城廻めぐりの癒し系かわいさが半端じゃない!さすがの生徒会長【やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。】

ガガガ文庫の大人気ライトノベル「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」の登場人物、城廻 めぐり。 彼女は生徒会長として奉仕部に仕事を依頼する立場であり、主人公である比企谷八幡らが所属する奉仕部の面々と関わっていきます。 決してバリバリ仕事をするタイプではなく、どちらかというと少し頼りないようにも見える城廻めぐりですが、生徒会のメンバーにはかなり慕われているところを見ると人間的に愛される人物のようです。 そんな生徒会長、城廻 めぐりの特徴や性格をご紹介します。

1.外見はカワイイお姉さんタイプ

笑顔が素敵なお姉さんのような城廻めぐり。

人当たりもよくフレンドリーな彼女は、誰に対しても屈託の無い笑顔を振りまき、たちまちのうちに心のなかに入ってしまうほどです。

そんな彼女が人の上に立てば大衆はその気がなくても応援したくなってしまいます。

城廻 めぐりはカワイイ笑顔を打算なく振りまける人なのです。

2.ほんわかほわほわな癒し系キャラ

穏やかで優しい笑顔、やわらかで思わず力の抜ける声、疲れた雰囲気を癒してくれる癒し系美少女の城廻 めぐり。

彼女の癒しの波動は驚異的なほど。

完全に荒みきった八幡も思わず癒されるレベルと描写されており、天性の癒やし体質であるのは間違いないでしょう

3.人を引き付けるカリスマ性

ルックス、癒し要素、柔らかい性格…と、色々な才能に恵まれた彼女の最大の長所は人を引き付ける能力かもしれません。

彼女が頼めば何事にも全力でぶつかってくれるタレントが生徒会には揃っており、それは恐怖でも主従関係でもなく、ただ彼女のカリスマ性が全てなのです。

4.争い事は苦手

善人中の善人である城廻 めぐり。

周囲の人間に助けられて事を進めるタイプなので調和を大事にし、争い事は苦手な性格をしているようです。

文化祭実行委員でも雰囲気の悪くなった会議を上手く鎮めることができず、そこで八幡の出番となりました。

5.ノリが良くイベント好きなタイプ

生徒会役員としてだけでなく、一生徒としてイベント事も楽しくこなすめぐり。

普段の雰囲気から察するに運動神経が良さそうには見えませんが体育祭では何気に騎馬戦で活躍、文化祭では時間繋ぎのための急造バンドでキーボードを弾き見事に役目を果たすなど基本スペックは高いです。

頼りないように見えて包容力のある城廻 めぐり。
彼女は組織をまとめるトップとして必要なカリスマを持った生徒会長に相応しい人物でした。

支えられることで組織を活性化させるリーダーの典型のような城廻 めぐりはどんな場所でも活躍できることでしょう。

原作ライトノベルではすでに生徒会長を代替わりしていますが、2015年4月放送開始のアニメ第二期ではまだまだ活躍します。

見た目も可愛い彼女の活躍を見逃さないよう、原作もアニメも要チェックですね。

エムキャス