ライトノベル原作のアニメランキング!ラノベ独特の展開を楽しもう

3238view

90年代中頃より本格的に流行り始めたライトノベルのアニメ化。 かつては富士見ファンタジア文庫の1強体制でしたが2000年代に入ると他社が勢力を伸ばしその様相は一変しました。 そんな群雄割拠のラノベ界から、ここではライトノベルからアニメとなった作品を色々と紹介します。

1
フルメタル・パニック?ふもっふ

フルメタル・パニック?ふもっふ

京都アニメーションが初めて手がけたアニメにして最高傑作とも言われる「フルメタル・パニック?ふもっふ」

富士見ファンタジア文庫のライトノベルを原作とする人気作品「フルメタル・パニック」はシリアスに展開するストーリーもののロボットアニメですが、こちらはシリアスな面が全くない短篇集を集めた軽く観れる作品となっています。

主人公、高良宗助の天然ボケっぷりとヒロイン、千鳥かなめの切れ味鋭いツッコミが光る、学園ギャグアニメです。

この作品の口コミpickup

このふもっふ作品ではシリアスな内容はありません。日常系のギャグを濃縮したものになっています。 しかし、ただのギャグではありません。 なんせフルメタの世界のギャグですから「宗助のキャラ、設定」をいかしたギャグを惜しげもなく披露してくれます。 そしてそれがいいスパイスとなってちどりとの距離感が縮む話がとても印象に残るものになったな、と私は思います。 ただ、テスタロッサ艦長ファンの人も心配なく!艦長がでる話もあるので!(2話分くらい)

2
涼宮ハルヒの憂鬱

涼宮ハルヒの憂鬱

角川スニーカー文庫から出版されたラノベをアニメ化。深夜アニメ、そしてライトノベル原作のアニメ化ブームの火付け役として知られる「涼宮ハルヒの憂鬱」

ヒロインである涼宮ハルヒが創立したSOS団が遭遇する非日常を描く学園SFアニメとなっています。

タイトルは「涼宮ハルヒの憂鬱」ですが主人公はハルヒでなくそれに振り回されるキョンであり、彼の周りにいる特殊能力を備えた訳アリな人々とのやりとりが楽しいアニメとなっています。

この作品の口コミpickup

涼宮ハルヒの憂鬱を見始めたきっかけは曲でした。ED曲を歌って踊るというのが斬新だったし、曲が耳に残って離れなかったです(笑) 見始めた頃は絵がすごく綺麗で、キャラソンも含め歌が面白いという印象でした。 すごく印象に残っているのはGod knowsを歌った文化祭の回ですね。 女の子キャラならハルヒ、長門、ミクルのメインキャラ3人も好きですが、鶴屋さんが個性的で好きでした。 願いが全部叶ってしまうの力を持っているハルヒを取り囲む日常と非日常が入り乱れる感じがよかったです。

3
住めば都のコスモス荘 すっとこ大戦ドッコイダー

住めば都のコスモス荘 すっとこ大戦ドッコイダー

コスモス荘というアパートで暮らす人々と宇宙人の日常を描いたアニメ「住めば都のコスモス荘 すっとこ大戦ドッコイダー」

バイトを探していた主人公で専門学生の桜咲鈴雄がスカウトされ変身ヒーロー「ドッコイダー」になってしまう。

宇宙犯罪者を捕らえるために戦う羽目になり、彼をスカウトしサポートするタンポポと共に戦う…という内容。

全体的にコメディテイストでなんとなーく視聴することができるので、特に肩肘張らずに観れるアニメの代表格とも言えます。

電撃文庫から出版された原作ライトノベル、アニメ、漫画と描かれる内容がそれぞれ違うのでどの媒体でも楽しむ事ができる作品でしょう。

この作品の口コミpickup

玩具会社が開発したパワードスーツテストのアルバイトとして採用された主人公の戦いと日常生活を描いたコメディ系の作品です。 正義の味方である主人公やライバル会社の女性、悪役達はいつも変身して戦っていますが、実は同じ建物に住むお隣さん同士。ところどころでどう考えても、お互いが正体がわかってしまいそうなのに、お互いの鈍感さでギリギリ助かるという展開が多くて、「またこの展開かー!」とわかっていながら、なんとなく笑ってしまいます。戦闘方法などもコミカルで、比較的昔の作品ですが、息抜きとしては楽しくみられるアニメ作品です。

4
R.O.D -READ OR DIE-

R.O.D -READ OR DIE-

主人公は読書狂、集英社スーパーダッシュ文庫よりアニメ化した「R.O.D -READ OR DIE-」。

「紙使い」と呼ばれる紙を自由に操る能力を持つ大英帝国特殊工作部に所属するエージェント、読子・リードマンが本作の主人公。

本が好きで好きで堪らない読書狂の読子がエージェントとして大活躍する姿が描かれます。

OVA全3巻と短いながら内容はハイクオリティなのでサクッと観れるオススメアニメです!

5
狼と香辛料

狼と香辛料

原作は電撃文庫より出版されたラノベ、行商人ロレンスと狼少女ホロが中世ヨーロッパのような雰囲気の世界を旅をするアニメ「狼と香辛料」

美しい背景や街並みを楽しめる本作ですが、物語のメインテーマは商業。簡単な経済学も学ぶことができるお勉強アニメとしての側面も備えています。

ゆったりとした世界観で描かれるロレンスとホロのやりとりが楽しく、また魅力的なので楽しく旅をしている感覚に浸らせてくれます。

この作品の口コミpickup

本作品は2008年に第1期が放送され、さらに2009年には第2期が放送されました。原作はライトノベルのファンタジー作品になりますが、もちろん電撃小説大賞の銀賞受賞作としても有名かもしれません。 まるで中世ヨーロッパのような世界観。そして経済学を絡めた各話ごとのストーリーも重厚ですけども、とりあえず賢狼ホロの一人称「わっち」に癒されてください。特に福山潤&小清水亜美のコンビが好きな方にもおススメかもしれません。

今やラノベ原作アニメは非常に多く、それを基本的には1クールで完結させなければならないのは制作側はかなり大変でしょう。 視聴者として観ている側も本数が多いと大変ですが、作る側はもっと大変なんだろうなぁと思わずにはいられない、ラノベ原作アニメでした。

ライトノベル原作のアニメランキング!ラノベ独特の展開を楽しもうに関連する記事

エムキャス