アニメーションスタジオ・アートランドが制作したアニメ

23view

1978年に有限会社アートランドとして出発しましたが、現在はマーベラスエンターテイメントの子会社となり、名を株式会社アニメーションスタジオ・アートランドとしています。 板野一郎や美樹本晴彦といった天才アニメーターを抱えたアートランドは制作協力という形で作画などを担当する事が多く、アニメ元請けはしていなかったので本格的にTVアニメを制作するのは2000年代に入ってから。 老舗ながら制作数はあまり多くない、アートランドアニメをご紹介します。

1
蟲師

蟲師

架空の生命体である蟲が人との間に起きた問題を専門家である「蟲師」のギンコが解決していくアニメ「蟲師」。

江戸時代のような雰囲気が漂う独特の世界観のある本作の自然描写は非常に美しく、それだけでも見入ってしまいます。

アニメ化にあたっては極力原作漫画の雰囲気を崩さないことに注力しており、これ以上ないほどの原作再現にファンからの評価は非常に高いです。

「日本のメディア芸術100選」に選出されるなど、アートランド作品としてだけでなく2000年代を代表する作品と言っても過言でなはいでしょう。

この作品の口コミpickup

原作のアニメ化というのは難しいと思います。原作のほうがよかったと思う作品がやはり多い印象があります。けれども「蟲師」は違いました。原作の持つ穏やかでゆったりとした時間の流れと蟲の世界の美しさと不気味さを、見事に再現していました。その理由は、音の使い方にあったのかもしれません。久々にうるさくないアニメを見た、というのが当初の印象でした。声優の声もトーンが抑えられ、暴走していない。それでいて絵に声をあてただけの「紙芝居」ではない。音が加わることによって、物語にはさらに奥行きができました。何度でも見たい作品です。

2
増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和

増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和

シュールな世界観で繰り広げられる爆笑の5分間アニメ、「増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和」。

シリーズ化している作品もありますが基本的には1話完結で気軽に観られるアニメの筆頭です。

原作漫画の雰囲気を上手く表現しており、更に声優陣の熱演がその面白さを倍増させているアニメとなっています。

アートランド制作アニメの中で一番笑える作品と言えるでしょう。

この作品の口コミpickup

原作の世界観を忠実すぎるほど忠実にアニメーションで表現しています。よくあの原作の勢いやテンポをそのままにアニメで表現できたなと関心するくらによくできてます。作品のストーリの進むテンポが速いですし、それに比例してセリフもすごく速いので謎の疾走感すら感じました。普通逆ですが、手を抜いているように見えるのにすごく手の込んでいる不思議な作品です。アニメスタッフにもですが、声優さんにも恵まれた作品だと思います。

3
ケンコー全裸系水泳部ウミショー

ケンコー全裸系水泳部ウミショー

明るく脳天気にお色気展開を全開にするアニメ「ケンコー全裸系水泳部 ウミショー」。

キャラクターはかわいいんですが萌え系に比重を置いたアニメというわけでもなく、水泳部を舞台にコミカルに描かれるスポーツものという感じの物語です。

ほとんどの登場人物が一貫してお笑いキャラなので面倒な展開になることもなく、終始気楽に見れるアートランド作品ですね。

かつては緻密はメカ描写と表現力で一世を風靡したアートランド。 「蟲師」のような素晴らしい傑作を生み出したのはやはり老舗の底力でしょうか。 これからもその爆発力に期待したいアートランドのアニメでした。

アニメーションスタジオ・アートランドが制作したアニメに関連する記事

エムキャス