スポコンアニメの名作ベスト3!流した汗の分だけ強くなる!

3714view

最近では科学的なトレーニングや練習方法が確立したために、過度なシゴキは体罰とも言われるような時代。 そんな中、アニメでは古くからとんでもない練習方法で努力を重ね、強敵たちと戦ってきた主人公達がいます。 最近ではめっきり少なくなった、そんなスポ根アニメをここでは紹介します。

1
はじめの一歩

はじめの一歩

週刊少年マガジン看板漫画の1つにしてボクシング漫画の代表作「はじめの一歩」。

原作漫画は現在も続いており、今や100巻を超える長い長い物語となっています。

いじめられっ子の高校生、幕之内一歩が後の世界チャンピオン鷹村守と出会った事でボクシングを知り、人間としてボクサーとして成長する姿を描いたボクシングアニメです。

アニメならではの演出は漫画では出せない迫力となっており、そのスピーディーに展開するボクシング描写は見事です。

ボクサーとして目覚めた幕之内一歩は練習の鬼。持ち前の根性と努力の積み重ねで戦う真っ直ぐなファイトスタイルを武器にしており、最近多い「天才型」とは全く違います。

日々の練習はきっと実を結ぶ、そう思わせてくれるようなアニメ「はじめの一歩」でした。

この作品の口コミpickup

いじめられっ子の主人公が、「強くなりたい」の一途な思いにボクシングを通じて成長していく姿が感動的です。 特に、毎試合の内容は大変奥深く、最後の最後まで諦めない主人公のボクシングに対する覚悟は見習うべきものがあります。 また、その他のキャラクターも面白くもあり、感動ありとすごく、ストーリーがマンネリ化することなく見入ってします展開が最高です。 母の為に頑張る主人公を見ていると自分を母親孝行しようと思います。

2
アンパンマン

アンパンマン

スポ根アニメを日本に根付かせたと言っても過言ではないスポ根ものの代表作、「巨人の星」

ローカル局や衛星放送などでもよく再放送している上によくパロディネタにもなるのでその知名度は非常に高いです。

主人公、星飛雄馬がライバル花形満や左門豊作たち切磋琢磨し、プロ入団後も熱い対戦を繰り広げます。

野球の鬼であり父親の星一徹の指導で幼少時は大リーグボール養成ギプスをはめられ、まるでロボットのように野球に打ち込まざるを得ない飛雄馬には同情します。

汗と涙にまみれたスポ根ものながら、割と理論的な面もあるのが印象的なアニメ「巨人の星」でした。

この作品の口コミpickup

小さい頃から見ていたアンパンマン。毎日、見るのが楽しみでTVに釘付けになっていました。最近ママになって子供と一緒に見ています。私が見ていた頃からいくと約25年くらいたった今でも見られているアニメって本当素晴らしいですね。いろんな世代の人達が一緒に見れるアニメ、みんながとおるアニメ。最近娘と見るようになって自分が見ていた頃を思い出したものです。 これからも変わらず受け継がれていくアニメ。大事にしないといけないですね。 バイキンマンといういたずら役も実はやさしい面もあるただのはずかしがり屋な所も笑ってしまいます。小さい子にこれはやったら駄目だよ、悲しむよ、とかが分かりやすく構成されています。最後はアンパンマンンが助けてくれる!とヒーローの一面がいつみても楽しくみさせてもらってます。

3
みどりのマキバオー

みどりのマキバオー



非常に珍しい競馬アニメである「みどりのマキバオー」

主人公は競走馬として生まれながら、まるで犬のような体格をしたうんこたれ蔵(競走馬としての名前はミドリマキバオー)

努力と根性の熱血スポ根ものと言える作品であり、アニメ化するにあたっては原作とは若干設定や展開が変更されています。

競馬はその血統が馬の全てを決める。よく血のスポーツと言われますが、実はこのミドリマキバオーも血統はものすごく良いです。

そんなマキバオーが体格のハンディを乗り越えて一流の競走馬へと成長する物語なのですが、その調教(練習)方法は時としてとんでもないモノがあります。

木々が生い茂る雪山の頂上から落としてその合間を縫って走らせる、流れの速い川を逆らうように泳がせる…など滅茶苦茶なモノも。

時にコメディテイストに、時にシリアスにと熱さと笑いを兼ね備えるスポ根アニメ、それが「みどりのマキバオー」です。

この作品の口コミpickup

マキバオーが話が進むごとに進化していく過程がアニメを見ていて面白い点です。 マキバオーがどんどん勝負を意識していくようになるのがストーリーを見ていくごとに楽しくなります。 またマキバオーの豊かなリアクションも見ていてとてもいいです。犬山犬子さんが役の声優をやっているだけあってのほほんとした感じがとても伝わってきます。 チュウ兵衛とマキバオーのコンビネーションもまるでドラマのような展開と感じて、そこのストーリー性も見ていて面白いです。

並み居る強豪たちをひたすら努力して倒す。 日本のスポーツ文化の根性論はもしかしたらこれらのアニメが元となって作られた面もあるかもしれません。 アニメはアニメ、どうしても超えられない壁ってのもあるんですけどね…。

スポコンアニメの名作ベスト3!流した汗の分だけ強くなる!に関連する記事

エムキャス