桜の季節到来!新シーズン・春に聴きたくなるアニメソング!

卒業シーズンからちょっと進んで、年度が変わり生活が一変する人も多い始まりの季節、それが春。 新生活を励ましてくれるような希望に満ちた音楽も多く、それはアニメソングでも例外ではありません。そこで、今回は桜が咲く頃に聴きたくなる春を感じるアニメソングをまとめました。

サクラサク(ラブひな)

春に聞きたいアニソンということでまずはこちらの曲から。
「ラブひな」オープニングテーマ、「サクラサク」。

同作に浦島はるか役で出演もしている林原めぐみさんが歌うこの主題歌は2000年代初頭を代表するアニメソングとして人気がありました。
春らしく明るくテンポ良いアニソンという感じで元気を与えてくれます。

桜ロック(家庭教師ヒットマンREBORN!)

週刊少年ジャンプで連載してた人気作をアニメ化した「家庭教師ヒットマンREBORN!」のエンディングテーマ、CHERRYBLOSSOMで「桜ロック」。

リボーンシリーズにおいて主題歌を担当することの多かったCHERRYBLOSSOMですが、バンド名の意味もまんま「桜の花」なので春らしいバンドとも言えるかもしれませんね。

Good Vibration(マスターモスキートン99)

1997年放送アニメとちょっと古めですが間違いなく名曲!
「マスターモスキートン99」オープニングテーマ、Cyber Nation Networkで「Good Vibration」。

90年代特有のメロディと新たに始まる春という季節を予感させる歌詞がとても印象的であり、前に進んでいこう!という気にさせてくれます。

未来へのMelody(D.C. 〜ダ・カーポ〜 )

OPテーマに使用された「サクラサクミライコイユメ」も名曲として人気がありますが、今回はあえてEDテーマのこちらを。
「D.C. 〜ダ・カーポ〜」より、CooRieで「未来へのMelody」。

「桜」が物語のテーマになっている「D.C. 〜ダ・カーポ〜」という作品にベストマッチングしたアニソンであり、まさにピンポイントで春らしさを感じられる楽曲となっています。

D.C. 〜ダ・カーポ〜」シリーズは春に関連した歌の宝庫なので、興味持たれた方はぜひ聴いてみてください。

sakura(交響詩篇エウレカセブン)

ズバリ「桜」がタイトルとなっている「交響詩篇エウレカセブン」オープニングテーマ、NIRGILISで「sakura」。

聴けばすぐにわかりますが、かの有名な「アメイジング・グレイス」をインスパイアした歌となっており、クラシックな雰囲気とリズミカルなメロディ、そして繰り返される「cherryblossom(桜の花)」が癖になりますね。

さくら前線(サクラ大戦 豪華絢爛)

作品タイトルから役名、楽曲タイトルまで春らしさでいっぱい。
OVA「サクラ大戦 豪華絢爛」より、真宮寺さくら(横山智佐)で「さくら前線」。

ゆったりと優しくそれでいて和風なこの楽曲は、冬から春にかけて徐々に暖かくなってくる今ぐらいの季節が最も聴き頃と言える旬な1曲です。
さくらの唄うキャラソンには春や桜といった単語が含まれているものが多く、春らしさをふんだんに感じられるキャラとも言えるでしょう。

サクラサク(落語天女おゆい)

「じょしらく」よりずっと前に落語をテーマにしたアニメは実はありまして、それがこちらの「落語天女おゆい」になります。

little nonが唄う「サクラサク」は最初に紹介した林原めぐみさんに続いて2つ目の「サクラサク」であり、こちらは応援ソングとしての側面が強い感じです。

桜流し(ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q)

ここまで紹介してきた楽曲はすべて春の暖かさを感じられる明るい歌でしたがここでちょっと悲しげな「春のアニソン」を。

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」主題歌として起用された宇多田ヒカルの「桜流し」は人気のあるアニソンです。

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」は内容が内容なのでこんな感じの曲調が素晴らしくマッチングしており、宇多田ヒカルさんの持つ世界観と合わさってなんとも言えぬ独特の雰囲気が出ていますね。

サクラハッピーイノベーション(D.C.III 〜ダ・カーポIII〜)

再びダ・カーポシリーズより、先ほど紹介した「未来へのMelody」がアニメシリーズの一番最初の主題歌であるのに対してこちらは最新シリーズの主題歌「サクラハッピーイノベーション」。

主要キャストによって唄われるこの曲はアイドルソングらしさが感じられるポップで明るい曲調と歌詞で春を予感させるのに十分なアニメソングという感じです。
シングルCDのカップリング曲には初代ダ・カーポのオープニングテーマ、「サクラサクミライコイユメ」のカバーverが入っているのもシリーズファンには嬉しいですね!

七色シンフォニー(四月は君の嘘)

「四月は君の嘘」より、コアラモード.で「七色シンフォニー」。

作品タイトルに4月が含まれているというのもありますが、楽曲も先に進んでいこうという意思が感じられるものになっており、またフルで聴くとわかりますが歌詞にも春らしさを感じられる所がちらほらとあるので立派な春ソングと言えるでしょう。

コアラモード.はこれから更なる躍進が期待できる将来有望株として覚えておいて損はないかもしれません。

新たに始まる希望の季節ということで明るめのアニソンを多くチョイスしてみました。

冬という寒い季節を越えて迎える春ですから、やっぱり暖かさを感じるアニメソングで新シーズンをスタートさせたいですよね。花粉なんかもあってつらい季節でもありますが、春アニソンを聴いて乗り切っていきましょう!

エムキャス