三角関係なハーレムって萌える!恋の行方が気になるアニメ達

4619view

AさんもBさんも主人公が好きといった三角関係のハーレム系アニメは見ていてハラハラしますよね。 今回はそんな三角関係なアニメ達をまとめてみました。

1
ニセコイ

ニセコイ

最近のアニメではニセコイがそうした三角関係のアニメでしょう。

一条楽を主人公として、桐崎千棘や小野寺小咲が正妻の座を争います。

一条楽自体は小野寺小咲が好きなので両思いなのですが、何故か桐崎千棘と交際を公表しなくてはいけない立場になり、また物語が進んでいく内にこちらもお互いが意識をしだしてしまいます。

主人公の一条楽が優柔不断なところがいけないのかもしれませんが、こうした3人が両思いになっている三角関係というのも、見ていてヤキモキしてきますよね。

ファンの間では千棘派と小野寺派が論争を繰り広げるという姿も見ることができ、三角関係独特の世界観が広がっています。

この作品の口コミpickup

ニセコイは、ジャンプで連載していて、大人気なこともありアニメ化されました。 ニセコイの主人公である少年は、十年前に結婚の約束をした女の子を探すための手がかりであるペンダント、その鍵を女の子が、ペンダントを主人公が持ち、再開した時にペンダントを開け約束を果たそうというのが、この作品の最大の目的です。 主人公は、約束の女の子の可能性がある女の子に出会うのですが、みんなそれぞれ約束をしているので、誰が本命の子なのかわからないまま作品は終わりを迎えました。 二期は必ずあると思うので、期待は大きいです。

2
ココロコネクト

ココロコネクト

もはや三角関係どころか五角関係といったような複雑なストーリーですが、ココロコネクトもこうした三角関係ハーレムの1つといえるでしょう。

八重樫太一を主人公に、永瀬伊織と稲葉姫子が静かなバトルを繰り広げます。

身体が入れ替わるなど不思議な現象が多発する状況に追い込まれてしまっていた文化研究部。

お互いがお互いの身体になることで気が付かなかった事が分かってしまうこともあり、それによって悩む姿を見ていると胸が苦しくなってきます。

稲葉姫子は自分も八重樫太一が好きにも関わらず、永瀬伊織に告白をしろと迫るなど思春期独特の心の葛藤を見ることができます。

三角関係でありながらも、お互いが友人という状況のため中々行動に踏み切ることができない姿はまさに三角関係の王道と言えるでしょう。

この作品の口コミpickup

文科系部活ものです。 部活内メンバーでの恋愛内容がありますが、単純な恋愛ものでなく、互いの魂が入れ替わるなどのファンタジーチックなことが起こるのでより面白いです。 ファンタジー的な要素や友情、恋愛を通し、少年少女たちが人間として成長していく姿が描かれており、回を追うごとに面白くなります。 学校という社会とは違う空間の中で、実際に魂の入れ替えなどの現象が起こったら、本当にこんな感じになるかもしれないと思わせるリアリティのある構成になっていて、回が経過しても飽きずに見れます。 恋愛系、学園部活系が好きな人はおすすめです。

3
俺の妹がこんなに可愛いわけがない

俺の妹がこんなに可愛いわけがない

これも三角どころの関係ではありませんが、ハーレム三角関係アニメの1つと言えるでしょう。

可愛い妹と、その友人達がみんな主人公の高坂京介が好きになるという何とも羨ましい展開。

そうした中で高坂京介も心が揺れ動き黒猫や新垣あやせなど様々な女性とフラグを立てていきます。

最終的に高坂京介が選ぶ相手は誰なのか、ということについて放送中は話題になりました。

衝撃のラストもありこうしたハーレム要素が強い三角関係アニメに興味がある方にはおすすめしたい作品です。

この作品の口コミpickup

俺の妹がこんなに可愛いわけがないは2010年にテレビ放送されました。主人公「高坂京介」はごく普通の男子高校生。ある日、主人公の妹「高坂桐乃(こうさかきりの)」がオタクアイテムを所持していることに気づいた主人公は、驚きとかすかな恋心を憶えて、妹とともにオタク趣味にハマってしまうストーリーです。「カワイイ妹がいたらいいな」という男心をアニメ化したストーリーとなっており、ギリギリの関係の??ストーリーを楽しめる感じのアニメです。

4
ちはやふる

ちはやふる

最後はかるたアニメのちはやふるです。

主題は百人一首のかるたなのですが、時たま恋愛要素が入ってきます。

主人公は綾瀬千早という美少女。その綾瀬千早を巡って、これまたイケメンの二人が争います。

かるたという競技と恋愛が見事な具合に絡まって見応えがあります。

男性はかるたにおけるスポーツ要素に熱くなり、女性ならたまにある恋愛要素にきっとキュンとくるのではないでしょうか。

この作品の口コミpickup

わりと丁寧な作りが印象的でした。主人公の千早が部員募集のポスターを貼るシーンでは、椅子に体重を預けてる足がぷるぷる振るえる描写まできめ細かい。動かなければいいのに残念な無駄美人をよく表現している。それから3人目の主役である転校生の百人一首に対する情熱も去ることながら、福井弁というのがまた昨今のアニメには珍しいというか聞き馴染みなかったので新鮮だったかも。総じて恋愛パートと競技パートのバランスも良くて普通に楽しめました。

三角関係のアニメは、結末が分かるまで見ている方もヤキモキしますよね。 そして応援していた方が悲しい結末になると「なんでだ・・・」という心境になります。 そうしたアニメの世界に参加しているような感覚になることができるのが三角関係のハーレムアニメの見どころなのかもしれませんね。

三角関係なハーレムって萌える!恋の行方が気になるアニメ達に関連する記事

エムキャス