マッドハウス制作のアニメランキング!老舗の底力が見える

2705view

設立は1972年、アニメ制作会社の中では老舗の部類に入るマッドハウス。 それまでは下請けが多かったマッドハウスが本格的にTVアニメを制作するのは1990年代から。 2000年代に入るとその制作本数は飛躍的に増え、今も多くのアニメを制作する会社として知られます。 そんなマッドハウスが手がけたアニメをここでは紹介します。

1
カードキャプターさくら

カードキャプターさくら

小学生、木之本さくらを主人公とした魔法少女アニメ「カードキャプターさくら」。

街中に散ったクロウカードを回収するために頑張るさくらが可愛く描かれており、また人との絆を丁寧に描いた名作です。

作画面は秀逸の一言。毎回変わる服装など、ここまで服装に気合を入れたアニメがかつてあったのか?と思えるほど気を使っています。

男性ファンを多く獲得したことでも知られる本作ですが、女性も楽しく見れる、そんなアニメとなっています。

この作品の口コミpickup

人気漫画家CLAMPの一世を風靡したアニメ化作品。小学3年生の木之本桜が書庫で見つけた金色に光る本を開くと夥しい数のタロット風のカードが飛んで行った。最後にでてきたぬいぐるみ・ケルベロスと共に、クロウカードの封印が解けることで起こる「好き」を忘れてしまうという災いを防ぐため、カードキャプターとなってどこかへと散らばってしまったクロウカードを集める成長物語。彼女は友人・知世の作ったコスチュームを着て魔法で戦うのだが、現在でも通じる知世の衣装センスは素晴らしい。

2
電脳コイル

電脳コイル

202X年、電脳メガネという眼鏡型コンピューターが小学生の間では当たり前の存在となった近未来を舞台に描かれるNHKアニメ「電脳コイル」

ヤサコと呼ばれる少女、小此木優子とイサコと呼ばれる少女、天沢勇子。同い年ながら正反対の性格をした2人が電脳空間で様々な体験をします。

この世界では小学生が簡単にネット犯罪を起こせるような状況となっており、現実世界もそのうちこのようになる気がしてなりません。

この作品の口コミpickup

電脳コイルは、NHKにて放送されたアニメです。子ども向けだから・・とたかをくくっていたのですが、テレビをのぞき込んだら、引き込まれるように見入ってしまいました。話の展開から目が離せなくて、私も主人も欠かさず見続けていたほどでした。子ども向けに作られたとは思えないほど、作り込まれた内容、展開で、その質の高さに圧倒されます。小学生の主人公の友人関係、近未来にはあるかも知れないメガネ、家族やペットのつながり、どれをとっても上質な作品だと思います。ハラハラする展開や、何度見ていても怖さを感じてしまうシーン、他のアニメでは感じたことがない感覚になれることで、我が家では何度見たことでしょう。ぜひ、電脳の世界観に体験してみてください。

3
BLACK LAGOON

BLACK LAGOON

飛び交う銃弾とスラング、危険渦巻く犯罪都市ロアナプラで繰り広げられるガンアクションアニメ、「BLACK LAGOON」。

日本の商社マン岡島緑郎がとある事件をきっかけとして運び屋ラグーン商会に入り込み、ワルの世界へと足を踏み入れる所から物語が始まります。

常に危険と隣り合わせのラグーン商会の一員として、女ガンマンのレヴィらと共に鉄火場を駆け抜けるワイルドなアクションものです。

この作品の口コミpickup

この作品の見どころは派手なガンアクション、そして登場人物の濃さとそのセリフではないでしょうか。 リアルな銃撃戦というよりはアニメだから出来る自分の都合のいい時だけ弾切れ無しで撃ちまくれるガンアクションの爽快感を非常によく表現できていると思います。 そして登場人物もマフィアに殺し屋に運び屋、とまともな職の人間が殆ど出てきません。 そしてこの作品のセリフは一昔前の海外ドラマやギャングものの映画のようなどこかカッコつけたようなセリフが多く、見た人によってすごくカッコイイ作品だと感じ、またある人はセリフがカッコつけ過ぎてとてもじゃないが見ていられない、と2つに別れるはずですが、気に入った人はずっとこの作品を好きでいられると思います。

4
ギャラクシーエンジェル

ギャラクシーエンジェル

舞台は未来の宇宙、ロストテクノロジーという失われた技術を管理するために存在するエンジェル隊の騒動を描く「ギャラクシーエンジェル」

全くお硬い所はなく、ギャグ一直線の美少女萌え系アニメです。2000年代初頭の深夜アニメを代表する作品の1つとも言えるでしょう。

本作は4度アニメ化していますが、特に2期はアニメ独自のドタバタ展開が板についた感じで楽しめる作品となっています。

この作品の口コミpickup

絵のタッチは萌えアニメなのに、中身は中々どうして・・・ギャグ満載の骨太作品に仕上がっております。 自分の中では1期は対した事なかったのですが2期を見た時、「こんな面白いアニメあったのか・・・」と驚愕したものです。 パチンコ化もされており、やっぱり人気あったんでしょうね。 関西では日曜の朝に放送されていたので(関東は知らない)、このアニメの為だけに朝早く起きてテレビの前に噛り付いて見ていましたね。 特に2期を見て下さい。本当にハマリますから!おすすめです。

5
はじめの一歩

はじめの一歩

週刊少年マガジンで現在も連載中、ボクシング漫画の代表作である「はじめの一歩」

弱気な高校生だった幕之内一歩がボクシングと出会い、それまでの自分から脱却して成長する姿を描いたボクシングアニメです。

アニメならではの音響と演出で試合を盛り上げており、その臨場感は漫画では出せないものとなっています。

この作品の口コミpickup

ボクシングの試合をするシーンが秀逸だと思います! とにかく、殴り合いのシーンが激しくて気持ちいい。痛々しい場面が多いのではと思うこともありましたが、そんな心配すぐなくなりました。とにかくスピード感も凄くて殴られる場面では衝撃を上手く伝えるための表現手法が取られているので見ている方も痛いではなくスッキリ見られる作品だと思います。 また、試合まえの選手が努力している場面もあるので応援したくなる気持ちも強くなるのが面白いポイントですね。

制作本数は多いものの、自社で全てを制作したアニメはそれほど多くはないのがマッドハウスの特徴。 今回紹介したアニメは全て自社で一貫して制作したアニメなので非常に高い作画力が評価されていますが、実はそうでもないアニメも割と多いです。 当たり外れが割と大きい、マッドハウスのアニメでした。

マッドハウス制作のアニメランキング!老舗の底力が見えるに関連する記事

エムキャス