霧矢あおいが超かわいい!衣装も性格も良いけど口癖は「穏やかじゃないわね」【アイカツ!】

アイカツ人気投票では毎年のようにランクインしている、青髪のサイドポニーがトレードマークの霧矢あおい。 アイカツの第1話から登場する数少ないキャラクターのひとりで、自分の夢を探していた星宮いちごのアイドルへの第一歩を後押しする重要な役割を果たしました。 またスターライト学園入学後も、右も左もわからない星宮いちごを細かにサポートするなど、霧矢あおいはアイカツにとって欠かせない存在といえます。 今回はそんな霧矢あおいの特徴や性格をまとめてみました。

1.生粋のアイドル博士

霧矢あおいは小さな頃から生粋のアイドル博士。一度みたアイドルは絶対忘れず、アイドルのコレクションアイテムは保存用とは別に布教用も集めています。

アイカツのストーリー内では解説や説明などにこの特徴は活かされています。

制作側にとっても欠かせないキャラクターと言えるかもしれません。

2.アイドルとしても才能あり

ただのアイドル博士ではないのが霧矢あおいの魅力。彼女はアイドルとしての才能も持ち合わせています。

ただこれは天性の才能というわけではなく、小さな頃からアイドルとしてのトレーニングを積んでいた努力の賜物です。

3.口癖は「穏やかじゃないわね」

霧矢あおいの口から何かにつけて飛び出すセリフ。

初出は第1話までさかのぼります。最初は普通の意味で使われていた言葉ですが徐々にその使い道は多様化し、ときには使い方を間違えているシーンも。

彼女の可愛らしい一面です。

4.熱い食べ物は苦手

猫舌のため熱い食べ物、飲み物が口にできません。そのため彼女がよく食べているのはサンドイッチ。これも「穏やかじゃないわね」というセリフ同様に彼女の可愛いポイントです。

こういった弱点がひとつふたつあるほうが人間味があっていいですよね。

5.星宮いちごのファン1号

ファンの間では有名な話ですが、第1話で星宮いちごのアイドルとしての才能を見出し、スターライト学園入学前から彼女のファン1号を自称します。

のちに大人気アイドルになったことを考えると、彼女のアイドルを見る目は確かなものでした。

アイドルについて何も知らない星宮いちごが立派なアイドルになるまでを描いた初期のアイカツ。そんな彼女を支えるがごとく、アイドル博士でありがながらアイドルとしての才能も持ち合わせる霧矢あおいの存在はアイカツには必要不可欠です。

また、主人公である星宮いちごのサポートキャラとしてのみならず、自らもアイドルとして輝く霧矢あおい。

そんな彼女の人気はとどまることを知らず、主人公の世代交代後も着実にファンを増やしています。

エムキャス