水樹奈々さんは芸名で本名は別に!感動する名前の由来とは

超人気声優として、歌にアニメに活躍する水樹奈々さん。 キャリア的にはそろそろ中堅の域にも入ってきましたが、アイドル性と歌唱力は衰え知らずのスーパーな声優さんです。 と、そんな水樹奈々さんですが彼女の名は本名ではありません。 最近は本名でデビューする声優も増えていますが、水樹奈々さんがデビューした90年代後半はまだまだ芸名の方も多かったので水樹奈々さんもそんな当時の風潮と同じく芸名です。 ここでは水樹奈々さんの本名と芸名、そして当時のエピソード について紹介していきます。

水樹奈々さんの本名は別にある

今やアニメファンだけでなく一般層にもその名を知られた声優、水樹奈々さん。

爽やかさと透明感を感じさせる名前ですが、前記した通りこちらは芸名であり、彼女の本名は近藤奈々と言います。

苗字だけが芸名となっていますが、その名前の由来はどうなっているのでしょうか?

「水樹奈々」という名の由来

水樹奈々さんが芸能デビューするにあたり、当時歌手として活躍していた近藤名奈というアーティストがいたために、名前の重複を避ける意味合い(正確には漢字は違いますが)で苗字を本来の近藤から水樹に変えてのデビューとなりました。

肝心の芸名「水樹」についての由来ですが、本人が青色が好きであったために透き通ったイメージの「水」を入れたかった事、また「木」ではなく「樹」にしたのもバランス、文字の画数が良かったから、と仰っています。

実は同じ音の「美月」も苗字の候補であったと語られていて、もし「美月」でデビューしていたら違うイメージになっていたかもしれませんね。

ちなみに、本名である「奈々」の部分は芸名でも使用していますが、こちらの由来は父親が女優兼歌手として活躍した岡田奈々さんのファンであった事からつけられた…とのことです。

デビュー前から活躍していた

水樹奈々さんがまだ東京へ進学する前、中学3年時の貴重な映像。
若干14歳にしてこの歌唱力、もちろんこの大会で優勝しています。

まだ水樹奈々という名前で芸能活動をしている前から活動はされていたのですね。

元々演歌歌手を志望しており、歌の世界を目指していた水樹奈々さん。
奈々さんの父親は歌手志望であったため、そんな関係もあって幼少時より歌手になるべくスパルタな特訓を受けてきた過去があります。

抜群の歌唱力は、天賦の才に恵まれただけでなく、血の滲むような努力の末に獲得したモノであることが伺えますね。

KinKi Kids、堂本剛と同級生だった!?

意外や意外、東京にある堀越高等学校では同じクラスに所属していた水樹奈々さんとKinKi Kidsの堂本剛さん。

芸能人・芸能人予備軍がゴロゴロ在学していることで有名な堀越学園ですが、水樹奈々さんと同世代にはともさかりえさんなどもいました。

現在は明るくアクティブに活動する姿こそが水樹奈々さんという印象も強いですが、高校在学中はおとなしく、今の姿とあの頃とでは全く違う…と堂本剛さんは語っています。

一昔前で言えばアニメ界の「みずき」と言えばアニソン界のアニキこと水木一郎さんでしたが、今はもしかしたら水樹奈々さんの方が有名な「みずき」かもしれませんね。

エムキャス