【黒子のバスケ】伊月俊がギャグ好きだけどカッコイイ!【黒バス】

「黒子のバスケ」の主人公・黒子テツヤが所属する誠凛高校バスケット部は、1年前に創設されたばかりの歴史の浅いクラブであり、そのため所属選手の最高学年は2年生です。 そんな、チームを引っ張る2年生の存在は戦力面だけでなく精神的な面でも大きなもの。 2年生でレギュラーの1人である伊月俊は、ゲームメイクを担うポイントガードのポジションであり、それ故にゲーム中の彼の存在はとても大きなものです。 そこで、今回は誠凛高校バスケ部の司令塔となる伊月俊というキャラクターの性格や特徴についてまとめてみました。

視野が超広いポイントガード

彼の視野は普通の人よりとても広く、空間把握能力も高いです。

そのため、コート全体の様子を把握することができる、「イーグルアイ」と呼ばれる特殊能力を持っています。

上記したように、伊月俊は攻撃を組み立てるポイントガードであるため、この能力を使って的確なパスの出しどころを探す…など、幅広い活用法でチームのために貢献しています。

バスケ歴は誠凛高校バスケット部ナンバー1

バスケ歴は非常に長く、小学2年生からミニバスを始めた伊月俊。

帰国子女で誠凛高校の1年生エース・火神大我もバスケ歴(ストバス含む)は長いですが、本格的に始めたのはジュニアハイスクールに入ってから始めたとのこと。

バスケ歴が人よりも長い分、バスケにかける想いも誠凛高校バスケット1(日向順平談)、冷静な仮面の下に誰にも負けない想いを秘めた熱い男です。

無類のギャグ好き

彼とは切っても切り離せない特徴、それがダジャレ。

ダジャレを思いついたときの口癖は「キタコレ」。
ギャグを書き留めておくネタ帳を持ち歩くほど大好きです。

練習中や試合前であっても、思いつけば口にしていて、そのたびにまるで待ち構えていたかのようなナイスタイミングで、日向順平から「伊月、だまれ」の言葉が飛んできます。

もはや定番となった2年生同士の微笑ましいやりとりですね。

残念なイケメン

誠凛高校バスケット部の中で1番外見が良いです。

相田リコの父親から「キューティクルサラ男」というあだ名をつけられているように、髪がサラサラで切れ長の目を持っています。
冷静で判断力もあるため、寄ってくる女性も多いです…が、上記したダジャレ好きが災いしてすぐに去ってしまいます。

海常高校のシューター・森山由孝とともに、「残念なイケメン」というちょっと不名誉な称号でファンから愛されるキャラです(笑)

特訓の末に身につけたもう一つの能力・イーグルスピア

イーグルアイの能力を用い、後ろ向きのまま(ドリブルで抜かれた状態で)、相手のフルドライブ直後にできる隙を突いてバックチップを行う技です。
相田リコの父親から教わった技で、自称不器用な伊月俊は、人の2倍も3倍も練習することでものにしました。

海常高校との試合中には、おなじみ「キタコレ」のセリフ後しっかりイーグルスピアを決め、さらに得意のダジャレもきっちり決めています。

ダジャレ好きのイメージが先行している伊月俊ですが、バスケへの情熱も高く、決めるところはしっかり決める、心も見た目もイケメンなキャラクターとも言えそうです。

本当の残念キャラにもなりきれず二枚目にもなり切れない微妙な立ち位置なのかもしれませんね。

物語の本筋とは別に、時折繰り出される伊月俊のダジャレに注目して「黒子のバスケ」を楽しむのも、また黒バス上級者としては良いのではないでしょうか(笑)

エムキャス