GONZO制作のアニメランキング!オリジナルアニメが勢揃い

2581view

自社制作のオリジナルアニメでは高い評価を得るアニメ制作会社GONZO。 反面、原作アリの作品を手がけると雰囲気を壊すこともあるのでちょっと評価が難しい制作会社とも言えます。 2000年代初頭より3DCGを使った作画には定評があった、GONZOアニメを紹介します。

1
カレイドスター

カレイドスター

サーカスでもミュージカルでもない新たなエンターテイメントとして大流行するカレイドステージ。

花形と呼ばれるカレイドスターになることを夢見て渡米した少女、苗木野そらの挑戦を描くアニメ「カレイドスター」。

GONZO制作のオリジナルアニメにして最高傑作と名高い1作です。

この作品の口コミpickup

放送は2003年ととても古いアニメなのです。 私がこのアニメを知ったきっかけは、知り合いに勧められてです。 最初は「勧められたけどめんどくさいなー」と思っていたのですが1話見ただけで「早く続きを見たい」と思うほど夢中に。 なぜ夢中になってしまったのかは覚えていないのですが、どんどん成長していく主人公に涙を流し感動したことはしっかり覚えています。 内容は、普通の日本人が小さい頃にみたサーカスに憧れて、渡米し辛いことがあろうと一生懸命頑張っていくというものなのですが、 1話目から笑ってしまう場面はもちろん、厳しい現実をしっかり描写してあり、見ていてドキドキでした。 話が進んでいくにつれ、どんどん厳しくなっていく練習、サーカスだからこその怪我、落下、上下関係で「もういい。もういいよ・・頑張ったじゃないか・・・」と言いたくなるのですが、それでも主人公は挫けず、泣きながらでも明るく頑張っていくお話です。きっと最初はドキドキし、暗い気分になることもあるかもしれませんが、最終回に近づくにつれ、気分がどんどん上がっていき最後感動してしまうこと間違いなしです。

2
N・H・Kにようこそ!

N・H・Kにようこそ!

大学中退してからずっと引きこもり、22歳無職の佐藤達広を主人公とした「NHKにようこそ!」

ヒロインである中原岬と出会い、そこから彼の生活に変化が出始めるが…。

原作小説と比べて登場人物や展開はやや違っており、終盤は全く違う展開となりますがこちらはGONZOの舵取りがかなり上手くいった作品と言えます。

この作品の口コミpickup

このアニメはまずオープニングがいいです。軽快なリズムとシンプルなメロディーなのですが、どこか心にしっくりくる音楽。それでいて、その一話を観たいなとおもわせてくれます。本編は何より岬ちゃんがかわいいです。ただ顔がかわいいだけでなく、引きこもりである主人公佐藤くんに対して、何とか引きこもりを脱してもらおうといろいろ策を練って助けようとする。でもその助け方は不器用で、しかも実は自分が一番助けられたがっている。岬ちゃんと佐藤くんの、ちょっとシリアスで愉快なあれこれが魅力です。

3
ソルティレイ

ソルティレイ

現代ではあり得ない技術で構成されている全身機械の少女、ソルティを主人公とするGONZOとAICの共同制作にしてオリジナルアニメ「ソルティレイ」

日常パートはホームドラマのような暖かい展開ですが後半は一転してシリアスで次々と物語の伏線が回収されていきます。

特にその最終回は感動。オリジナルアニメのGONZOと言われるだけあり、その良さを十二分に発揮した作品と言えるでしょう。

この作品の口コミpickup

予想できない展開と、怒涛のラストに感動できるSFアニメです。メインキャラクターであるロイは中年で頑固親父という珍しいタイプのキャラですが、ヒロインに振り回されたり、過去の事件について苦悩したり、と親しみがわきやすかったです。ヒロインは、容姿が少し今風ではありませんでしたが、素直で明るく好感がもてました。2人の絆が少しずつ深まっていくのが面白く、ラストで義理ながらも本当の親子の絆に涙することができました。ハラハラさせられる展開や戦闘など、動きもあるので、話数は多いですが最後まで楽しく視聴でき、オススメです。

4
フルメタル・パニック!

フルメタル・パニック!

原作は富士見ファンタジア文庫の大人気ライトノベルである「フルメタル・パニック」

第一期はGONZOで、第二期は京都アニメーションで制作されたというちょっと変わった作品でもあります。

秘密裏に武力で地球の紛争などを無くす活動をしている組織「ミスリル」に所属する軍曹、相良宗助がヒロインである女子高生、千鳥かなめを護る物語です。

GONZOより京都アニメーションの方が出来が良い、という方もいますがロボットの戦闘描写は個人的にはGONZOの方が好きですね。

この作品の口コミpickup

生まれた時から紛争地帯にいて、闘う事しか知らない、特殊軍隊「ミスリル」の軍曹、相良宗介がふつうの女子高生、千鳥かなめの護衛を任された為に、普通の男子高校生として転入した事から起きるドタバタを描く、ミリタリーロボットアクションものです。 とにかく面白いのが宗介の非常識ぶりです。 かなめの護衛に力を入れるあまり、いたずらをしようとしたかなめの友人に向かって、銃を持ち、突進したり、付け回すのがばれて、その事を隠す為に、何年も前の新聞を読んだり、電車から寸前に下車し、尾行をまこうとするかなめを追って、走っている電車からホームに飛び降りたりと、滅茶苦茶です。 それでも、「問題ない」の一言ですます彼の行動と、ツッコミをいれる、かなめとの掛け合いがおかしいです。 一応、筋はシリアスで、メカアクションもすごいのですが、何よりも、こういう滅茶苦茶な性格のキャラクターを作り上げた事に感動してしまいます。

5
瀬戸の花嫁

瀬戸の花嫁

原作は漫画、GONZOとAICの共同制作アニメ「瀬戸の花嫁」。

主人公の満潮永澄が瀬戸内海で助けた女の子は人魚の瀬戸燦。

人魚の掟では人間に姿を見られたらどちらかが死ぬか結婚しなければならないというモノであり、決断を迫られた主人公が選んだのは…。

ハイテンションとテンポの良い展開で押し切るギャグアニメであり、おそらくGONZO作品で一番笑える作品です。

この作品の口コミpickup

2007年4月からテレビ東京系で放送されたアニメです。全編2クールに加えて、のちにOVAもリリースされるぐらい意外に根強い人気作品でした。原作のほうは、木村先生の漫画になります。 特に、声優の桃井はるこさん演じる「瀬戸燦」というキャラが生き生きしてました。西讃地方の讃岐弁との相性がすごく良い。主人公には勿体ないぐらいの任侠&人魚ヒロインですね。それは人魚のように可愛くて、しかも時には凛々しく男気のあるセリフを吐いたりします。

オリジナルアニメは評価が高く、原作付き作品は上手く味付けしたGONZO作品を選んでみました。 これらの作品の影には上手くアレンジできなかったり作画が非常に厳しい感じになった作品も存在するので、やはり両極端さは否めないGONZOと言えます。

GONZO制作のアニメランキング!オリジナルアニメが勢揃いに関連する記事

エムキャス