ノリスケ(波野ノリスケ)が実はエリート!26歳のお調子者サラリーマン【サザエさん】

「サザエさん」は、日本で一番見られているアニメだと思いますが、登場人物の設定などを詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか? 磯野波平をはじめとする磯野家のキャラクター以外のキャラクターならば尚更だと思います。 そこで、今回は磯野波平の甥であり出版社に勤める波野ノリスケについてご紹介します。

1.ああ見えて年齢は26歳

実家は九州の博多で、磯野波平の妹である波野なぎえの5人の子どもの1人として生まれました。

年齢は26歳、出版社に勤めていてアニメ版では磯野家の隣に住む小説家・伊佐坂先生の担当になっています。

タイ子とお見合い結婚をして、その後タラちゃんをもうけます。
結婚前は磯野家に居候していましたが、結婚後は「東アパート」に家族三人で仲睦まじく暮らしています。

サザエさんの登場人物はみんな老けて見えますが、ノリスケの26歳と言う設定もかなり若く感じる設定ですね。

2.楽天家

細かいことを気にせず、いつも悠長に構えている楽天家です。

ちゃっかりしているところがありますが、表裏のない朗らかな性格なので本気で嫌われている、と言うことはないようです。

アニメに限らず現実世界でもそうですが、ノリスケのような明るい性格で愛嬌を感じさせるキャラクター性の人間は得ですね。

3.いたずら好き

かなりのいたずら好きで、古い傘を改造して傘お化けになってカツオとワカメを脅かしたり、街の食堂で食後、どんぶりの下にお金を隠しておいて食い逃げを装ったりしたことがあります。

磯野家に迷惑をかけた場合は、タイコさんが謝ることが多いです。
こういう人は笑って許してもらえるタイプなのでしょうね。

4.ちゃっかり者

ご存じの方は多いと思いますが、ノリスケはかなりのちゃっかり者です。
磯野家でメロンやすき焼きなどの贅沢な食べ物が食卓に上がる時には高確率でやって来て、当たり前のように一緒に食卓を囲んでいます。

ネット上では「ハイエナ」などの呼び名で愛され(?)るノリスケです。

5.会社では最も信用されている

勤務態度は非常に真面目ということもあり、ノリスケが勤務する出版会社では(意外なことに)一番信用されている社員となっています。

普段の態度からはなかなか想像しづらいですが、これは彼の仕事スイッチのON/OFFが上手い人間であるということの証拠かもしれません。

必要以上にストレスを溜め込まず、締めるべき所はしっかり締めて社会的信用を得る…もしかしたら人間として理想的な姿の1つなのかもしれませんね。

出版社というかなり良い会社に務めており、更にそこで信頼されているとは実はノリスケはエリート社員だったようです。

自分から飲みに誘っておいて奢ってもらうなど、ちゃっかりしていながら笑って許してもらえる波野ノリスケ。

現実世界でも上手く生きていく上ではノリスケみたいにいつもニコニコしていることは大切なのかもしれませんね。

エムキャス