宇宙兄弟における名シーン集!人生で大事なことを教えてくれるアニメ

「一緒に宇宙飛行士になろう!!」と幼き頃に約束した兄弟が、夢を叶える!という物語です。 漫画で連載されていた人気の『宇宙兄弟』は、アニメ化され映画にもなって大人気となりました。 第1次月面長期滞在が成される!という夢のJAXAの宇宙飛行士に、弟の南波日々人が一足先にクルーとして参加します。 兄弟間の感情や、人生の葛藤と共に、数々の名場面が描かれています。 ここでは、近未来を舞台とした『宇宙兄弟』の名シーンをとりあげます。

宇宙兄弟名シーン1.迷った時の決断の仕方

何かを選択する際に、迷った時はどのようにして決断するのか?迷う時には、どちらが正しいのだろうか?などと考えるのは良くないことです。

ただ、どちらが楽しいかな?と自分に問うて決める事だ、と幼き頃に教えを受ける場面です。

人生に迷ったときに思い出す名シーンなのではないでしょうか。

宇宙兄弟名シーン2.手を伸ばし続けること

夢を叶えるまでの道のりは?!どうしたらいい?!何をしたら夢を叶える事ができるのか?!焦れば焦る程、自分自身の心が見えなくなるものです。

「手探りでも何でもいい、次のドアに手を伸ばし続ける事だ。そんな事をしている間に気づいたら、宇宙遊泳とかしるかもよ?」

夢に挫折しそうなとき、そんなときに深く響く言葉です。

宇宙兄弟名シーン3.人生は儚い!!迷ってる暇なんてない

「迷っている暇なんてない、人生は短いんだ。テンションの上がらない事にパワーを使っている場合じゃねー。」と話している場面です。

宇宙飛行士になりたい人たちを取り巻く人々の会話にも、数々の名場面があります。

今自分のいるところが自分が本当に望んでいるものなのか、考えさせられる名シーンです。

宇宙兄弟名シーン4.月面で会おう

南波日々人の心の強さが見られる場面です。

「俺の未来は、どうにでもなる。」自分の在り方次第で、如何様にでも人生は変えていける!宇宙飛行士も止めるつもりなどない、とメールで伝えるシーンです。

日々人の芯の強さを感じられます。

宇宙兄弟名シーン5. スーパンダマンと無理してね

南波日々人が、「先の事を考えるのはやめたんだ。大事なのは結局、今だ。」そう訓練の中で気づきます。

「ちょっとだけ無理なことに挑戦してこうぜ。」そう仲間に言います。「無理しないでねって言われるよりも、無理してねって何倍もやる気になる言葉だ。」そう思いだす宇宙飛行士仲間。

日々人が本当に仲間思いなのだということを感じられるシーンです。

宇宙飛行士になる!!と、幼いころの「南波日々人(宇宙兄弟)」と弟の「南波六太(宇宙兄弟)」は星空に約束します。

身近な人間が夢を叶え、自分自身の夢はかなえられないままの挫折感と羨望とがさわやかに描かれています。
夢を叶えることから逃げていた自分と向き合い、動き出す主人公には数々あの名シーンがあります。

これからも、挫折してもくじけずに、強くまっすぐと夢を叶えるために動く宇宙兄弟に、勇気づけられる人が多くいることでしょう!

何か人生に迷ったときには観返してみてはいかがでしょうか。

エムキャス