進撃の巨人の強いキャラクター順ランキング

進撃の巨人は、人間を食べる巨人と人類との戦いを描いた壮大なアクション・アニメです。 人間たちは圧倒的力の差がある巨人に対し、立体機動装置という空を飛ぶ道具を使って果敢に挑んでゆきます。 巨人を一撃で倒すことのできる兵士たちは日々身体を鍛え、普通の人間には及びもつかない身体能力を誇る超人たちばかりです。 そんな進撃の巨人のキャラクターの中で、巨人たちと戦う驚異的な身体能力を持つ兵士たちをランキング形式で強さ順にまとめてみました。

強いキャラ1位:リヴァイ兵士長

一人で1個旅団(4,000人)にも匹敵する強さを持つといわれる人類最強の兵士です。

元は都の地下でゴロツキをやっていましたが、ある理由により当時分隊長だったエルヴィンのもとに下り、調査兵団の兵士長になりました。

ゴロツキから調査兵団最強に上り詰めるなんて、どんな才能があったのでしょうか。

強いキャラ2位:ミカサ・アッカーマン

強盗に両親を殺されたミカサは、エレンの「生きのびるために戦え!」という呼びかけに応じて、自らの力を解放します。

意思の力で筋肉のリミッターを自由に外すことができるといわれているミカサは、将来リヴァイに次ぐ最強の兵士になると期待されています。

ヒロインとは思えぬ、筋肉を自在に使いこなす最強の女兵士です。

強いキャラ3位:ミケ・ザカリアス

巨人殺しの最強集団と呼ばれている調査兵団のナンバー2が、優れた嗅覚を持つ大男のミケ・ザカリアスです。

第57回壁外調査では、リヴァイと共闘して捕らえた女型の巨人のうなじを削ごうとしましたが、力が及びませんでした。

人の臭いを嗅ぐという変な癖を持っていますが、かなりの強さを誇ります。

強いキャラ4位:調査兵団幹部たち

調査兵団の兵士たちは、巨人と戦うエリート集団でもあります。
団長のエルヴィン・スミスをはじめ、幹部である分隊長のハンジや班長のナナバは、当然高い戦闘能力を持っています。

他にも歴戦の兵士であるゲルガーやネスやトーマなどは、人類の中でかなり強いといえるでしょう。

いつ巨人に食べられるかわからない状況で生きて帰ってくるのですから、精神的なものも含めて当然といえる強さです。

強いキャラ5位:エレンと104期たち

104期の卒業生の上位10名の中で、ミカサの次に実力があるとされたのがライナーです。

その後の順位はベルトルト、アニ、エレン、ジャン、マルコ、コニー、サシャ、クリスタと続きます。
彼らはトロスト区奪還作戦が初陣であり、強さとしては未知数な部分がほとんどです。

のびしろがあるため、これからの実戦経験でどれほど強くなるのか、見物ですね。

進撃の巨人のキャラクターは強くて常人を超越した人たちばかりですが、その真の強さは肉体的なものだけではありません。

巨人化したエレンを援護するために、自ら囮となったイアンを始めとする駐屯兵団の兵士たち。

エレンを守るために命を散らしたリヴァイ班のメンバーたち。
そして、子供たちを逃がすために救助の手を振り払ったエレンの母カルラなどは、精神的な面でいえばとても強い人たちだといえるでしょう。

主要キャラだけではなく、少ししか登場しないキャラにもスポットがあたるところが、この作品の魅力です。

エムキャス