タイムスリップアニメランキング!未来や過去へと行ったり来たり

6668view

アニメや映画ではありがちですが実際は未来永劫無理だと思われる時間旅行。 現実では無理ですが人類の夢の1つであるタイムトラベルはアニメなら可能。 アニメを観てそのふしぎな世界観に浸りましょう!

1
Steins;Gate

Steins;Gate

同名のゲームをアニメ化したSFアニメ、「STEINS;GATE」。

2008年に放送された「CHAOS;HEAD」の続編であり、大人気となったために本作は劇場アニメ化もされました。

秋葉原で小さな発明サークルを営む大学生、岡部倫太郎たちが偶然にも発明したタイムマシン…のようなもの。

このタイムマシンのような発明品がありふれた日常を思いもよらぬ方向に変えていく、そんな作品です。

よくあるタイムトラベル作品とは違い、簡単に過去や未来へ行くという機能ではなく、また物語はこの謎の発明を追ったモノになっています。

序盤は日常をコミカルなタッチで描いていますが、中盤以降はシリアスで本格的なSF方向に進んでからはもう目が離せません。

この作品の口コミpickup

原作のボリュームが膨大だったので2クールという枠ですら足りないんじゃないかと思いましたが、良くまとまっていたと思います。ダブルヒロインのうちの一人、紅莉栖の作画が原作のイメージと違ってなじみづらかったこと、尺が足りなくてアニメから入った人にはやや説明が足りなくてわかりづらい部分があったのではないかというところで評価を4にしていますが、原作以上によい演出になっていたところもあり(9話のラストはほんとによかったです)、主題歌のスピード感など、非常によくできていたと思います。主人公が幼馴染のまゆりのことを大切にしている様子が原作よりずっと丁寧に描かれてあって、ただの中二病だった原作よりずっと好感が持てました。最後は本当に感動する話なのですが、なにしろ主人公が一癖ある中二病患者で、2ちゃんねる用語なども思いっきり出てくることもあり、入り込みづらいのが難点のアニメです。でもそこをクリアできれば多くの人はきっと主人公を応援したくなったり、好きになったりすると思います。ぜひ、最初の最初で挫折せず、1クールだけでも見てから判断してほしい作品です。

2
映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦

映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦

最強の幼稚園児、野原しんのすけとその一家が戦国時代にタイムスリップする「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」

舞台となるのは1574年、戦国時代まっただ中。そこで出会う青空侍こと井尻又兵衛をしんのすけが救った事で城へと案内されることになり…。

本作はTVをシリーズのような「クレヨンしんちゃんらしさ」がかなり薄められた作品ですが、その分時代考証やシナリオはかなりしっかりしています。

長槍や投石といった大河ものなどではあまり描かれないリアルな合戦を壮大なスケールで描いており、タイムスリップものでもあるのですが時代劇ものとしてもかなり高い評価ができる作品です。

そんなガチガチの本気で描写される戦国時代にレトルトカレーやビールを積み込み、合戦にも車で参戦する野原一家がかなり異端で笑えます。

3
時をかける少女 (アニメ映画)

時をかける少女 (アニメ映画)

どこか懐かしい感じの夏を舞台にした傑作SF青春アニメ「時をかける少女」

ある日突然、過去にタイムリープできる能力を手に入れた女子高生の紺野真琴。

タイムリープというとんでもない力を手にした割には彼女の能力の使い方は純粋と言うか可愛らしくものが多いのです。

コミカルに描かれる前半とは違い中盤あたりから物語は段々と恋愛劇といった感じにシフトします。

タイムスリップもの、と言うよりはどちらかというと真琴の成長と思春期特有の出来事を描いた青春ものという色合いが強いかもしれません。

それと、作品の内容に抜群にマッチした奥華子さんの「ガーネット」は名曲です。

この曲を良い雰囲気で聴くためだけに映画鑑賞するのも全然アリだと思います。

様々な描かれ方をするタイムスリップ作品ですが未来に行く作品は過去へ行く作品と比べるとそれほど多くはない感じもします。 過去へ行って既に皆が知っている歴史などに絡めた方が作品として面白いから、と言うと身も蓋もない気がしますが、現実的な可能性としては過去に行ける可能性はない、と物理学の権威であるホーキング博士は言っております。 光速を超える術を人類が手に入れたらもしかしたら未来へは行けるかも、という説もありますが…そんな日、来るんですかね?

タイムスリップアニメランキング!未来や過去へと行ったり来たりに関連する記事

エムキャス