スタジオ・ファンタジアが制作したアニメランキング

1276view

設立は1983年。割と老舗のアニメ制作スタジオですが創業よりずっと有限会社として活動しています。 なのでアニメ制作スタッフも少数。それでも2000年代前半を中心に多くのアニメを世に送り出したスタジオ・ファンタジア作品をここでは紹介します。

1
ストラトス・フォー

ストラトス・フォー

宇宙から飛来する隕石を地表にぶつかる前に迎撃用戦闘機で破壊する、と言う任務を帯びるメテオスイーパーとして活躍する4人の少女の活躍を描いたアニメ「ストラトス・フォー」。

地上で迎撃する役目がメテオスイーパー、宇宙で迎撃する役目がコメットブラスターであり、後者の方が地位は高くスターとして扱われているので少女たちはパイロットとして経験を積んでコメットブラスターを目指す、という物語となっています。

スタジオ・ファンタジアが初めて3DCGを導入した作品でもあり、その技術力を駆使して描かれるメカ描写は実に良くできています。

主題歌は作品の雰囲気を上手く表現した名曲、聴いて損はないです。

2
君が望む永遠

君が望む永遠

2人の女性の間をフラフラと行ったり来たりする主人公がなんとも優柔不断で煮えきらない、スタジオ・ファンタジアの傑作恋愛アニメ「君が望む永遠」。

主人公、鳴海孝之と涼宮遙、速瀬水月の3人の三角関係を描いたアニメなのですが、物語序盤から衝撃の展開になるのでまずそこで驚きます。

その三角関係はかなりドロドロの泥沼展開。なんとも鬱な感じで物語は最後まで進みますが、それもこれも全て主人公が悪い…と、視聴した方なら皆そう思うでしょう(笑)

サブキャラクターではありますが、一服の清涼剤として活躍する大空寺あゆもやたら印象に残る作品です。

3
よみがえる空 -RESCUE WINGS-

よみがえる空 -RESCUE WINGS-

部類的には軍事ものの1つではありますが、ミリタリー的な兵器を描いた作品ではなく1つの職業としての自衛隊を描いた「よみがえる空 - Rescue Wings -」。

戦闘機パイロットを目指すもそれはかなわず、救難ヘリ部隊へ振り分けられてしまい人命救助を任務とすることになった航空自衛隊員、内田一宏の物語です。

一見地味な感じもしますが、自衛隊員の心情や活動が丁寧に描かれており、真面目で深みのある本作は大人向けアニメと言えるでしょう。

「ストラトス・フォー」などで自信をつけたスタジオ・ファンタジアはこちらの作品でもメカを3DCGで描いており、その評価は当時はかなり高かったです。

この作品の口コミpickup

実際に存在する航空自衛隊小松基地が舞台だという事で興味が沸き観ました。 アニメである事を忘れそうなくらいリアルで、現実のドキュメンタリー番組を観ているかのようなシーンが多かったです。 航空自衛隊が制作協力をしてくれた事がかなり効いていると思います。 アニメ作品で航空機というと「戦闘機で敵と戦う」イメージが強いですが、 この作品は「ヘリでの災害救助」です。 アニメの世界では地味かもしれませんが、隊員たちが必死に災害と戦う姿はカッコ良く憧れます。 救難隊の仕事の内容はもちろん、隊員たちの日常もリアルに描かれていて、 ストーリーも分かりやすいので観やすいと思います。 私は東日本大震災のずっと前にこの作品を観たので 今観たら、また一味も二味も違って感じれるかな?と思いました。

紹介したアニメは全て2000年代前半までの作品であり、現在は自社でのアニメ制作はほとんど行っておらず下請業務がメインとなっています。 下請としては現在も年に2~3本の作品には関わっているので、意外と目にする機会も多いスタジオ・ファンタジアでした。

スタジオ・ファンタジアが制作したアニメランキングに関連する記事

エムキャス