宮本るりがかわいい!メガネを外すと超美人に【ニセコイ】

順当にいけば小野寺小咲と間違いなくくっついたであろう一条楽との仲をイライラしながら見守る親友「宮本るり」。 彼女は小野寺小咲の為であれば自分が悪者になろうとも、たとえ恨まれようとも二人をくっつけようと日夜画策しています。 ラブコメヒロインの親友ポジションとして、影に日向に小野寺小咲を助ける宮本るり。 そんな彼女の性格や特徴についてまとめてみました。

1.策士な性格

クールな眼鏡キャラである宮本るりは眼鏡を光らせながら、一条楽と小野寺小咲をくっつけるために常に作戦を画策する。

二人の強力な鈍感力でいつも失敗してしまうが、懲りずに策を練り続ける彼女は、まさに策士と呼ぶにふさわしい人物です。

2.毒舌家

宮本るりの登場シーンにおいて高い割合でつぶやかれる毒舌。

鈍感力の高い主人公達に向けて毒を吐きまくっています、まるで読者の気持ちを代弁をするように。

いい意味で相当頭がキレる彼女にとって、つまらないことでウジウジと悩みもがく彼らが見ていられないのでしょう。

3.母性愛の強い女性

親友である小野寺小咲には後悔しない恋がしてもらいたい宮本るり。

あくまで本人同士の気持ちで付き合ってもらいたいと願う彼女は、恋に思い悩む小咲を励まし、焚き付け、突き飛ばしもしますが強引に結び付けようとはしません…しかけたこともありましたが。

小咲を心配しつつも温かく見守る母性愛の強い人です。

4.水泳が得意

宮本るりの特徴と言えば、その滑らかな流線形のボディと、それを活かした水泳の実力をおいて他にありません。

普段そんなそぶりは全く見せませんが「凡矢理高校のマーメイド」の異名を持ち、高校水泳会では有名な人なのです。

作品中ではインターハイ出場も決めています。

5.典型的な眼鏡っ娘

彼女の最大の特徴といえば、眼鏡に他なりません。

眼鏡がないとほとんど何も見えない宮本るり。
眼鏡をなくした彼女はまるで生まれたばかりの小鹿の様です。

そして眼鏡に隠されたその素顔はとっても美人さんでもあります。
眼鏡ネタにも困らない、ギャップ萌えも演出可能な高性能眼鏡っ娘なのです。

クールビューティな眼鏡っ娘、宮本るり。彼女は今日も小野寺小咲を心配しつつ、彼女の為に暗躍します。

たまには自分自身の恋についてもがんばってほしいところですが、色恋についてはあまり興味が湧かない様子。

一条楽の親友である舞子集とは眼鏡同士、そして鈍感な親友を持つ者同士、同じ苦労が絶えない二人。

スタンスが異なるので意見が食い違うことも多いですが、割と良い雰囲気です。

舞子集の軽薄さが今の半分くらいになったら、付き合う可能性もあるのかもしれませんね。

エムキャス