まじっく快斗の青子と名探偵コナンの毛利蘭を比較してみた!角以外そっくりw

怪盗マンガ『まじっく快斗』と探偵マンガ『名探偵コナン』はどちらも青山剛昌先生の作品で、黒羽快斗が名探偵コナンに「怪盗キッド」として出演するなど、お互いに関係が深い作品となっています。 そして、その『まじっく快斗』のヒロインである中森青子と『名探偵コナン』のヒロインである毛利蘭は、容姿や幼馴染というポジションが似ていると言われています。 それでは、他のところでは青子と蘭はどれほど似ているのでしょうか? 今回は、5つのポイントを比較し2人の共通点と差異点を明らかにしていきます。

1.そっくりな容姿

顔は似ていますが、髪型には違いがあります。

2人ともロングではありますが、中森青子はラフに描かれているのに対し、毛利蘭は大きく突き出した“角”のような髪が目立ちます。

ただ、初期のデザインではそれほど“角”は目立たず、青子との違いはあまりありませんでした。

またそれ以外はまさに瓜二つといったところです。

2.育ってきた環境も似ている

青子は高校2年生で、警視庁捜査二課の警部である父親と暮らしていますが母親については描かれていません。

蘭も高校2年生で、私立探偵である父親と弁護士である母親がいますが、2人は離婚していて、蘭は父親の下で暮らしています。

母親があまり出てこないこと、更に父親が捜査関係の人という点は共通していますね。

3.性格は青子が可愛さを見せる

青子は感情が表に出やすかったり、自分を青子と呼んだりするなど、かわいさを強調した性格です。

蘭は穏やかで控えめでありながら、意思が強くたくましさも見られる性格です。
時には、犯人に同情しかばい立てするなど、慈悲深いところがあります。

可愛さを出すという点では青子と蘭の間に違いが見られます。

4.身体能力は毛利蘭が圧倒

青子はスキーが苦手で、他の運動での身体能力の高さも見られません。

一方蘭は空手部の主将で、関東大会での優勝経験があるほどです。
凶悪犯であろうとも恐れず、一蹴りで失神させるなど身体能力の高さが見られます。

容姿は似ているところもありますが、性格や身体能力はだいぶ違いが見られますね。

5.主人公への想いは二人共強い

2人ともそれぞれの主人公である男の子とは幼なじみの関係です。

青子は主人公への特別な思いはありますが、その思いははっきりとした恋愛感情までには至っていません。

蘭は主人公へのはっきりとした恋愛感情を抱いていて、主人公に女性の影を感じるとあからさまに嫉妬してしまいます。

新一と蘭の方が恋愛関係が深いのかもしれません。

中森青子は活発なヒロインで、ころころ表情が変わるなど、コミカルな『まじっく快斗』に合うかわいらしい言動が目立ちます。

一方、毛利蘭はおしとやかなヒロインに見えますが、一撃で凶悪犯を失神させるなど、体が小さくなってしまった主人公の助けになる恐ろしくも頼もしい一面があります。

今回比較してみて、青子と蘭とでは容姿こそ似てはいますが、それぞれの作品に適したまったく違うキャラクター性があると感じられるのではないでしょうか。

エムキャス