東映アニメーションが制作したアニメランキング!業界最大手の実力やいかに

2633view

業界最大手のアニメ制作会社として知られる東映アニメーション。 その創立は古く、母体となった日本動画株式会社が誕生したのが1948年。56年に東映動画株式会社となり、1998年には現在の東映アニメーションになります。 かつては東映アニメフェアと言った自社で制作したアニメを放映する映画イベントを夏休みなどに行っていましたが、それも最近はやらなくなって…寂しい限りです。 そんな、子どもたちと共に歩んできた東映アニメーションの作品をここでは紹介します。

1
ドラゴンボールZ

ドラゴンボールZ

東映アニメーション最大のヒット作にして世界に誇る日本の傑作アニメ「ドラゴンボール Z」

地球育ちのサイヤ人、孫悟空が繰り広げるバトルアニメとしてシリーズを通して10年以上も放送されており、最近になってリメイクもされました。

これからも幅広い年齢層に支持されていくであろう、日本アニメ史に残る名作です。

この作品の口コミpickup

孫悟空、私の憧れの人でした。 亀仙人のもとクリリンと修行を積み、天下一武道会でメキメキと力をつけて、かっこよさは増すばかり。 特にスーパーサイヤ人になった時がオススメです。 次々と現れる敵はどんどんレベルアップし、強敵であればあるほど闘うことで己の強さを磨いていく様は、見るものの心を熱くします。 クリリンが死んでしまうシーンや悪役たちの悲しき過去など、うるっとくるストーリーもありつつ、笑えるストーリーも多いので、親子で楽しめます。

2
デジモンアドベンチャー

デジモンアドベンチャー

主人公の八神太一や同年齢の数人の小学生がデジタルワールドという仮想世界に引き込まれ、そこで出会ったデジタルモンスターという生き物と出会った事から始まる物語、「デジモンアドベンチャー」。

放送期間は1年と短いながら大人気作品となった本作はその後次々とシリーズ化して、デジモンは一躍人気シリーズとなりました。

仲間やモンスターたちと育む友情、愛情。そして悪に立ち向かう勇気。たくさんの事を教えてくれるアニメです。

この作品の口コミpickup

デジモンアドベンチャーは初代デジモンにあたります。 これはかなり有名で古いです。 今の子どもは知らない子がいると思いますが、 僕が小学校の頃に流行りました。 初代しか見ていないので比較ができないのが残念ですが、 かなり良いです。 泣けるシーンがある、それもストーリーにどんどんのめりこんでいきます。 また主題歌も良いです。 みんなが見てそうで流行ってたから見たではなく、 個人的に幽々白書やちびまるこちゃん、ドラゴンボールといったように、 見たい!と思って 見ていたような覚えがあります。 初代はもう見てない人もいるかもしれませんのでお勧めとしてあげさせていただきます。

3
美少女戦士セーラームーン

美少女戦士セーラームーン

メインターゲットは女の子でしたが、一部のちょっと変わった大人のお兄さん達にも熱狂的な支持を受けたアニメ「セーラームーン」

主人公で中学生の月野うさぎがセーラームーンに変身し、次々に現われる悪と戦う美少女バトルアニメの金字塔的作品であります。

後に東映アニメメーションが制作する「プリキュア」シリーズの前身とも言える本作はその後の東映アニメーションのみならず、アニメ界にも大きな影響を与えたアニメとなりました。

この作品の口コミpickup

今人気のプリキュアの走りだと思います。 可愛い制服をスタイル抜群の美少女が着て、悪者をやっつけるスタイルが子供ながらに毎回釘付けでした。月に代わっておしおきよ!も今思えば、月?だけどあの頃はほんとに、カッコイイ!私もセーラームーンに入りたい!など思ってましたね。 そして天然でドジな主人公の設定も素晴らしいと思います。猫の相棒も子供心を掴む大事な設定ですよね♪今もシリーズが沢山出ているようですが、やはり大人になり見る機会がないのでセーラームーンと言えば私にとってはこの初期のメンバーです。

4
ワンピース

ワンピース

海賊王を目指すモンキー・D・ルフィとその仲間たちの冒険を描いた海賊アニメ「ONE PIECE」

現在放送されている東映作品の中で最もメジャーなアニメと言える「ONE PIECE」は放送開始から15年、実は東映史上最も長く続いているアニメとなっています。

原作漫画はまだまだ続いているのでこれからもその放送記録を伸ばし、また多くのファンに支持される作品として愛されていくでしょう。

この作品の口コミpickup

仲間の絆がとても深く何度も感動して涙しました。一人一人の過去の内容もとてもよく何回でも繰り返し見てしまいます。意外な人物同士の繋がりがあったり、ここの場面にそういう意味があったのか〜と驚かさる事がよくあります。キャラクター達がどんどん成長していく姿など昔から見ているのに全く飽きがきません。また感動だけではなくキャラ同士のコントのような掛け合いの面白さや戦闘モードのヒヤヒヤ感もあり毎週楽しみにしています。

5
おジャ魔女どれみ

おジャ魔女どれみ

とある偶然から魔女見習いになった小学生、春風どれみとその仲間たちの日常を描く正統派魔法少女アニメ「おジャ魔女どれみ」。

大人気となった「セーラームーン」シリーズとは打って変わり、魔法少女達がその力で人々の願いや問題を解決していくという物語になっています。

魔女見習いであるために失敗を繰り返すどれみ達ですが、そんな経験や学校での日常を通じて少しづつ成長する、そんな作品です。

この作品の口コミpickup

『おジャ魔女どれみ』は、おジャ魔女どれみシリーズの記念すべき第一作目となるアニメです。 後にゴジラ並のシリーズ物となりましたが、私は一作目しか観ませんでした。 何故なら、「もう魔法少女系アニメを観る歳じゃない」と踏ん切りをつけたからです。 当時は小学校中学年に突入していたので、「お子さま」扱いされることに敏感でした。 しかし、今となっては魔法少女系のアニメは、大人も真剣に観ています。 大人になって、それが少し寂しいことのように思います。

深夜アニメはあまり多くなく、子どもたちが観るような朝夕の時間帯のアニメ制作が主力商品である東映アニメーション。 そのスタイルは昔から変わっておらず、これからも子どもたちのための作品を生み出していくでしょう。

東映アニメーションが制作したアニメランキング!業界最大手の実力やいかにに関連する記事

エムキャス