ナルトのキャラクター強い順ランキング

空前の忍者ブームを国内のみならず海外にも巻き起こした『NARUTO』。 アニメもマンガも一段落し、全てのキャラクターが出揃いました。 強さに磨きをかけるために修行するキャラクターたちですが、果たして忍界で最も強いのは誰なのでしょうか。 そこで今回は、様々な要素を鑑みて強い順ランキングを作りました!

強い順1位:忍の神「六道仙人」

ナルトの中で最も強いキャラクターといえば、忍の神様「六道仙人」です。

忍びの世界の神様として崇められ、世界を崩壊させる破壊神とも、平和をもたらす創造神とも伝えられているようです。
三大瞳術の中の血継限界である「輪廻眼」の開眼者でもあります。

強い順2位:初代火影「穢土柱間」

忍の一族たちから一目置かれる穢土柱間は、六道仙人の血筋を継いでおり千手一族の長でもあります。

木ノ葉隠れの里で最も強い火影として伝えられており、尾獣を従えられる木遁と血継限界、仙術は穢土柱間だけが使うことができます。
木遁影分身や体の回復をするのに印を結ぶ必要がなく、強さだけではなく里の人を誰より愛していることもまた特徴です。

強い順3位:うちは一族の長「うちはマダラ」

伝説として長く謎とされていた「うちはマダラ」は、木ノ葉隠れの里を創設した者の一人です。
初代火影と激しい闘いをした後に木ノ葉隠れの里を創設した時には、うちは一族の長でした。

永遠の万華鏡写輪眼を戦乱中に手に入れて、輪廻眼にも開眼します。
禁術である穢土転生において、戦力として真っ先に蘇させられるほど、忍としての強さは一目置かれています。

強い順4位:師である大蛇丸を取り込んだ「薬師カブト」

大蛇丸の右腕として暗躍していましたが、大蛇丸亡き後、その亡骸の一部分を自分の身体に移植した「薬師カブト」。
カブチ丸とも呼ばれ、身体が蛇のように鱗があり顔も大蛇丸に似ています。
秘境の一つ龍地洞において修行をしたことで、仙人モードの術を習得しています。

強い順5位:ナルトの親友「うちはサスケ

うちは一族の末裔であるうちはサスケは、うずまきナルトのライバルでありながらも親友。

一族だけの特有な瞳術である、写輪眼を受け継いでいます。
火遁と雷遁系の術に長けており、忍における才能と実力を備えているうちはサスケは、忍の天才であるとも言われています。

アニメに登場する多数のキャラクターにはそれぞれ個性があり、多くのファンがいます。

忍びの始祖とされる六道仙人が最強のキャラクターであるという説が強いですが、もちろん直接闘っていないので、断定は出来ません。

そのため完全な強さ順にはなっていないかもしれませんが、それでも今回挙げたキャラクター達は強いことには間違いありません。

また新たに始まるであろう『NARUTO』のスピンオフ作品が楽しみです。

エムキャス