アニメキャラの部屋まとめ。豪華な部屋から質素な部屋まで

アニメキャラもアニメを観る私達と同様に家に住んでいて、我々と同様に生活している描写も作品によってはあります。 特に日常系アニメでは各キャラの部屋が出てくる事が多々あるので、お気に入りキャラの部屋が記憶に残っている方もいるのではないでしょうか? そこで、今回はキャラクター達が住んでいる部屋について注目してまとめました。アニメに登場する皆様はどのような部屋で暮らしているのでしょうか? ここでは個性が出ているのもあれば没個性的なものもあるアニメキャラの部屋を紹介していきます。

島村卯月の部屋(アイドルマスター シンデレラガールズ)

「アイドルマスター シンデレラガールズ」より、ゲーム版ではいち早くキャラ情報が発表され、アニメ版でも一話から登場している島村卯月の部屋。

東京都出身の彼女は自宅暮らしであり、私室は17歳の女の子らしさでいっぱいの可愛らしい部屋という感じですね。
自宅の外観や立地を考えるとかなり裕福な家庭という推察もできます。

相部屋(艦隊これくしょん)

複数人での相部屋生活が基本の「艦隊これくしょん」。
軍隊らしく必要以上な私物が置かれていない感じでちょっと殺風景でしょうか。

舞台が日本なので和調で落ち着いた感じの部屋がほとんどですね。

雪野百香里の部屋(言の葉の庭)

新海誠監督の劇場版アニメ「言の葉の庭」より、ヒロイン・雪野百香里の部屋。

27歳という設定の百香里の部屋はいやに生活感あふれる感じですが、これは専門の女性美術スタッフによる演出だそうです。

なるほど、このリアリティさは女性の目線で見たからこそと言えるでしょう。

野比のび太の部屋(ドラえもん)

ひょっとしたら日本で最も有名と言える野比のび太の部屋。

ドラえもんが寝床にしている押入れ、タイムマシンが入っている机など誰もが容易に想像できるレイアウトですが、実は「旧ドラえもん」と「新ドラえもん」では部屋のレイアウトが微妙に違っています。

遠野貴樹の部屋(秒速5センチメートル)

またもや新海誠監督作品から。
「秒速5センチメートル」より、主人公・遠野貴樹の私室。

こちらも散らかり具合や物の置かれ方がやけにリアルです。

高坂桐乃の部屋(俺の妹がこんなに可愛いわけがない)

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」より、オタクであることをひた隠す高坂桐乃の部屋。

一見すると年頃の女の子らしいかわいい部屋ですが、実は至る所にヲタグッズが隠されている秘密が詰まった部屋です(笑)

読子・リードマンの部屋(R.O.D -READ OR DIE-)

「R.O.D -READ OR DIE-」の主人公兼メインヒロイン、読子・リードマンの部屋。

極度の本好きである彼女は普通の部屋を借りても本を収納するスペースがないので、ビルまるごと1棟を借りきって本置き場にしています。

ちなみに、この画像はそのビルではなくビルの上に立つプレハブ小屋。
それでもその小屋にまで本で一杯の病的読書愛好家です。

巴マミの部屋(魔法少女まどか☆マギカ)

中学生、しかも一人暮らしなのにめちゃめちゃ豪華な部屋に住む巴マミ。
TV版、ブルーレイ版、劇場版といろいろ部屋の設定は違うのですがどれも広く高級感ただようマンションらしいです。

ただ、まどかの家も相当な豪邸でしたからこの世界ではあながち珍しい部屋ではないのかも…?

小鳥遊六花の部屋(中二病でも恋がしたい!)

「中二病でも恋がしたい!」より、中二病なメインヒロインの小鳥遊六花の部屋。

引っ越し当初は普通の部屋でしたがアニメ第2話ではとんでもない部屋に変わっていました。

色々と怪しげなものが満載、まさに中二病な部屋です。

綾波レイの部屋(新世紀エヴァンゲリオン)

「新世紀エヴァンゲリオン」のヒロインの1人である綾波レイの部屋。

およそ人間が住んでいるとは思えないほどに生活感がない部屋であり、本当に必要最低限の調度品しか置かれていない殺風景さが印象的です。

彼女のキャラクター性をよく表した部屋とも言えますね。

大空翼の部屋(キャプテン翼)

世界に知られる名作「キャプテン翼」より、主人公・大空翼の部屋。
「サッカーの申し子」と言われる大天才の大空翼の部屋は、一言で言えばクレイジーとしか言い様がないほどサッカー尽くしです。

いや、もう彼のサッカー愛はとにかく素晴らしいんですが、こんな部屋に住めと言われたら普通のサッカー好きでも気が滅入ってしまうかもしれません。

熱心なファンはその部屋に置かれている物のモデルとなった実在する品を探したり、また家のモデルになった場所を探したりするそうです。

普通の部屋もあれば現実離れしたものまで、キャラによっていろいろと個性が出たアニメキャラの部屋まとめでした。

エムキャス