粟楠茜がヤクザの娘だけどかわいい!大人しめで変わった女の子いいよね【デュラララ!!×2】

登場人物に女性が少ない『デュラララ!!×2』という作品において、貴重な女性キャラの1人である粟楠茜。 ヤクザ組織幹部の娘であることを感じさせないお嬢様育ちであり、素直で純情な仕草がストーリーに束の間の癒しを与えてくれるような存在として登場します。 無邪気で幼さを感じさせる少女として描かれる茜ですが、次第に物語の大きな渦に巻き込まれて自らの運命を変えていきます。 そんな貴重な少女キャラである粟楠茜についてまとめました。

小柄で可憐な女の子…だが?

粟楠茜の登場時の年齢は10歳前後~小学生高学年の美少女です。

身長は130~135cm前後(身長185cmの平和島静雄の腰の高さ)、池袋を本拠地とする組織暴力団粟楠会の若頭・粟楠幹彌の娘であり会長・粟楠道元の孫娘です。

粟楠茜は「お嬢」

祖父と父親は情け容赦ない極道者ですが、娘(孫娘)の粟楠茜には深い愛情を注いでおり一家で大切に育ててきました。

組員たちも同様に粟楠茜のことを「お嬢」と呼び会長・若頭と同様に何事かあれば命に代えてお守りするといった敬愛の念を持って接しています。

粟楠茜は活発で朗らかな少女

大事に大事に育てられてきたため、また祖父と父親は自分たちの家業がヤクザ者であることを隠してきたこともあり、粟楠茜は人見知りしない、活発で朗らかな少女に育っています。

慎重で怖がりな一面も持ちますが、この年頃の少女に珍しいことではなく、いたって普通の女の子といった感じですね。

粟楠茜の繊細な心

同年代の少女と何ら変らない粟楠茜でしたが、あることがきっかけで祖父と父親がヤクザで周囲の人々もその構成員だと知り、精神的不安定な状態となり家を飛び出してしまいます。

そして友人たちが純粋な友情ではなく、ヤクザ者である父や祖父を恐れて自分のご機嫌とりをしながら交友していたと知ってしまい、人間不信にも陷り心に大きなダメージを負いました。

粟楠茜は純情な極道の娘

祖父と父親がヤクザだと知って家を飛び出した時、物語の主要人物である平和島静雄が父親たちを狙う殺し屋だと聞かされます。

これはある人物の謀略でしたが真に受けた粟楠茜は平和島静雄をスキあらば殺害しようと機会をうかがいます。

その為に体力をつけようとジムに通うという、無謀なんだか純情すぎるんだかわからない行動に出るなど、その後の動向が気になるキャラですね。

貴重な美少女キャラの粟楠茜ですが、純情すぎて心配になってしまいますね。

ヤクザ組織幹部の娘であることを感じさせないお嬢様育ちの素直な少女だけに今後の展開が気になるところです。

物語の大きな渦はどこまで粟楠茜を翻弄していくのか、他の登場人物との関わりも気になるところですし、ジムで鍛えた戦闘力がどれほどのものになるのかも興味が沸きますね。

エムキャス