人気女性声優達が声優になったきっかけ一覧

今や人気の職業として、絶望的に狭き門とされる声優。 年間3000人以上がこの業界を目指すと言われており、その中で本物のプロフェッショナルとして活動できる人は極わずかです。 声優を志望する理由は人それぞれ、役者としての活動の延長線でやっている方もいれば、はじめから声優を志望してこの業界に飛び込んだ方もいます。 今回は、皆さんが知る女性声優がどのようなきっかけで声優への道を志したのかまとめてみました。

茅野愛衣さん

声優デビューは2010年、そこから現在までたくさんのアニメに出演しており、今や最も売れている女性声優の1人とも言える茅野愛衣さん。

癒し系の雰囲気漂う茅野さんですが、声優として活動する前はリラクゼーション関係を仕事にしていた過去があり、ご本人は人を癒やす仕事がしたいとずっと思っていたそうです。

そんな茅野さん、偶然にも癒し系アニメの最高峰とも言われる「ARIA」を観た事からアニメ業界への興味が高まり、声優を目指すようになったようです。

木戸衣吹さん

若干17歳、現役高校生にして早くも抜群のアイドル性を見せる木戸衣吹さん。
ルックスばかりに注目が集まりがちですが、その演技力にも光るものがある期待の若手声優さんです。

木戸さんが小学4年生の時、「しゅごキャラ!」のほしな歌唄役を演じた水樹奈々さんに憧れた事が声優を目指すキッカケとなったと語っており、そこからほぼ最短ルートでここまで駆け上がってきたのですから大したものです。

戸松遥さん

人気声優ユニット「スフィア」の一員でもあり、声優業と平行して行う歌手活動でも結果を出す人気声優の戸松遥さん。

女性キャラだけでなく、最近では「妖怪ウォッチ」のケータなど少年役もハマっており、演技力がぐんぐん伸びた声優さんでもあります。

そんな戸松さんが声優を目指すキッカケとなったのは中学3年次に芝居する事に興味を持った事、そしてジブリ作品に出演したいと思ったから。

特に「千と千尋の神隠し」が大のお気に入りと語る戸松さんは、オーディションで「千と千尋の神隠し」のある場面をすべて1人で演じきった、という逸話もあるほどです。

田村ゆかりさん

永遠の17歳、田村ゆかりさんを知らないアニメファンはいないでしょう。

声優、歌手活動、ラジオ番組での喋り…と、マルチな才能を発揮する人気声優であり、唯一無二と言えるポジションを築いた偉人です。

元々演技する事が好きだった田村ゆかりさんは演技する仕事ならば何でも…というスタンスだったそうですが、その中で声優を志望した理由は、小学生の時に国語の授業の朗読で褒められた事が最初のキッカケとなったそうです。

笠原弘子さん

元祖声優界の歌姫、素晴らしい歌声で一世を風靡した笠原弘子さん。
現在の声優界で歌姫と呼ばれる坂本真綾さんの劇団時代の先輩でもあり、共に歌唱力では声優界でもトップクラスと言えるでしょう。

引っ込み思案を治すために幼少時から劇団に入っており、小さい頃から子役であった笠原さんが声優となったキッカケはずばり「顔出ししなくて良いから学校にバレない」というちょっと可笑しい理由です。

中学2年にして「銀河漂流バイファム」の主要キャラ、カチュア・ピアスンに抜擢され、声優と言うよりはむしろ歌手としての活動が目立った声優となりました。

上坂すみれさん

ロシアオタクと言う、濃すぎる属性を持った上坂すみれさん。

アニメが好きで、そこから声優を目指す方は今では多く、上坂さんもそんな風潮と同じくアニメ好きではありますが、好きなアニメが「装甲騎兵ボトムズ」という、これまた濃厚でハードな戦争アニメですから他の方とは色々と毛色が違ってスゴイです。

