていて、本当に小学生?と思う事も多いです。先生が妖怪とくっついてしまうよりは、そこは別れてちょっと悲しさを残して欲しかったかな。

いかがでしたでしょうか? 物心ついた時には誰もが見たことのある妖怪アニメ。今でも今の時代に受け入れやすいようにアレンジされていて、これからも妖怪はアニメの大事な要素の1つだよなと思いました。

妖怪のでるファンタジーアニメといえばこれ!定番TOP3に関連する記事

エムキャス