剣と魔法で突き進め!王道アニメ4選

2925view

剣で敵を切り裂き、魔法で攻撃、 最近めっきりそういうアニメが減ってしまいました。昔は多かったんですけどね…。 そんな「剣」と「魔法」で冒険するアニメを今回は4つ集めてみました。

1
魔法陣グルグル

魔法陣グルグル

魔方陣グルグルは長らく原作が発売され、魔法陣グルグルは1992年から2003年まで、実に11年にわたって物語が続きました。しかも、2012年からは魔法陣グルグル2として、現在でもガンガンONLINEでお話が続いています。

そんな魔方陣グルグルは勇者ニケと魔法使いのククリが活躍し、魔王を倒すという設定の、王道冒険アニメ。

だいたいポップな展開なのですが、ククリがベームベームを召喚した時は子どもながらに恐怖感を覚えました。

2
スレイヤーズ

スレイヤーズ

スレイヤーズはもともと富士見ファンタジア文庫のライトノベルでしたが、1995年からアニメ化もされました。
ライトノベルからアニメ化された例としては、かなり早い部類にはいる作品なのではないでしょうか?

スレイヤーズは魔法だけでも黒魔術、精霊魔術、神聖魔法そのほか様々な魔法が存在します。
剣も光の剣、斬妖剣、祝福の剣といった剣をはじめ、様々な武器が登場します。

この作品の口コミpickup

私がこれはハマったなぁと思う最初の作品がスレイヤーズです。 魔法や剣が出てくるファンタジーなアニメはたくさんありましたが、 このアニメはとにかくキャラクターや世界感がとっても面白いんです。 私は特にリナが大好きです。リナの明るくぶっとんだ性格がとにかく面白いです。 そして、声優さんにハマったのもこの作品でした。 今では当たり前に近いですが、声優さんがオープニングやエンディングの歌を歌う、 というのは当時珍しかったようで、私もCDを買って覚えました。 私にとっては思い出がいっぱいのアニメです。

3
七つの大罪

七つの大罪

七つの大罪にも、実に様々な剣と魔法が登場します。

リオネス王国を救うために、ヒロインのエリザベスはかつて王国に所属していた伝説の騎士団「七つの大罪」を探す旅にでます。そこで団長メリオダスと知り合い、徐々に他の仲間も探しながら旅を続けていきます。

七つの大罪では、剣と魔法が同時に使用されることが多いです。例えばメリオダスの場合、も自分の剣に魔力をかけて、相手の攻撃を跳ね返します。

この作品の口コミpickup

七つの大罪という漫画のタイトルと絵はなんとなく聞いたことがあったり見たことがあったりしたのですが、実際にストーリーを知るのは今期でのアニメが初めてでした。そのため、どんなストーリーなのか想像が付かなかったのもあり面白いのかなー?って思っていたのですが、七つの大罪が好きだったり漫画を読んでいたりする友人たちが盛り上がっていたので楽しみにしながら見始めました。内容はとても少年漫画らしいかっこいいものでした。女の子キャラや豚さんがとても可愛く、主人公のメリオダスは梶さんとの声もぴったり合っていてとても素敵です。そんなキャラクターたちが魅力的なのもありますが、これから先何が起こるのか、他の七つの大罪の方たちはどんな人なのか、一話一話見る度とても気になり早く先を見たくなります。これからの展開もとても楽しみです。

4
ソードアート・オンライン

ソードアート・オンライン

ソードアート・オンラインは今までの冒険物語とは少しかわっています。
設定が仮想空間のオンラインで戦います。
ゲームを攻略しないとログインできない、それ以外の死は、現実の死となる世界で、ゲームを攻略するために主人公のキリトが活躍する物語です。

タイトルの通り、基本的には剣技がメインですが、途中うからは魔法要素も多くなってきます。
オンラインの世界で戦う今風な設定のなかに、剣と魔法がイキイキと飛び交います。

ソードアート・オンラインは続編も現在放送されているのでぜひ1からみてみてください!

この作品の口コミpickup

主人公は中学生、高校生の設定で、ベットに横たわって特別な機械を頭に設置し、夢の中で自分が主役となってRPGのゲームを旅する。しかしある日、そのゲームの製作者がそのRPG参加者が現実の世界に戻れなくなるようにする。そこで主人公が自分のレベルを上げて、モンスターや製作者を倒し脱出を目指す・・・というのがアニメのストーリー。初め無料アニメを見れるサイトで、適当に探していたらこのアニメを発見し、主人公が幼く見えたので、子供向けアニメかとおもいました。しかし “夢の中で、自分が実際に動いてゲームをする” という、誰でも夢見たようなシチュエーションなので、すっかり入り込んであっという間に見終わってしまいました。近い未来、本当にこういうゲームがあってもおかしくないかもしれない、と思わされました。 主人公に男の子1人、女の子1人を選んだのもいい選択だと思います。女の子が主人公にいると、私もそこに居れるような気分になりますから・・。 このアニメの中でとっても残念なのが、1話ごとに話が進みすぎる。例えば主人公が脱出するためにレベルを上げるという所で、エピソードの前後で10レベルも差が開いていたりすると「その差をどうやって稼いだのかとか見たかった・・・」と残念に思うわけで・・・。アニメ化にするために、大分話を摘んでしまったのではないかと思います。 そして、?(25話)と?(8話)あるのですが、?はちょっと微妙・・・まず世界設定や衣裳やキャラはかわいいのですが、話がどうも一気に進みすぎます。?の25話に対して、8話というのは、ちょっと短すぎるのでは。 そして、?のストーリーでは妹が兄に恋をするというシーンがあるのですが、日本人ならではの変態文化といいますか、まぁ男性にはときめくシチュエーションなのかもしれませんが、もしこれを子供が見たら、モラル的にどうなんだろうと思いました。 多くの人気作品の場合、長すぎるというのがデメリットになったりしますが、(本人もそれで途中で見なくなったアニメがあり)このアートソードオンラインに関しては、もっと見たかった!もっと詳細を知りたかった! そんなアニメです。

いかがでしたでしょうか? 剣と魔法のアニメも、こうやって眺めてみると、スレイヤーズからソードアート・オンラインまでさまざまです。 歴史の流れのなかで、時代に合うようにいろいろアレンジされてきた感じがします。

剣と魔法で突き進め!王道アニメ4選に関連する記事

エムキャス