上坂すみれさんが声優を目指すキッカケとなったのは小学生の時に「ナースウィッチ小麦ちゃんマジカルて」を観た事。

そして、同作で主演していた声優・桃井はるこさんに強烈な憧れを抱いた事が最初の動機であったと語っています。

幼少時から子役として活動もしていたために芸能デビューは早かったですが、「魂を吹き込む仕事をしたい」と思い立ったがために本格的に声優を目指したそうです。

洲崎綾さん

様々な資格を持ち、東京学芸大学教育学部を卒業している洲崎綾さん。

趣味も幅広く様々な経験を持っている洲崎綾さんですが、この人間としての多様さと洲崎さんが声優を目指した理由には関係性があります。

洲崎さんが声優を目指したのは中学時代。
その頃から「名探偵コナン」が好きで、中でも主要登場キャラクターの1人、灰原哀を演じる林原めぐみさんに憧れたのがキッカケとなったそうです。

更に、NHKラジオ番組「子供夢質問箱」で憧れの人である林原めぐみさんと当時中学生の洲崎綾さんは電話で会話しており、その際の「いずれ声優になった時必ず役に立つから色々勉強しなさい」の言葉がその後に繋がっていったのでした。

2014年には林原めぐみさんのラジオ番組に出演を果たした事で「夢」を叶えており、まるでドラマみたいな人生を送っている洲崎綾さんです。

林原めぐみさん

アニメを観る私達はもちろんですが、先ほど紹介したように声優界にも熱心なファンが非常に多い声優界の生ける伝説、林原めぐみさん。

90年代を代表するトップ声優であり、育児に時間を割く現在ではアニメへの出演本数こそ減りましたが、その人気は全く翳ることのない超人気声優です。

そんな林原めぐみさんが声優となったきっかけはなかなかに破天荒。

元々看護師を目指していた林原さんは受験予定の看護学校の受付嬢の態度の悪さに大層腹を立てたらしく、その際に偶然立ち寄った本屋で目にしたアーツビジョンの声優無料養成オーディション(特待生)の広告を見て応募した事がきっかけであったとか。

結果として、600名以上が参加したこのオーディションに合格した林原さんは日本ナレーション演技研究所の第1期特待生となり、現在に至ります。

並行して看護学校にも通っていたため(しっかり看護師資格も取得)相当にハードだったそうですが、珍しい経験を積んだことが声優として演技する上で役立ったと仰っています。

雪野五月さん

気の強い女性キャラを演じたら超一流!

高い演技力を持ち、多くのアニメで主役級のキャラを演じる雪野五月さん。

雪野さんが声優を志望したきっかけは「一休さん」や「めぞん一刻」を観た事がきっかけであり、特に高橋留美子先生の漫画には強い想い入れがあったそうです。

自身の出世作ともなった高橋留美子先生の「犬夜叉」では日暮かごめを演じており、宿願の高橋留美子作品デビューをメインヒロインとして飾る事になります。

ちなみに、現在人気若手声優として活躍中の加隈亜衣さんは前記した日暮かごめと雪野五月さんの大ファンであり、声優を目指した理由となったとか。

日笠陽子さん

「けいおん!」の秋山澪役で大ブレイクを果たし、その頃の勢いを全く衰えさせることなく活躍し続けている日笠陽子さん。

日笠さんが声優を目指すきっかけとなったのは「美少女戦士セーラームーン」や「新世紀エヴァンゲリオン」でそれぞれ性格も喋り方も異なるキャラクターを演じた三石琴乃さんを知り、声優のすごさと演技者としての可能性を知ったから、だそうです。

実は日笠さん以外にも「美少女戦士セーラームーン」をキッカケに声優を目指した方は多く、山本麻里安さんや内田彩さん、奥野香耶さんなども「美少女戦士セーラームーン」が声優を目指す動機となったそうです。

人によって理由は様々、現在は初めから声優さんを目指す方も多いですが、その理由が「声優の○○さんに憧れたから!」と言うものも多いですね。

どのようなことがきっかけにせよ、競争が激しい声優業界において活躍されていることは大変素晴らしいことですね。

エムキャス