マングローブが制作したアニメランキング

1960view

2002年にアニメ制作会社サンライズより独立する形で誕生したマングローブ。 初制作アニメにして看板アニメとも言えるオリジナルアニメ「サムライチャンプルー」はその斬新な内容でマングローブの名を一躍世間に轟かせました。 そんなマングローブが手がけたアニメをここでは紹介します。

1
サムライチャンプルー

サムライチャンプルー

江戸時代(のような世界観)を舞台に繰り広げられる冒険劇「サムライチャンプルー」。

OPテーマからラップで始まるので、まずそこで度肝を抜かれます。そしてその世界観で2度驚きます。

前記したようにマングローブ初制作アニメにして最大のヒット作とも言える本作はエキセントリックな言葉遣いや格好とスタイリッシュなアクションがとても印象的。

メインキャラクターのムゲン、ジン、フウの3人はとても個性的。内容も全く難しくないのでアニメ好き、初心者どちらにもオススメできる作品と言えます。

この作品の口コミpickup

このアニメは戦国BASARAなどのような「武将」同士の争いではなく、江戸時代に生きる二人のサムライと一人の少女の話です。シリアスメインで、主に斬り合いが多い作品です。話数が進むに連れて強敵とのバトルが増えていき、戦闘シーンの作画も目を見張るものがあります。しかし、バトルシーンだけではなく、三人の人間関係や旅の途中で出会う人たち、昔の仲間との間で繰り広げられる人間ドラマにも見どころがあります。感動する話の後に聞くエンディングテーマもなかなか個人的には魅力的です。また、所々に挟まれるギャグも面白いので、時代劇の堅苦しいイメージもありません。なので時代劇が苦手な人にもおすすめできる作品だと思います。和を表現したようなアニメなのですが海外でのほうが知名度が高く、評判がいいみたいです。是非多くの日本人にみてもらい、このアニメの良さを理解してほしいです。

2
神のみぞ知るセカイ

神のみぞ知るセカイ

週刊少年サンデーで連載されていた漫画をアニメ化。マングローブが原作あり作品をアニメ化した中では最もヒットした作品であり、シリーズ化もされた「神のみぞ知るセカイ」。

主人公は天才的な腕前を持つギャルゲーマー、桂木桂馬。そんな彼の所に現れた悪魔少女エルシィと契約する羽目になり、駆け魂狩りをする事になる…という物語です。

桂馬は駆け魂狩りのために女性を落とす必要があるのですが、そこで鍛えぬいたギャルゲーの知識を総動員してあれやこれやと頑張ります。

アニメ化にあたっては原作の雰囲気をうまく再現しており、ストーリー面でもほぼ一緒。原作ファンも楽しんで観れる作品でしょう。

この作品の口コミpickup

アニメなので、こういう神が果たして存在するかはわかりません。 しかし、この神の設定はあながち非現実的ではなく、 そこにアニメならではの愉快なストーリー設定が行われています。 各キャラクターの設定、性格が個性的ですが、 やはり一番魅せられるキャラクターは 人間でありその分野において神である男子の高校生、主人公です。 見入ると、そこで真剣になるか、 そこが重要なのかとツッコミを入れたい衝動に駆られ、 おちゃらける部分はおおげさで、 アニメとはわかっていながら男でも主人公のファンになってしまうような作品です。

3
ましろ色シンフォニー -The color of lovers-

ましろ色シンフォニー -The color of lovers-

PCゲームをアニメ化。正統派青春群像劇「ましろ色シンフォニー -The color of lovers-」。

主人公、瓜生新吾は通う高校が統合された事によりテスト生として名門の私立結姫女子学園に通う事に。そこで出会う少女たちとの姿を描いた作品となっています。

作画面は非常に安定しており内容云々と言うよりはキャラクターの可愛さを楽しむアニメと言えるかもしれません。

4
さらい屋 五葉

さらい屋 五葉

前述した「サムライチャンプルー」とは違い、こちらは正統派の時代劇である「さらい屋 五葉」。

そのタイトルの通り、テーマとなっているのは誘拐業。江戸時代を舞台に、さらい屋「五葉」に所属する人々の活動を淡々と描いた作品となっています。

時代劇と言っても派手な斬り合いや奇抜な展開があるワケでもなく、本当におとなしめのなんとも地味な作品となっています。

ただし、江戸の街や人々の描写はかなりのものなのでそこにマングローブのこだわりが見えます。大人向け…と言うよりは老人向けな感じすらする珍しいアニメです。

この作品の口コミpickup

コミックが大好きで読んでいたらアニメ化になるというので物凄い期待していました!! この一般受けしなそうなコミックをアニメ化するなんて、何て大胆なんだろうと思うと同時に、できるだけ原作に忠実にして作ってほしいと願っていました。 始まってみれば願いどおりの出来栄えで毎回楽しみにしていましたが、弥一の声が個人的にはイメージと合わなかったのがちよっと残念でした。 でも多くを語らず、心理的駆け引きで物語が進む部分がしっかりと描けていてとても良かったです。 原作は完結していますが、その前にアニメが終わり、また続きが始まらないかと楽しみにしています。

時代劇から萌え系と割と幅広く制作するアニメ制作会社マングローブ。 原作あり作品を大きく改変したり逸脱させたりはしないのでその点で言えばファンも安心して観られる制作会社といえるでしょうか。

マングローブが制作したアニメランキングに関連する記事

エムキャス