30代が懐かしいと思う傑作アニメランキング

4847view

思い出す昭和のあの日、そこにはアニメが共にあった…。 ちょっとノスタルジックな気分に浸れる、30代の方々が昔を思い出すようなアニメをここでは選んでみました。

1
めぞん一刻

めぞん一刻

一刻館という古いアパートに住む五代裕作と管理人の若い未亡人、音無響子を軸としたラブコメアニメ「めぞん一刻」。

一刻館に住む濃いキャラクター達と魅力的な女性である響子さんに憧れ一刻館に住みたいと思った方も多いのではないでしょうか?

五代君のような浪人生活、大学生活を夢見て上京を決意した…そんな方ももしかしたらいるかもしれない、懐かしのアニメでした。

この作品の口コミpickup

高橋さんの作品はどこかのジャンルに収まらない作風が多いです。恋愛もので、人情もので、ギャグもので、SFっぽさもあって、学園もので、でも大人の世界もちょっと覗かせて。それが変にリアリティをだし、フィクション性をも出しているようです。 めぞん一刻はそんな作風の代表作と言えると思います。リアリティたっぷりな設定ですが、出てくる人物は変な人ばかりで、フィクションぽく楽しめるけど、人情味たっぷりなひとたちばかりで素朴だけど人間のいいところをかき集めてくれている感じです。 最初は子供も楽しめる感じですが、大人向けかなっと大人になって思う作品だと思います。是非。

2
宇宙船サジタリウス

宇宙船サジタリウス

舞台は宇宙、中小企業で宇宙貨物船のパイロットとして働く獣人達を描いたアニメ「宇宙船サジタリウス」。

基本的には色々な星へ行って騒動に巻き込まれるという冒険アニメですが、家族のありがたさや命をかけて仕事に臨む男たちの姿に熱くなれるアニメです。

このアニメを見て育った方々も今はきっと30代。今、このアニメを見返すと色々と思う所があるかもしれません。

この作品の口コミpickup

設定はとても地味で主人公トッピー達の職業は宇宙船を使った運輸業のサラリーマンという未来的でありながら、地味に感じてしまう職業でした。 みな外見はカバの様なフォルムですが設定は地球人です。話数も長いので見所のあるアニメだと思います。 国を乗っ取ろうとしている国王側近の占い師を倒す話や行く先々の惑星で仲間になった吟遊詩人のシビップ、同じクルーのラナの好物がラザニアでこれによって ラザニアの存在を知った人は少なくないと感じます。当時はラザニアなんて世に出回っていませんでした。最近の子はすぐにわかるでしょうけど。 話も明るい話もあればミステリめいた話も多く、大人から子供まで楽しめる作品ではないでしょうか。 エンディングは阿久悠さんが作詞した夢後年という歌ですがそれもまた良い歌ですので是非とも聞いていただきたいです。 昨今のアニメは多くて13?23話ぐらいですが、全77話とかなりの見応えがあります。

3
未来警察ウラシマン

未来警察ウラシマン

1983年から2050年に飛ばされた青年で主人公のリュウが未来警察の一員となり犯罪組織ネクライムに立ち向かう姿を描いた「未来警察ウラシマン」。

基本的には軽いテンポの良いノリでドタバタを繰り広げるといった内容ですが、タツノコプロらしい凝ったメカやキャラクター1人1人が魅力的で視聴者を飽きさせません。

このアニメが放送された日から既に30年が経過し、2050年まではあと35年。少年が夢見たこのアニメのような未来の世界は…ちょっと来そうにないですね(笑)

4
きまぐれオレンジ☆ロード

きまぐれオレンジ☆ロード

原作漫画は週刊少年ジャンプ。超能力一家に生まれた春日恭介と鮎川まどか、檜山ひかるの3人の三角関係を描いた「きまぐれオレンジ☆ロード」。

「うる星やつら」などで大人気だったラブコメ系アニメであり、超能力という設定はあるもののほとんど3人の恋愛模様で物語は終始します。

ダブルヒロインという設定はその後の週刊少年ジャンプのラブコメ作品に大きな影響を与えたと言えるでしょう。

5
鎧伝サムライトルーパー

鎧伝サムライトルーパー

妖邪帝王・阿羅醐に立ち向かう5人の美少年の姿を描いたアニメであり、男性より女性ファンを惹きつけた事で人気を集めた「鎧伝サムライトルーパー」。

相乗効果で彼らを演じた男性声優も人気が出た事から一大ブームとなりました。

ちなみに、放送事故で間違って前回放送した回を流してしまった、伝説の放送事故アニメでもあります。

今回紹介した作品は30代の方が微妙に覚えていなさそうで覚えていそうな、脳みその端をくすぐるようなアニメですが、いかがでしたでしょうか? 在りし日の光景と共に記憶を蘇られせてくれる、懐かしのアニメでした。

30代が懐かしいと思う傑作アニメランキングに関連する記事

エムキャス