工藤新一と黒羽快斗が似すぎ!容姿の性格もそっくりな二人を徹底比較!【名探偵コナンとまじっく快斗1412】

怪盗マンガ『まじっく快斗』と探偵マンガ『名探偵コナン』はどちらも青山剛昌先生の作品で、お互いに相手のキャラクターが登場するほど関係性の深い作品です。 そして、その『まじっく快斗』の主人公である黒羽快斗と『名探偵コナン』の主人公である工藤新一は、容姿が似ている2人として描かれています。 それでは、容姿以外のところでは快斗と新一はどれほど似ているのでしょうか? 今回は、5つのポイントを比較し2人の共通点と差異点を明らかにしていきます。

1.容姿は髪型以外そっくり

顔は似ていて、『名探偵コナン』の作中では、黒羽快斗が素顔のまま工藤新一に成りすましている場面が見られます。

そのためかなりのそっくりさんと言えるでしょう。

ただ普段の髪型には違いがあり、快斗はラフに描かれているのに対し、新一は丸く整えられています。

2.高校生から活躍している点も共通

快斗は高校2年生でありながら、2代目怪盗キッドになり怪盗をしています。
初代怪盗キッドである父親が謎の組織に殺されてからは、母親との二人暮らしを始めましたが、後に母親が海外に行ってしまい一人暮らしをすることになります。

新一も高校2年生でありながら、名探偵として活躍していました。
人気推理作家である父親と母親と暮らしていましたが、黒の組織に体を小さくされてからは、小学1年生の江戸川コナンとして幼なじみであるヒロインの家に住んでいます。

フィールドは違えど、若くして活躍しているという点では同じですね。

3.性格は黒羽快斗の方がヤンチャ

快斗は怪盗キッドでいる際にはクールに決めていますが、実際にはお調子者で下心に素直なところがあります。
そのため、盗みをしている最中にも油断することがあります。

新一も同じようにクールを装ってはいますが、すぐに熱くなり見境がなくなったりするところがあります。
そのため、周りの人から注意を受けることも多いです。

性格でも似ていますが、少し快斗の方がヤンチャと言えるかもしれません。

4.身体能力も二人とも超高校級

快斗は自由自在に声色を変えられる他、体力や瞬発力など怪盗キッドとして盗みをする際に必要な身体能力が優れています。

それに対し新一も運動神経が良く、特にJリーグにスカウトされるほどサッカーが得意です。
動く標的に対しては、蹴るものの形に左右されず正確に当てられます。

5.ヒロインへの想いは新一の方がハッキリしている

2人ともそれぞれのヒロインである女の子とは幼なじみの関係です。

快斗はヒロインにちょっかいを出す場面が多く見られますが、はっきりとした恋愛感情を示せずにいます。

新一はヒロインへのはっきりとした恋愛感情を抱いていて、嫉妬もすれば、新一がヒロインに愛の告白をする話もあります。

黒羽快斗は怪盗キッドとして盗みをしている最中でも油断するお調子者で、工藤新一は周りの人から注意を受けるほど熱くなりやすく、それぞれ未熟なところが見られます。

怪盗と探偵という交わり合わないミステリアスな役柄の2人ですが、実際にはどちらもクールに決めきれずピンチになったり、周りの人に迷惑をかけたりしているようです。

今回比較してみて、快斗と新一とは容姿だけでなく、人間くさいところが多いところも似ていると思えるのではないでしょうか。

エムキャス