折原臨也(いざや)のセリフがカッコイイ!ナイフの使い手【デュラララ!!×2】

折原臨也(おりはらいざや)は『デュラララ!!×2』のメインキャラクターの1人です。 クールな2枚目で謎が多い所がダークヒーロー的で大変に魅力的であり、そんな雰囲気を引き立てるかのように情報屋というヤバイ仕事もしています。 主人公セルティ・ストゥルルソンの「首」と深く関わり池袋という街で何をしようとしているのか、謎多き情報屋・折原臨也についてまとめました。

1.新宿で情報屋を営む男

175cm、58kg、23歳の折原臨也。
東京の隅々にまでアンテナを張り巡らせ、裏社会に精通した新宿を拠点にする情報屋です。

また、道を歩けばだれもが振り返るモデル級の容姿を持った美青年であり、そういうルックスなのでやはり女性アニメファンからはとても人気です。

双子の妹・折原九瑠璃と折原舞流は美人ですが変人で臨也は苦手としています。

肉親である妹たちも他人と同じだと突き放した言動をするかと思えば折にふれて気遣ったり保護するなど照れ屋な一面もあります。

2.パルクールとナイフ術の使い手

トレードマークの黒いコートにはフードが付いているものを愛用しています。

情報屋は危険が付き物なので護身用にナイフをいつも身につけており、またパルクールという体技を習得していて身軽なところも見せます。

乱闘シーンで相手の攻撃を軽快に避けるのはこのパルクールで鍛えた運動能力の賜物であり、ライバルである平和島静雄から逃げるために鍛え上げたそうです。

3.謀略家

表には顔を出さず、姿を隠して謀略を企み暗躍することを好みます。

「人類を平等に愛していて趣味は人間観察である」と事あるごとに語りますがその真意は不明。

主人公、セルティ・ストゥルルソンの「首」を所有しているなど物語の核心に関わる人物であるのは間違いなく、ミステリアスな雰囲気を感じさせる佇まいです。

情報屋を営んでいるだけあって、過去のことも含めて森羅万象あらゆることについて詳しい人物です。

また策略家らしいセリフも多くそれがカッコイイという人も多いようです。

4.折原臨也が唯一嫌悪する対象とは?

折原臨也が唯一嫌うもの、それはライバル・平和島静雄。

これは常日頃語っている「人類を平等に愛していて趣味は人間観察である」との発言と矛盾しますが、これについては、唯一人の例外であると説明しています。

学生時代からお互いを憎悪しており、その関係は歳を重ねても同じようです。

5.人類愛を貫く男、折原臨也

折原臨也は人類愛を貫き特定の人物への特別な思いを持たない主義だ、と常日頃から言っています。

が、ただ一人の友人・岸谷新羅を裏切ることになると知ったときには悔やみの気持ちを隠せずに冷静さを失ったり、妹達の危機を事前に知ったときには何とか防ごうと手を尽くすなど複雑な思いを隠しているようです。

実は割と人間らしい所もあるので、そこが普段の雰囲気とギャップとなって萌える!という方も多いようですね。

ダークヒーロー的なキャラは物語において憎まれ役となる事が多々ありますが、折原臨也と言うキャラは作中では敵が多いですが、平和島静雄と並んでファンからは絶大な人気を誇るキャラでもあります。

池袋という危険な街で何をしようとしているのか?
永遠のライバルである平和島静雄とは、この後どんな対決をしていくのか?
この先の展開も非常に気になる折原臨也というキャラクターですね。

エムキャス