山形県出身の声優まとめ。鮭延未可さんから森谷里美さんまで

アニメファンの間では、人によってはアニメキャラ以上に人気があるのがキャラクターを演じる声優。そんな声優さんの出身地が気になるというファンも少なからずいるでしょう。 では山形県出身者は誰か?と唐突に聞かれても皆さんは少しイメージしにくいかもしれません。 今回は山形県出身の声優を取り上げて、経歴をご紹介します。

鮭延未可さん

鮭延未可さんの最大の特徴は、あまりにも珍しいその苗字。
山形県にかぎらず日本全体でも数十人しかいない希少な苗字を持つ鮭延さんは可愛らしい声を活かした少女役が多いですが、「R.O.D the TV」ではウェンディと言うクールな大人の女性も演じており、普段の声とのギャップに驚いた方も大勢居ました。

亜城めぐさん

アニメ版「GTO」でデビューして以来、数多くの作品で声優として活躍してきた亜城めぐさん。

趣味は犬の散歩とお菓子作りで、特技はセーフティーバントとのことです。

もちろん、山形県出身者らしく山形弁も得意技の一つにしています。

鈴木千尋さん

演じるキャラクターの幅がとても広い事で評価される鈴木千尋さん。
アニメだけでなく活躍の場は特撮にも広がっており、鈴木さんの演技力はそこでも遺憾なく発揮されています。

銀行員の父親は声優というとても安定しているとは言えない職業を目指す息子に常々反対していましたが、養成所の試験に受かったことをきっかけに、山形県を離れることを許され、現在に至るそうです。

高橋伸也さん

「喰霊-零-」の飯綱紀之役で知られる高橋伸也さんも山形県出身です。
アニメはもちろんのこと、ナレーターとしても活躍していますが、ちょっと意外な所でカードゲーム大会の実況もするなど活躍の場を選びません。

声優の中でもちょっと珍しい第二種電気工事士の資格所得者であり、演技同様に多彩さも持った声優さんですね。

森谷里美さん

webコミック作品「清く正しく美しく」で2008年にデビューした森谷里美さん。彼女も山形県出身の女性声優です。

女性声優としてはやや遅めの20代後半での声優デビューでした。

アニメでは名前ありキャラを演じる事はまだあまり多くないですが、「SHIROBAKO」の主人公・宮森あおいの姉である宮森かおりや「ガールズ&パンツァー」のエルヴィンと言った、密かな人気になるキャラクターを演じている印象もありますね。

今回は山形県出身声優ということでまとめましたが、中には意外な一面があってそこに驚かされる声優もいたのではないでしょうか?

また、ここで紹介した方々を同じ山形県出身と知って、贔屓し始める郷土愛にあふれる山形県人のアニメファンの方もいるはずです。
山形出身声優の今後の活躍に大いに期待したいですね。

エムキャス