塔城小猫が貧乳ロリかわいい!怪力なツッコミ役【ハイスクールDD】

2012年にアニメ化されて以来、その過激なアクションとエッチなお色気描写で話題となった「ハイスクールDD」。 人気ライトノベルを原作にした本作は、バトルアクション・アニメとしての特色と同時に、主人公・イッセーを囲む美少女たちが恋の鞘当てを繰り広げる「ハーレム・アニメ」としての性質も持っています。 その中でも今回は、小さな体でイッセーと世の大きいお兄さんたちを惑わす、塔城 小猫(とうじょう こねこ)の特徴に迫ってみます。

1.塔城小猫のプロフィール

身長138cm、体重31kg。3サイズは67/57/73と、超小柄でいわゆる「ロリっ子」。
駒王学園の1年生で、オカルト研究部の部員として名を連ねています。

元は妖怪の「猫又」のため、猫耳を持っています。

2.貧乳にコンプレックスを持つロリ少女

あまり感情を表に出さず口数も少ないですが、時に強烈な毒舌を吐くことも。

幼児体型と小さなおっぱいにコンプレックスを持っていますが、学園ではマスコット的な存在としてロリ美少女好きな男子たちから絶大な人気を誇っています。

3.小さいけれど怪力

小さな体躯からは想像もつかないような怪力の持ち主。加えて猫又としての能力と仙術を駆使し、位置探査や治癒能力に長け、戦闘力を向上させることも可能。

しかし、グレモリー眷属の中で自身が最弱なのでは、と悩んでいたことも。

4.姉との確執

猫又時代、姉の黒歌が主を殺して逃亡したためにその責を問われて処分されそうになった過去を持っています。

サーゼクスに救われた後はリアスの眷属悪魔となり、小猫と名づけられます。
ランクは「戦車」。転生前の名前は「白音(しろね)」。

5.ツッコミ役?

いつも何かを食べている食いしん坊。イッセーが卑猥なことを考えていると、容赦なく殴って突っ込みを入れるツッコミ役です。

レイヴィルとはイッセーを巡って恋のライバル同士。しかし本来仲間思いの性格のため、本気でケンカすることはありません。

転生後も実姉の黒歌とは、わだかまりを持ち続けていた小猫。しかし、姉が所属するヴァーリチームと共闘するうちに、姉のことも信頼するようになりました。

現在では弱い自分を克服するべく、姉から仙術と同時に妖術も習っています。

イッセーのことは、黒歌に攻撃された際に体を張って守ってくれたときから意を寄せるようになりました。

彼の膝の上に乗ったり逆プロポーズをしたりと積極的にアプローチしていますが、小猫の恋はどのような結末になるのでしょうか。

エムキャス