葉山隼人がイケメンすぎる!なんで八幡をライバル視するの?【やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。】

「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」唯一のイケメンキャラ葉山 隼人。 校内カーストでもトップを独走する彼のイケメンっぷりに多数のファンもついているほどであり、ここだけ見ると間違いなく勝ち組です。 冗談も通じるナイスガイな葉山 隼人は見た目、言動、性格全てがカッコいいだけのように見えますが、実は過去のトラウマから発生する嫉妬や焦燥、羨望などから抜け出せずに一人苦しんでいる、誰にも見せない影のある部分も抱えた人物でもあります。 そんな葉山 隼人の性格や特徴をまとめてみました。

周囲の空気が光って見えるイケメンオーラを持つキャラ

葉山隼人は「イケメン」を辞書で引いたら載ってそうなくらいにイケメンです。

非の打ちどころがない程のイケメンっぷりを発揮する葉山隼人の何気ない仕草に思わず目が引き付けられるのは、女生徒だけでなく男子生徒まで。

ルックスだけでなく人間的な魅力も兼ね備えたキャラクターです。

クラスに大きな影響力のあるムードメーカー

学校一の人気者、葉山隼人の発言はクラスや学校内に大きな影響力を及ぼします。

場を統べる力を自然と身につけているかのような葉山隼人は、たとえ自分が望んでいなくてもクラスのムードを自由に作り出してしまいます。

優秀な頭脳と運動能力を備える文武両道なイケメン

サッカー部のキャプテンで学校トップクラスの学力の持ち主です。

学力テストでも体育祭でも文化祭でも彼の名前を聞かないことは皆無、常にイベント毎の中心に存在する男であり、しかも大変な役目でも自ら買って出る性分なので、自然と目立ってしまうイケメンなのです。

困った時に頼ってしまうヒーローのような存在

葉山くんならきっと何とかしてくれる!ここは隼人の出番でしょ!と周囲からの過度な期待にも応えてきた葉山隼人。

時にはその実力で、時には培った人脈で難しい案件を華麗に切り抜ける彼は誰もが憧れるヒーローそのものです。

悩みと闇を抱えた男、葉山隼人

高い能力を持つが故にそれを使わないという選択肢が取れない葉山隼人。

幼い頃から周囲に期待され、それに応えて育ってきた彼にはやはり幼い頃の雪ノ下 雪乃の件がトラウマになっているのでしょうか。

時折見せる深い闇を抱えた彼の表情は、八幡にしか見せていません。

本来ならば視界に入らないくらいの人物である八幡をやたらとライバル視する葉山隼人。

協力する場面もあるにはありますが対立することが多く、お互いの事は認め合いながらもついには嫌いだと宣言し合った二人。

雪ノ下雪乃を巡る確執なのか、過去のトラウマがそうさせるのか、今後も比企谷八幡との対決には目が離せません。

エムキャス