暗い雰囲気がするアニメランキング。見ていてちょっと怖いかも

5014view

ホラーというわけではないのに、シナリオや世界観がどんよりとしていて観終わったら気持ちが沈む、ここではそんなアニメを紹介します。 展開としては割と鬱な感じを含みつつ、不条理でどうしようもない現実から逃れられない…そんな作品です。

1
人狼

人狼

セルアニメの極地と言われるほどの高い作画力が魅力的な劇場版アニメ「人狼」。

第二次大戦に敗北した日本がドイツ(この世界では日本とドイツが戦っている)に分割統治されている日本、というパラレルな世界を舞台に物語は繰り広げられます。

童話「赤ずきん」をなぞらえたように展開する本作の雰囲気は終始暗く、薄暗い背景や舞台設定が更に物語を暗く陰鬱なものにします。

前述したようにヴィジュアル面は非常に素晴らしく、またミリタリー的な要素もかなり強いので映像作品として楽しむこともできますが、それ以上に重いストーリーが心に刺さるので何度も観返すのはちょっと難しい、そんなアニメです。

2
ぼくらの

ぼくらの

15人の少年少女が地球を守る運命を背負わされ、ロボット「ジアース」に乗り込み戦う、アニメ「ぼくらの」。

ここだけ見るとよくあるロボットアニメっぽいですが、1回の戦闘を終える毎に操縦者が1人死んでいく、というとんでもない設定があります。

敵に負けたり、逃げた場合にはその敵により地球を破滅させられる、というなんとも理不尽な戦いに挑まなければならない少年少女が可哀想すぎます。

どうしようもないほど不条理で暗い世界観ですが、その世界観を表したようなオープニングテーマ「アンインストール」は本当にマッチしています。

観る人をかなり選ぶアニメ「ぼくらの」でした。

この作品の口コミpickup

漫画版の「ぼくらの」を読み、興味を持ったため視聴。細かい設定や残酷すぎるストーリーは一部書き換えられていましたが、それでも十分見応えのあるアニメでした。最近のアニメは視聴者にこびている感じが嫌いであまり積極的には見ていなかったのですが、ストーリーを通して自分の生き方や死生観を考えさせられる、良い作品だと思います。人が避けて通りがちな死という問題に向かい合う子供達の葛藤や結論は、見ていて感動すら覚えました。

3
エルフェンリート

エルフェンリート

人間の突然変異体である二角奇人(ディクロニウス)はその異常な力から隔離されていた少女ルーシーが事故の影響で脱走する、という展開のアニメ「エルフェンリート」。

脱走途中で記憶をなくし、浜辺で少年コウタと出会ったルーシーは「にゅう」としか喋れなかったために「にゅう」と名付けられ一緒に住むことになるが…。

本作を一躍有名にしたのがそのグロ描写と展開。ものすごい描写とシナリオで多くの人間が死んでいきます。女性も子どもも容赦なく死んでいきます。

リアルに描かれる残酷な描写はかなり精神的にキます。それに加えて日常パートと残虐パートの落差がデカいので更に気が滅入ります。

ただグロいだけでなく他に伝えたいテーマはあるのですが、その悲惨すぎる映像に耐えられなかったために視聴を打ち切った視聴者が当時どれだけいたでしょうか…。

この作品の口コミpickup

放送時期が2004年だったためか、今より更に過激な描写が多くあります。虐殺や拷問シーンがかなり多く、これほどまでに見る人を選ぶアニメは無いと思います。しかし、この作品の根幹にあるものは「いじめ、虐待、差別」といった社会問題です。 主人公やヒロインたちは、これらを経験あるいは直面しています。特にメインヒロインのルーシーは、壮絶ないじめや差別を受けていた過去を持っています。彼女たちが持つ問題に対し、どのように立ち向かうか、どのように解消していくかがこの作品のテーマでもあると思います。 原作の漫画とは別の結末をアニメでは迎えますが、こちらも納得のいく感動のできるストーリーでした。最終話は涙で映像が見えませんでしたから。

思い出すと気が滅入る、たまに観返すともっと鬱になる。そんな雰囲気が暗いアニメを紹介しました。 笑えたりする明るい作品もアニメですが、こういった作品が作れるのもアニメならでは、と言えるかもしれません。

暗い雰囲気がするアニメランキング。見ていてちょっと怖いかもに関連する記事

エムキャス