サンライズが制作したアニメランキング!ガンダムなどの名作ロボアニメ達

3426view

1972年に発足した当初より優れたアニメをこの世に送り出してきたアニメ制作会社サンライズ。 「日本サンライズ」の出発点である「機動戦士ガンダム」を始め、その事業の根幹となったのは何と言ってもロボットアニメ。 ここではサンライズが制作したアニメから名作と呼ばれる作品を紹介します。

1
機動戦士ガンダム

機動戦士ガンダム

サンライズの看板アニメにしてロボットアニメの金字塔「機動戦士ガンダム」。

少年アムロ・レイが地球連邦軍の新兵器「ガンダム」のパイロットとして戦場に駆り出され、パイロットとして人間として成長する物語です。

従来のロボットアニメとは一線を画すリアルな戦争ものとして描いているために敵味方問わず多くの人間が当然のように死んでいきます。

TVシリーズは全43話と少し長めなのでTVシリーズを再編集した劇場版3部作からまずは入ってみるのはどうでしょうか?

この作品の口コミpickup

機動戦士ガンダムは私にとって、永遠にNo1のアニメです。 テーマは戦争ですが、そこには人間ドラマがあり、近未来的なテクノロジーがあり、 宇宙空間がありと見ていてとても面白いです。 ホワイトベースのクルーが皆若者ばかりなのも、面白いですね。 アムロとシャアのライバル決戦(ガンダムvsシャアザク、シャアズゴック、シャアゲルググ、ジオング)はどれも見ごたえがあり、面白かったです。 私は個人的には、シャアズゴックが好きです。

2
勇者エクスカイザー

勇者エクスカイザー

ガンダムシリーズに次ぐサンライズの看板シリーズとなった勇者シリーズの1作目「勇者エクスカイザー」

ガンダムシリーズがリアルに描かれる戦争という若干高めの年齢層を狙った作品に対して、こちらは子ども向けと言える内容になっています。

ロボットでもありヒーローである勇者シリーズはロボット1人1人に人格があり、また主人公の少年たちとは友人のような関係で物語は展開します。

子ども向けではありますがテーマ性にも富んでおり、楽しんで見れるロボットアニメと言える本作です。

田中公平先生が手がけた音楽とともに流れる合体バンクは必見!当時、玩具がたくさん売れたというのも頷けます。

3
絶対無敵ライジンオー

絶対無敵ライジンオー

小学校を舞台に描かれるエルドランシリーズの1作目、「絶対無敵ライジンオー」

小学校が舞台と書きましたがその名の通り小学校からロボットが出てきたり、地球防衛組となった5年3組の教室が司令部になったりとすごい設定になっています。

5次元世界ジャーク帝国との戦いがコミカルに描くロボットアニメですが、時に小学生らしくケンカしながらも成長し、壁を乗り越えていく学園モノという側面もあり。

アニメの内容に完璧にマッチしたオープニングテーマ「ドリーム・シフト」が更に胸を熱くさせる、アニメ「絶対無敵ライジンオー」でした。

サンライズはロボットアニメ以外にも素晴らしい作品を手がけているのですが…ここではロボットアニメと言う事で特集しました。 何時の時代でも少年たちは心躍らせる、素晴らしい作品をこれからも期待したいサンライズアニメでした。

サンライズが制作したアニメランキング!ガンダムなどの名作ロボアニメ達に関連する記事

エムキャス