GO!プリンセスプリキュア登場人物の私服姿まとめ。過去プリキュアとの違いは?

ゴージャスなドレスアップでかわいく変身する『GO!プリンセスプリキュア』の女の子たちですが、プリキュアとしての姿だけでなく、私服姿もイマドキ風にとてもかわいく描かれています。 今回は『GO!プリンセスプリキュア』のプリキュアたち、キュアフローラの春野 はるか、キュアマーメイドの海藤みなみ、キュアトゥインクルの天ノ川 きらら、それぞれの私服を紹介するとともに、歴代のプリキュアと違って、どういう変化があったのかについてもご紹介します。 かわいらしい彼女たちの私服のポイントはいったい何なのでしょうか。

1.春野はるかの私服

花のプリンセスらしく、花をイメージした桃色の格子柄の服格好をすることが多く、そのピンク色が春野はるかの笑顔のかわいさを際立たせています。胸元のフリルとネックレスが女の子らしさをアピールするポイントです。

またベルトを巻くことでスタイルの良さをアピールしています。
華やかなお嬢様を演出しながら元気さも感じさせる、活発なお嬢様スタイルです。

2.海藤みなみの私服

容姿端麗で三つ編みの似合う、育ちもお嬢様の海藤みなみの私服は、完全なお嬢様スタイル。

青を基本とし、全体的に落ち着いた印象。
胸元のフリルが令嬢ならではの育ちの良さを醸し出しており、またタイトスカートは上品さとともにスタイルの良さも見せています。
まるで音楽の先生のような、令嬢スタイルです。

3.天ノ川きららの私服

人気モデルの天ノ川きららは、ファッション雑誌に掲載されるだけあって流行を先取りしている女の子スタイルです。

肩と胸元が大きくあいているオフショルダーと、足を長く見せるハイウエストのショートパンツが天ノ川きららのセクシーさを演出しています。
靴も厚底のサンダルと、流行先取りのおしゃれさんです。

ちなみに、カチューシャは私服では紫色、制服では黄色と分けています。

4.歴代のプリキュアの私服と比べて

今までのプリキュアは、普通の女の子が着るようなアパレルが中心だったようです。中学生にとっては海藤みなみのようにおしとやかで大人びた服装は珍しいかもしれません。

プリキュアの中にお嬢様が一人いるかどうかというところでしたが、プリンセスプリキュアは今までとは違い、全員お嬢様なので今までとは一風変わった印象を受けます。

5.ふりふりした服とは一変

GOGOプリキュアやドキドキプリキュア、ハピネスチャージプリキュアなどでは、スカートがふりふりしている、女の子のかわいらしいチャームポイントが多い印象でした。

しかしプリンセスをコンセプトにしたプリンセスプリキュアでは、全体的に少し年齢の上がった服装が多いようです。
小さい女の子も服装を気にするようになったからでしょうか。

私服からもわかるとおり、プリンセスプリキュアでは今までのイメージから一変しており、私服も今までと趣向が違っています。

キャラクターのイメージカラーを生かしつつ、ちょっと控えめなはるか、令嬢で大人びたみなみ、モデルそのもののきららとそれぞれの性格と特徴が私服にも反映されています。

プリキュアのキャラクターの着る服が、今の女の子の主流を表しているのかもしれません。

エムキャス