未来を舞台にしたアニメ!こんな未来がいつか来る?

3119view

小説や映画でも未来を舞台にした作品はたくさんありますが、その描かれ方は希望にあふれているモノ…ばかりではないです。 アニメでもそこは割とシビアに、それでいて夢を感じさせる設定は多く見受けられます。 そんな希望も憂いもある未来を舞台に描かれるアニメをここでは特集します。

1
電脳コイル

電脳コイル

202X年、電脳メガネと呼ばれる眼鏡型コンピュータが小学生の間で大流行した近未来を舞台に描かれるNHKアニメ「電脳コイル」

そんな世界では電脳ペットや電脳空間といった近未来的な設定が次々と登場します。

電脳メガネの普及から小学生が簡単にネット犯罪を起こすような世界となっており、なんだか現実世界もそれを後追いしそうな感じがします。

ちょっと難解なストーリーなので、繰り返し観ると面白さを噛みしめることのできるアニメでしょう。

この作品の口コミpickup

メガネがパソコンで、小学生がそれを使ってバトル(?)したり、授業中にこっそりしてる悪さもなんか桁違いな感じになってて、こんな感じで小学生時代すごしてたら楽しそうかも??と思ったりしました。メガネかけていないと見えない電脳ペットとか、電話をかけるときは指電話で通話できるとか、実際にあったらおもしろそうなポイント満載でした。話自体もやったらめったら殴って戦うとかいうのではなく、友達関係の悩みとか現実にもありそうな雰囲気もあって絶妙な感じだなーと思います。

2
攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX

西暦2030年、脳に注入されたマイクロマシン経由で脳と外部世界を直接接続する技術「電脳化」が一般化された世界を舞台に描く「攻殻機動隊 S.A.C」

多様化、複雑化する犯罪に対抗するために結成された警察組織「公安9課」の活躍を描いた近未来SFアクション作品です。

社会問題や移民問題など現実に起こりうる問題にも焦点を当て、日本人に人気のある警察を描いた作品として評価も高いです。

なんとも未来的で可愛い思考戦車タチコマにも癒やされる名作です。

この作品の口コミpickup

絵がとても美しく、洗練された大人のアニメと言う感じです。不思議な感覚のある音楽もスタイリッシュでとても格好よく、これ以上ないほどこのアニメに合っています。機械音痴のせいか内容は少し難しく、ちょっと目を話してしまうと分からなくなることもあり、未来のお話なので色々と把握するまでに時間がかかりました。それでも好きで何度も見たくなるアニメです。どのキャラクターも声が合っていて魅力的で好きですが、タチコマの可愛さや健気さにやられます。

3
未来少年コナン

未来少年コナン

西暦2008年に核兵器を超える兵器として登場した超磁力兵器によって引き起こされた戦争により世界は半壊。

人類のほとんどが滅亡し、都市は海の底に沈んだというショッキングな世界観で繰り広げられる「未来少年コナン」

物語開始はそれから20年後の世界であり、主人公で野生人のコナンと少女ラナの冒険が描かれます。

すごい高い所から落ちても平気で助かったりと、どんなピンチに陥っても何とかしてしまうコナンの超人っぷりに注目です。

この作品の口コミpickup

宮崎駿さん初監督の作品で宮崎アニメの世界がたっぷりのアニメです。 核戦争後の世界で、ナウシカの世界に似ています。 登場人物はラピュタに似てる気がします。 話の内容は決して明るいものではありませんが、コナンの人間離れしたキャラクターがとても面白く見ていて楽しかったです。 普通のアニメというよりメッセージ性のある、大人になってもまた見たいと思わせるアニメですね。 船や飛行機、ロボットなど宮崎駿らしくて懐かしく独特の世界に惹かれました。

4
銀河鉄道999

銀河鉄道999

地球から遠く離れた星へも自在に行けるようになった未来を舞台に展開するSFアニメ「銀河鉄道999」。

裕福な人間は自らの身体を機会化することで寿命を伸ばし、肉体を機械化できない貧乏人は生身の身体での生活を強いられている、二分化した世界が暗さを感じさせる本作。

主人公である星野鉄郎は絶世の美女メーテルと機械の身体をタダで入手できる惑星アンドロメダを目指し旅します。

現実の問題として存在する貧富の問題が根幹にあるという意味では、楽しく見れるSFアニメの傑作とは言え考えさせられる事は多いです。

5
勇者特急マイトガイン

勇者特急マイトガイン

舞台は昭和125年、高校生で主人公の旋風寺舞人がかつては東京湾と呼ばれたヌーベルトキオシティを守るためロボット「マイトガイン」を駆り戦う「勇者特急マイトガイン」。

突然石油が枯れたために化石燃料が用をなさなくなり、電力を動力とした電車が交通の主流となった、という舞台設定がかなり突飛…のように思われますが、石油の枯渇は可能性として0ではないので割と現実的な話かもしれません。

というか、燃料云々の前に昭和125年という設定が凄いです。

ブっ飛んだ世界観からごく間近に迫った未来など、様々な未来アニメを紹介しました。 行き過ぎた科学が人類にとって本当に良いものになるか、悪いものになるかはわかりませんが、アニメでは起こり得るだろう問題点が割と描かれている、そんな印象のある未来を舞台にしたアニメでした。

未来を舞台にしたアニメ!こんな未来がいつか来る?に関連する記事

エムキャス