孫悟空の年齢推移。フリーザ戦25歳!セルが29歳!【ドラゴンボール】

主人公の孫悟空の幼少時代から描かれる「ドラゴンボール」は悟空が武道に励み、冒険やバトルを繰り返し大人に成長していくまでの大長編アニメです。 今回は(少年期~ピッコロ大魔王編)、(サイヤ人編~フリーザ編)、(人造人間・セル編~魔人ブウ編)、(破壊神ビルス編)、(究極のドラゴンボール編~七匹の邪悪龍編)に大別して悟空の年齢を紹介していきます。

少年期~ピッコロ大魔王編(0〜15才)

惑星ベジータで誕生した「カカロット」という名が悟空の本当の名前。
実はサイヤ人の中でも身分の低い下級戦士の子どもでした。
惑星ベジータは消滅してしまい、カカロットは地球に脱出させ孫悟飯じいちゃんに0歳で拾われ「悟空」と命名されます。

近所の亀仙人の弟子になり武芸に励み、12歳で天下一武道会(第21回大会)に出場します。
世界を支配せんと復活したピッコロ大魔王との戦いは悟空が15歳の時の出来事でした。

サイヤ人編~フリーザ編(23〜25才)

ピッコロとの闘いから数年後。
悟空の実兄ラディッツが地球に来襲し、悟空の息子・悟飯がさらわれ、悟空は自分がサイヤ人であることを知ります。

この時23歳であった悟空は、悟飯を助けるために宿敵ピッコロと手を組み、自分の命と引き換えにラディッツを倒した後にあの世の世界で界王のもとで修業を開始し、更なるパワーアップを図ります。

1年後、神龍の力で復活した悟空は多大な犠牲を払いつつも地球を襲撃してきたサイヤ人ベジータを破り、一応は激闘に決着が着きました。
しかしここで新たに現れるのが絶対的な力を持つ宇宙の帝王フリーザ。

孫悟空は25歳、この時に伝説の戦士・スーパーサイヤ人に覚醒します。

人造人間・セル編~魔人ブウ編(29〜36才)

強敵フリーザとの戦いから1年後、地球に襲来したフリーザを瞬殺したのが未来からやって来た超戦士、トランクス。

が、これは新たに始まる波乱の序章にすぎず、更に人造人間、セルと相次いで強敵が出現し、激闘の末に悟空は命を落とすことになりますが息子の悟飯がセルを倒します。この時の悟空は29歳です。

セルとの決戦から7年が経ち、次に現れた相手が魔人ブウ。
1日限りの復活を果たした悟空や青年へと成長した悟飯、そして二人目の息子である悟天やベジータの息子トランクスなど新世代の活躍もあり勝利をおさめます。

ま、結局トドメを刺したのは悟空でしたが。

魔人ブウとの決戦時の悟空は36歳…なんですが、死んでいる間は肉体的に年を取らないので実質的に29歳で止まったままですね。

破壊神ビルス編(40才)

魔人ブウとの壮絶な戦いから4年後(悟空の年齢は40才)、平和な地球に再び危機が訪れます。
全宇宙のバランスを保つ存在として、創造神である界王神と相対する破壊神ビルスが目を覚ましたのです。

齢40にしてサイヤ人の特性と自らの飽くなき闘争心によってついに超サイヤ人ゴッドへと覚醒した悟空は大苦戦したビルスとほぼ互角(ビルスは全開じゃなかったようですが)に戦います。

ここまで書いといてアレですが、サイヤ人の「戦闘民族のために若い時代が長い」特性のおかげでほとんど老けてないですね。

究極のドラゴンボール編~七匹の邪悪龍編(46歳〜153歳)

魔神ブウ出現から10年後、46歳となった悟空は魔人ブウの生まれ変わりの少年ウーブと修行の旅に出ます。

ここがアニメ「ドラゴンボールZ」と原作「ドラゴンボール」の最終回であり、ここから先は「ドラゴンボールGT」で描かれる出来事になります。

51歳となった悟空に弟子入りしたウーブは15歳となり立派な戦士に成長。

普通の感覚で言ったら51歳と言えばもうかなりいいトシなんですが、前述したサイヤ人の特性ゆえにまだまだ若い孫悟空。

それどころか究極のドラゴンボールの力で12歳の肉体に戻ってしまう(戦闘力はほとんど変わらず)など、ここに来て更に若返ります。

更に年月が経ち、今度はドラゴンボールの中の邪悪龍のマイナスエネルギーが銀河全体が破壊するため、悟空はドラゴンボールと一体化。

最終的には生死を超越した永遠の存在になっていき…最後に判明する悟空の年齢は153歳となっていますが、生死を超えてしまったのでもはや年齢とか関係ない概念的なモノになったようですね。

テレビだけで1986/2月~1997/11月までの11年間、毎週放映されていたお化け番組です。「ドラゴンボール」、「ドラゴンボールZ」、「トラゴンボールGT」…と、まさに超大々長編アニメと言えます。

修行に明け暮れる少年時代の悟空(15歳)、難敵・フリーザ、セル、魔人ブウを倒していく悟空(23歳~36歳)、破壊神ビルスと激闘する悟空(40歳~41歳)、年齢を増すごとにパワーアップするスーパーヒーローであり、新たに「ドラゴンボール改」としてもリメイクされても人気を集めるなど秀逸なアニメ作品ですね。2015年4月に劇場公開される「ドラゴンボールZ 復活のF」もとても楽しみですね。

エムキャス